桜井さんのセンスが光る!悲しいけど前向きになれるミスチルの失恋ソング5選

Mr.Children

こんにちは、ミスチルファン歴16年のしみたくです。

失恋ソングって聞くと、恋に破れて非常に悲しい哀愁漂うようなイメージがありますよね。

ミスチルにも失恋ソングは数多くありますが、その殆どが悲しいけれど前向きにさせてくれるような曲になっています。

今日はそんなミスチルの失恋ソング5選をご紹介します。


スポンサーリンク

1.くるみ

「シフクノオト」に収録されている「くるみ」は「来る未来」という意味が込められています。

「来る未来=まだ出会ってない君」に対して語りかけるような口調の歌詞となっています。

私が好きな歌詞がこちらです。

ねぇ くるみ

時間が何もかも洗い連れ去ってくれれば

生きる事は実に容易い

ねぇ くるみ

あれからは一度も涙は流してないよ

でも 本気で笑う事も少ない

くるみ/Mr.Children

この歌詞のすっごく良いなって思うとこは、男の感情がもろに表現されているところです。

女性は恋愛を上書きするため、時間がたって別の男性を見つけるとさっぱりと忘れてしまうといいます。でも男性はそんな要領が良くないくて、過去の女性との思い出は別の場所に保存してしまいます。

それ故に時間がたっても女性ほどきっぱりと忘れることができず、ずるずると落ち込んだ気持ちを引きずってしまいます。
(一生引きずりはしないですよ!女性より長い時間が必要ってことです。)

この歌詞のように時間がすべて解決してくれれば、どれだけ楽なのになって思ってしまいます。

今以上をいつも欲しがるくせに

変わらない愛を求め歌う

そうして歯車は回る

この必要以上の負担に

ギシギシ鈍い音をたてながら

くるみ/Mr.Children

「くるみ」で一番好きな歌詞がここです。

本当に人間の本質を的確に捉えた歌詞だと思います。
手をつなぎたい、ハグをしたい、キスをしたいと欲望はどんどん大きくなるのに、ほしいのは「変わらない愛」です。矛盾しているようですけど、これが現実ですね。


2.水上バス

SURPERMARKET FANTASYに収録されている「水上バス」は隠れて好きな人が多い一曲ではないでしょうか。

「この間偶然見つけたんだよ

新しいカフェ きっと気に入るよ」

君と過ごす日のことをいつでも

シミュレートしてこの街で暮らしてるんだ

水上バス/Mr.Children

ミスチルにしては珍しいほど、直接的に日常のワンシーンを表現した歌詞です。
せかせかと毎日必死に働くのではなく、ぜひとも、こんなほのぼのした平和な毎日を送りたいと切に願います。

川の流れのように

愛は時に荒れ狂ってお互いの足をすくいはじめる

僕が悪いんじゃない でも君のせいじゃない

「さよなら」を選んだ君はおそらく正しい

水上バス/Mr.Children

さっきまでのほのぼのした雰囲気から一点、急に別れがやってきます。
桜井さんはどうしてこの曲を大サビで別れの歌にしたんでしょうか。
もし質問ができるなら聞いてみたいです。

ただ、歌詞の内容はその通りだなと思ってしまいます。

先日まであんなに仲が良かった(と思ってた)のに、急に別れを突きつけられる。愛とは自然現象に近く、自分ではどうしようもないのかもしれませんね。


3.幸せのカテゴリー

「BORELO」に収録されている「幸せのカテゴリー」はなかなか強烈な一曲です。

上の2曲とは違って、男が振る側にたって作られた一曲です。

また、桜井さんのプライベートな体験から綴られているとしか思いえない歌詞はとても印象的です。

陽のあたる場所に続く道

違う誰かと歩き出せばいいさ

恋人同士ではなくなったら

君のいいとこばかり思い出すのかな?

当分はそうだろう でも君といるのは懲り懲り

幸せのカテゴリー/Mr.Children

「カテゴリー」と「懲り懲り」が上手く韻を踏んでますね笑

陽のあたる場所というのは、結婚とか出産とかのイベントごとでしょう。
違う誰かと歩きだすってことは、破局もしくは離婚を意味する言葉でしょう。

男は引きずる生き物なので、君のいいとこばっかり思い出しはするが、それでもやっぱり一生にいるのは懲り懲りってどこまで冷めきった関係なのか逆に恐ろしいですね。

もう何も望みはしないけど

最近はちょっと解りかけているんだ

愛し方ってもっと自由なもんだよ

君もいつしかそのことに気付くのだろう

じゃあ その日まで

さよなら 幸せのカテゴリー

幸せのカテゴリー/Mr.Children

「愛し方ってもっと自由なもんだよ」どんな愛し方をしていた、されていたんでしょうね。一方的だとか、束縛が凄いとかいろいろ聞きますね。

そう考えると、愛ってやっぱり自由ですよね。
そう思える相手を見つけたいですね。


4.Over

「Atomic Heart」に収録されている「over」は軽快なメロディーとは裏腹な悲しい歌詞が人気の一曲です。

「ヒカリノアトリエ」のシングルCDのシークレットトラックには虹ツアーで演奏された弾き語りの「over」が収録されており、演奏中に一旦演奏を止めて、overについていろいろと語られています。

このシークレットトラックのためだけにCD買っても損しないぐらい素晴らしい演奏?解説?が聴けるので、まだ持っていない方はぜひ!

“風邪が伝染るといけないから

キスはしないでおこう”って言ってた

考えてみるとあの頃から君の態度は違ってた

Over/Mr.Children

こんな歌詞の曲を作られると、本当に風邪を引いたときにキスを断れなくなってしまいますよね!相手がミスチルファンだと尚更ですね笑

いつか街で偶然出会っても

今以上に綺麗になってないで

たぶん僕は忘れてしまうだろう

その温もりを 愛しき人よ さよなら

Over/Mr.Children

この「さよなら」がとっても力強くて大好きです。
それまでの歌詞はすっごい未練たらしくて、引きずっている感が満載だったけど、この「さよなら」には次の道を進んでいく覚悟がうかがえます!


5.花言葉

最後は「シフクノオト」に収録されている「花言葉」です。

アルバム曲ながらも絶大な人気を誇る一曲で、ファンじゃない友達から、「花言葉って良いよね!」って何回か言われてことがあります。

軽快なテンポの良いメロディですが、歌詞は非常に悲しいです。
「over」と同じでこの相乗効果が人の心に刺さるんでしょうね。

種を撒き散らかして

摘むことは出来ず

頭からつま先まで

後悔しどおし

花言葉/Mr.Children

細かい表現の工夫が男女の関わり方の些細なすれ違いを上手く表現しています。
種っておそらくデートとか旅行とかの約束のことなんじゃないかと思います。
「種を撒く」のではなく、「巻き散らかす」なので、一方的に自分の要望を押し付けるような恋愛をしていたんでしょうね。

君がくれた 僕に足りなかったものを

集めて並べて 忘れぬよう願う

君の全て 僕に見せて欲しかったのに

コスモスの花言葉は咲かなかった

花言葉/Mr.Children

コスモスの花言葉は「乙女の純真」です。
「コスモスの花言葉が咲かなかった」ってことは思いを寄せていた相手が最終的には自分に振り向いてくれなかったんですね。
なんておしゃれな表現でしょうか。桜井さんさすがです。


最後に

ミスチルの失恋ソングを5曲をご紹介しました。

物悲しい歌詞を軽快なメロディに乗せることで、悲しいけれどどこか心を前向きにさせてくれる、そんな曲がミスチルの失恋ソングの醍醐味かも知れません。

最新アルバム重力と呼吸にも「箱庭」という失恋ソングが収録されています。
ぜひ聴いてみて下さい。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました