水菜大量消費!ごま油の風味が食欲をそそる辛旨チョレギサラダ

チョレギサラダ料理

こんにちは、しみたくです。

本日はチョレギサラダを作りたいと思います。

ちなみにチョレギサラダのチョレギというのは韓国語で「浅漬けのキムチ」っていう意味だそうです。

こちらのサラダは水菜をたくさん使います!水菜がたくさん余っているときにピッタリの逸品でう!

それでは早速作っていきたいと思います。


スポンサーリンク

辛旨チョレギサラダに必要な材料(2人前分)

辛旨チョレギサラダの材料

  • 水菜 80gぐらい
  • トマト 半分
  • 絹豆腐 1/4丁
  • 韓国のり 1枚

辛旨チョレギサラダのドレッシング

  • ごま油 大さじ1杯
  • めんつゆ(2倍希釈) 小さじ1杯
  • 醤油 小さじ1杯
  • 七味唐辛子 小さじ1/2
  • 味の素 少々
  • 塩 少々
  • ゴマ

味の素は地味にいい仕事をします。

韓国のりがなければ普通の味付け海苔で代用可能です。


辛旨チョレギサラダの 作り方

1.材料のカット
水菜は4cmのざく切り
トマトは2cmのサイコロ状にカット
豆腐もトマトと同じ大きさにカット

2.ドレッシングの準備
上に書いてある調味料をすべてボールで混ぜましょう。

3.ボールで水菜、韓国のりとドレッシングを混ぜる
1で用意した水菜と韓国のり、
2で用意したドレッシングを混ぜ合わせましょう

4.皿に盛り付け
皿に盛り付けたら豆腐とトマトを盛り付け、
真ん中に鰹節を盛り付けましょう

完成!

チョレギサラダ

チョレギサラダのポイントは特になく、混ぜるだけです!


辛旨チョレギサラダ! 実食!

肝心なお味の方は・・・




美味い!!!!

口に入れた瞬間、和の雰囲気が口いっぱいに広がります。
七味唐辛子のピリ辛がいいアクセントを作り出しており、ご飯が進みそうな勢いです。

また、トマトと豆腐が全体のバランスを非常に良くしてくれています。
トマトと一緒に食べると、水菜とはまた違う食感が心地よく、トマトの酸味が口の中をリフレッシュしてくれます。

豆腐と一緒に食べると、一気にマイルドな味付けになり、飽きがこず食べ続けるることができます。


いかがでしたか?
水菜が大量に余っていて、使いみちに迷ったときや、いつもと少し変わったサラダが食べたくなったときにピッタリの一品だと思います。

食べ終わったら、シンクの片付け、皿洗いをちゃんとやりましょう。
元の状態に戻すまでが料理です

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました