写真や動画のおすすめのバックアップ方法をご紹介 万が一に備えてバックアップとってますか?

写真IT

こんにちは、しみたくです。

スマートフォンのカメラが高性能化して、手軽にきれいな写真や動画が取れるようになりましたね。
特に我が子の小さいときの写真や動画なんて、大きくなったときに見せてあげたいですよね!皆さんは大切な写真や動画の保存ってどうしてますか?
私は10年前ぐらいから旅行とかのイベントのときに写真を取り始めました。10年間でたまったデータは400GBまで膨らんでいますし、毎日我が子の動画を撮るだけで数100M単位で増えていっています。

撮りためた写真や動画は大切な思い出の記録です。
データが消えてなくならないように適切に保存(バックアップ)することが大切です。

今日は大切な写真や動画のバックアップ方法について考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

バックアップを考える上で大事な3要素

バックアップについて考える際には次の3要素を考慮して、バックアップ方法を決める必要があります。

バックアップで重要な3要素
 ①拡張性
 ②信頼性
 ③コスト

①拡張性というのは、今後増え続けるデータに対応できるか、という意味です。
写真であればそこまで容量を食わないですが、動画となると話しは別です。最近は4K動画も手軽に撮影できるようになっており、オリジナル画質で保存しようとすると、かなりの容量が必要になってきます。

②信頼性というのは、万が一のことがあってもデータがなくならないことです。信頼性を高める方法の一つに冗長化という方法があります。冗長化とは別2つの方法の組み合わせで片方のバックアップが万が一死んでしまっても、データが消失してしまわないようにすることです。ハードディスクとクラウドサービス両方に保存するといったことが例です。

③コストは単純にお金の問題です。
ハードディスクであれば2TBでも1万円近くで売っています。icloudの場合2TBで月額1300円(年間15600円)が今後半永久的に必要になります。どの方法をとるかで費用が変わってくるため、自分は写真の保存にいくらまでなら出せるのかを考えてバックアップ方法を考える必要があります。


写真や動画の主なバックアップは全部で5つ

バックアップといっても多種多様な方法があります。みなさん以下のどれかでバックアップをしているのではないでしょうか。それぞれについてメリット、デメリットを書いていきます。

  • パソコンに保存
  • 外付けHDDに保存
  • NASに保存
  • 無料クラウドサービスを利用(google フォトなど)
  • 有料クラウドサービス(icloud、one driveなど)

バックアップ方法①:パソコンに保存

意外とスマホのデータをパソコンに移すだけで満足している方は多いのかと思います。

■パソコンに保存するメリット
 ・楽
 ・安い(パソコンのみで十分)

■パソコンに保存するデメリット
 ・パソコンが壊れたらデータも消えてしまう
 ・パソコンの容量が保存可能な容量の最大値になる

■パソコンに保存する人へのアドバイス
 根本的にバックアップになっていません。パソコンの故障と同時にデータもなくなります。遅くとも10年以内にはデータが無くなります。最低でも外付けのハードディスクにバックアップするぐらいは対策をしましょう。

バックアップ方法②:外付けHDDに保存

おそらく世の中で広く使われている方法ではないでしょうか。

■外付けHDDに保存するメリット
 ・安上がり

■外付けHDDに保存するデメリット
 ・HDDが壊れたらデータが消える
 ・拡張性が低い
 ・データが取り出しにくい

■外付けHDDに保存する方へのアドバイス
 外付けHDDの価格は下落傾向で、4TBのものも1万円台で買える時代です。まだバックアップをとっていない人は とりあえずHDDの購入から始めるといいでしょう。しかし、ハードディスクにも寿命がありますし、衝撃に弱いため、落としてしまうとデータが消えてしまいます。

また、HDDの容量がいっぱいになった場合、別のHDDを購入する必要があります。データを複数に分割して保存すると管理が複雑になっていまいます。

外付けHDDだけでは決して信頼性が高いとは言えませんが、バックアップを取らないよりはかなりマシです。

バックアップ方法③:NASに保存

NASときいてピンとくる人は少ないでしょう。NASとは「Network attached storege」の略でネットワークに接続されたストレージのことです。

■NASに保存するメリット
 ・HDDの増設が簡単にできる
 ・どこからでもデータの取り出しができる
 ・RAID構成が組めるためHDD故障に強い

■NASに保存するデメリット
 ・多少のネットワークの知識が必要
 ・割と高め(本体4万円+HDDが別途)

■NASに保存する方へのアドバイス
 知識がある方には自宅にNASを設置することをオススメします。NASにはHDDを2枚搭載させ、どちらにも同じデータを保持させ、片方が故障してもデータを保持できるような機能があり、バックアップとしては非常に高い信頼性を持っています。

しかし、ネックはコストです。HDD込で6万円ぐらいは出費が必要になるため、6万円と自分の持っているデータを天秤にかけて、それでも必要と思えばNASの導入を考えてもいいと思います。

バックアップ方法④: 無料クラウドサービスを利用(google フォトなど)

昨今は無料のクラウドサービスがいくつもあり便利な世の中です。ここではgoogleフォトを例にご説明します。

Google フォト

Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

■無料クラウドサービスを利用するメリット
 ・どこからでもデータにアクセスできる
 ・無料
 ・容量無制限
 ・googleの提供する最新の機能が使える
 ・複数のデバイスで見ることができる

■無料クラウドサービスを利用する デメリット
 ・写真と動画のみがバックアップ可能
 ・圧縮して保存するため、元のデータそのままではない(特に動画は粗い)
 ・クラウド上にあるため、インターネット回線が必須

■無料クラウドサービスを利用する方へのアドバイス
 googleフォトはメリットだらけの上、大きなデメリットはありません。その上、共有や検索の機能など非常に強力なツールも提供されているため、バックアップだけでなく、写真のビューアーとしてインストールしてもいいともいます。
しかし動画についてはかなり粗くなってしまうため、バックアップとしては使えません。バックアップを全くしていないかたは、とりあえずgoogleフォトで写真だけでも救えるようにしておきましょう。

バックアップ方法⑤: 有料クラウドサービス(icloud、one driveなど)

有料のクラウドサービスを使うのも有効です。

■有料クラウドサービスを利用するメリット
 ・どこからでもデータにアクセスできる
 ・OSと連携して、様々なデータのバックアップが可能
 ・複数のデバイスで見ることができる

■有料クラウドサービスを利用するデメリット
 ・月額料金なので、長い目で見ると高い
 ・クラウド上にあるため、ネット回線が必須

■有料クラウドサービスを利用する方へのアドバイス
有料のクラウドサービスのネックは価格です。icloudは2TBで月額1300円と月額は安価ですが、5年間使うと78000円と非常に高価です。とはいってもOSと連携して自動でバックアップをとってくれたり、写真や動画以外にも音楽やPDFファイル、メールなど様々データのバックアップが可能になる点は非常に魅力的です。写真や動画以外にもバックアップしたいファイルが多い人は検討してみてもいいかと思います。


写真、動画のおすすめのバックアップ方法は?

それぞれのバックアップ方法のメリット・デメリットを説明してきましたが、最後に私がおすすめするバックアップの方法をご紹介します。

外付けHDD+無料クラウドサービスの2つでバックアップ

私のおすすめは外付けHDDと無料のクラウドサービスを併用してバックアップを取る方法です。外付けHDDはデータを見るのにいちいちパソコンに繋ぐ必要があったり、万が一の故障など様々なリスクがある反面、HDDの値下がりから価格の導入障壁がない上、使い方も簡単なのでとても魅了的な方法です。

外付けHDDのデメリットは無料のクラウドサービスを利用して補いましょう。
どちらかのバックアップしかしていない方は、まずこの形から入ることをオススメします。

ただ、この方法では動画の保存という面では心もとないです。
動画のデータが多い人はNASもしくは有料のクラウドサービスを利用してバックアップをとるのがいいでしょう。
かくいう私はNASと無料のクラウドサービスを駆使して、あらゆるリスクに備えています。

みなさんも大切な写真や動画を未来の自分に残すため、最適なバックアップ方法を選択しましょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました