ミスチル初心者へおすすめアルバム3選!ミスチルを初めての人はまずはこの3枚から始めよう!

Mr.Children

こんにちは、ミスチルファン歴16年のしみたくです。

デビュー27周年を経過してもなお、日本の音楽界のトップを走り続けるMr.Children
今日はミスチルファン歴15年のしみたくが、Mr.Children初心者の方にぜひ聴いてほしいおすすめのアルバム3選をご紹介します。

おすすめするアルバムにベストアルバムは敢えて入れておりません。ベストアルバムは主にシングル曲で構成されており、ミスチル初心者には絶対に聴くべきアルバムです。

しかし、ミスチルのオリジナルアルバムには明確なコンセプトとアルバム1枚で伝えたい思いが凝縮されているため、ここでは敢えて、オリジナルアルバムをチョイスしています。


スポンサーリンク

おすすめ①:REFLECTION(drip)

最初にオススメするアルバムは2015年6月4日に発売されたREFLECTION(drip)です。

REFLECTION(drip)はREFLECTION(naked)と同時に発売されたオリジナルアルバムで、nakedはミスチルがリスナーに向けて「今のMr.Childrenを余すことなく届けたい」という思いから、全23曲の超大作アルバムをリリースしたのに対して、「さすがに23曲は多すぎる」というリスナーのために、厳選(drip)したアルバムがdripになります。

そのため初心者の方にとってもオススメのアルバムになっています。

また、REFLECTIONは長い間プロデューサーとして支えてくれた小林武史から卒業し、初のセルフプロデュースで作成したアルバムです。

名プロデューサである小林武史からの卒業ということで、周囲からはミスチルの今後を心配する声が挙がっていましたが、そんな不安を吹き飛ばす最高のアルバムを世に放ってくれました。

REFLECTIONはアルバム曲が名曲揃い!

REFLECTION(drip)の1番おすすめしたいポイントがアルバム曲が名曲揃いである点です。
私がおすすめするアルバム曲が以下の5曲です。

  • 未完
  • fantasy
  • FIGHT CLUB
  • Starting Over
  • 進化論

今のMr.Childrenをそのまま表現した楽曲:未完

未完を初めて演奏したときのMCで桜井さんはこんなことを言っていました。

Mr.Childrenはつくづく未完成なバンドだと思う。

未完成ってのは決して悪い意味じゃなくて、

Mr.Childrenという名前のように、

みなさんと成長していける、発展途中のバンドでありたい。

LIVE『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』 より

ミリオンヒットを連発し、今でも音楽シーンのトップを走り続ける自分たちのことを、未だ完成していないバンドだと言い切るその恐ろしい成長志向、そんな思いが1曲目の未完には存分に込められています。

物騒な言葉と軽快なメロディーが融合:fantasy

fantasyはBMWのCMにも起用されたことで有名な1曲です。
サビのワンフレーズはとてもポジティブな表現で、明日を生きる活力を与えるような応援ソングかと思いきや、途中で一転して、現実に引き戻されます。

歌詞の解釈は非常に難しい一曲ですが、深く考えず、それこそ空想の空間を旅するような気持ちで聴くとよいと思います。

 

 


おすすめ②:シフクノオト

次のアルバムは 2004年4月7日にリリースされた「シフクノオト」です。

「シフクノオト」というタイトルには「至福の音」であったり「至福ノート」などの意味合いや「私服」という意味も込められています。

本アルバムはリスナーに寄り添うような音楽で構成されており、アルバムのタイトルにも通ずるような非常に親しみやすいアルバムに仕上がっています。

アルバム曲からシングル曲まで全体を通してレベルが高い!

シフクノオトをおすすめする理由はなんと言ってもアルバム全体でのレベルの高さです。

シングル曲は「掌」、「くるみ」、「HERO」といった珠玉の名曲が名を連ねる中で、それに全く引けを取らないアルバム曲「花言葉」、「PADDLE 」、「タガタメ 」 で構成されており、最初から死後まで攻守ともに全く隙がありません!

シフクノオトで私がおすすめする楽曲が次の5曲です。

  • 花言葉
  • HERO
  • タガタメ
  • くるみ
  • 天頂バス

ミスチルには珍しいストレートな失恋ソング:花言葉

ミスチルの曲って歌詞の解釈が難しいものが多いです。
実は作曲する桜井さんが聞き手の想像力にまかせて、あえてどちらとも解釈できる歌詞を選んでいるからです。

ただ、この花言葉については、かなりストレートな表現が多く使われています。

種を撒き散らかして摘むことはできず

頭からつま先まで後悔しどおし

2番の歌詞の一部です。
恋人との記憶が花に例えて表現されていますが、伝えたいことはしっかりとイメージができると思います。

「種を撒き散らかす」というのは、デートの約束とか、旅行の予定とかと考えられますし、「種を撒く」のではなく、「巻き散らかす」という表現に相手の気持ちを省みないで、自分勝手に突っ走るような情景が思い浮かんできます。

こういった悲しい失恋の風景を明るいメロディーラインで駆け抜けていくことで、失恋ソングなのにどこか清々しさを感じるため、つい何度も聴きたくなってしまいます。

ミスチル最強の楽曲と呼び声の高いタガタメ

Mr.Children「タガタメ」from Stadium Tour 2015 未完

7分弱のかなり長めの曲ですが、非常に強いメッセージ性が込められている楽曲です。「タガタメ」とは「誰がため」という意味が込められています。

私達は誰のために泣いたり、笑ったり、怒ったりすべきなのかがこの曲で伝えたいメッセージになっています。子供を持つ親の気持ちを歌ったこの曲には、自分の子供を被害者や加害者にしないために、次のような歌詞で締めくくられています。

子供らを被害者に、加害者にもせずに

この街で暮らすため、まず何をすべきだろう

でも、もしも被害者に、加害者になったとき

かろうじてできることは 相変わらず性懲りもなく

愛すこと以外にない

今の時代、愛する我が子が、事件に巻き込まれ、被害者になってしまう可能性もありますし、逆にいじめ等で誰かを傷つける加害者になる可能性だってあります。

この曲で伝えたいのは、そういった事態を避けることができる唯一の方法が
「相変わらず性懲りもなく、愛すること以外にない」ということです。

きっと、我が子を被害者や加害者にしない方法なんてこの世に存在しないことなを、桜井さん自身も気づいていると思います。ただ、心から愛しているからこそ、その思いについてくる行動があるんだと思います。唯一できることは「ただ、愛すること」それがタガタメに込められた強いメッセージなのです。

 


おすすめ③:重力と呼吸

重力と呼吸は2018年10月3日発売のミスチル最新アルバムです。
たった10曲しか収録されていない、短めのアルバムですが、ミスチルの今後の方向性を全面的に押し出した素晴らしいアルバムに仕上がっています。 アルバムのコンセプトは「圧倒的な音」です。

本アルバムには桜井さんも並々ならぬ思いが込められており、発売時には「圧倒的な音」を届けたいというメッセージが公開されていました。

それぐらい「音」にこだわったアルバムが重力と呼吸です。

圧倒的な音そして、更に進化するミスチルの覚悟

重力と呼吸のおすすめポイントは桜井さんのメッセージにもあった「圧倒的な音」です。

ミスチルといえば、桜井さんの書く歌詞と歌声が大きな魅力でしたが、本アルバムはメンバーの「音」に注目が集められており、素人が聴いても、心を揺さぶられるような力強さや、エモーショナルな雰囲気がバンドサウンドから溢れてきます。

重力と呼吸で私がおすすめする楽曲が次の5曲です。

  • Your Song
  • 皮膚呼吸
  • SINGLES
  • 箱庭
  • himawari

一気に高揚感を感じさせるオープニング曲:Your Song

アルバム一曲目に収録されているYour Songはドラムと共に、桜井さんのシャウトから始まります。スタートからトップギアに入れるようなそんな気持ちにさせられます。

曲調は単調で、巧妙な韻も踏んでいないのだが、どこか心地よく、何度も聴いていたくなります。

Mr.Children「Your Song」MV

27年間のMr.Childrenを凝縮した一曲:皮膚呼吸

NTT DOCOMOの25周年記念のCMで採用された楽曲です。
とは言っても、CMに採用されたときはデモ音源で、曲の全貌は全くわからない状態でした。

皮膚呼吸は未だ成長し続けたいMr.Childrenの情熱が込められた楽曲

皮膚呼吸はこれまで日本の音楽のトップシーンを走ってきた自分たちの過去や、27年目を迎えたバンドとしての覚悟が現れた楽曲です。

曲の冒頭はこんな歌詞から始まります。

とある日、こめかみの奥から声がして

「それで満足ですか」って尋ねてきた

ミスチルほど成功したバンドでも、まだ満足しないなんて、一体彼らの最終目的地はどこにあるんだか。そんなことを考えさせられます。

特に印象的なのが最後の歌詞です。

苦しみに息が詰まったときも

また姿変えながら、そう今日も自分を試すとき

曲全体に言えることですが、最後のワンフレーズは特にMr.Children自身に向けられた言葉だと思います。

アーティストとしては大成功し、もはやリスクを犯すようなことはしなくても、十分に生きていけるだけの富も名声も得たMr.Childrenです。

そんな彼らが「姿を変えて」まで、挑戦し続ける、毎日が「自分を試すとき」なんだという強い意気込みと覚悟が現れています。

皮膚呼吸は歌詞も素晴らしいですが、メロディーもそれに相応しく素晴らしいです。

曲の始まりから徐々に感情を高ぶらせ、最後にはすべてを出す尽くしたような満足感を感じられるそんな楽曲になっています。

 


まとめ

Mr.Children初心者の方におすすめするアルバムを3つご紹介しました。

REFLECTIONとシフクノオトはサブスクリプション配信がされているため、大手のストリーミング配信サービスで視聴することができるので、ぜひ聴いてみて下さい。

重力と呼吸はサブスクリプション解禁されていないので、Amazon等でCDを購入もしくは、大手の配信サービスからダウンロード版を購入が必要です。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました