本当にスマホの保護フィルム貼らなくても傷はつかないのか!?2年間Galaxyを裸で使ってみた!

スマホ 傷IT

こんにちは、しみたくです。

先日、Galaxy S8からS10に機種変更をしたのですが、Galaxy S8は2年間画面保護フィルムは一切貼らずに裸のまま使っていました。

最近のスマートフォンの強化ガラスは本当に強度が高く、ちょっとやそっとでは傷がつかないことで有名です。

それでも、スマホの画面を傷つけないために保護フィルムを貼っている人はおおいですよね。

本当にガラスの強さを信じて、画面保護フィルムやガラスシートを貼らなくもいいのか、私の2年間裸で使い続けたGalaxyをお見せします!


スポンサーリンク

そもそもスマホに画面保護フィルム、シートを貼る目的

画面保護フィルムやシートを貼る目的はいろいろありますが、
主に以下の4つのどれかでしょう。

保護フィルムを貼る目的

・画面を傷から守ること
・アンチグレアで反射を防ぐ
・触り心地を変える
・指紋を目立ちにくくする

その中でも一番多いのが傷から守ることでしょう。

傷がつくと売るときの価値が下がりますし、一度付いた傷は修理しない限り、二度と元には戻りません。

テレビとかインターホンに薄いラップみたいなのが貼ってありますが、あれを剥がさないまま使い続ける人って多いですよね?

画面保護フィルムもあれと同じ感覚がありますね。
フィルムの下には綺麗な状態があることがある種の安心感を生んでいると思われます。

私が画面保護フィルムを貼らなかった理由

画面保護フィルムを貼る理由は人それぞれですが、私が今回Galaxy S8に画面保護フィルムを貼らなかった理由を説明します。

※ここでいう画面保護フィルムはガラスシートも含みます。

高強度のガラスの上に、傷つきやすいフィルムを貼ることの矛盾

Galaxy S8には「ゴリラガラス5」という非常に強度の高い強化ガラスが採用されています。

ゴリラガラスの本当に強く、鍵や硬貨が擦れても傷がつかないとされています。

自分のスマホで試してみるといいです。
本当に全く傷がつきません!

画面の傷は、ガラスより硬度の高い物質と擦れ合うことで、ガラスの表面に粒子が欠落することで傷がつくという原理です。

つまり、
「日常生活で鍵や硬貨よりも硬い物質に画面を剃らない限り傷はつかない」
ということになります。

それに対して画面保護フィルムは硬度が低く、なにか擦れただけですぐに傷が付きます。

傷がつきにくい強化ガラスの上に、傷がつきやすいフィルムを貼るというのはなんとも馬鹿げていると思い、保護フィルムを貼るのをやめました。

ちなみに、こちらが保護フィルムを使用して、3週間経ったGalaxy S10です。
(Galaxy S10は最初からフィルムが張ってあったため、そのまま使ってます。)

Galaxy S10傷
Galaxy S10 画面保護フィルムあり

たった3週間で擦り傷がついていることがわかります。

 

Galaxyの有機ELディスプレイを堪能したいから

Galaxy S8
画像引用元:Galaxy S8公式サイト

保護フィルムを貼らない理由の2つ目が、Galaxyの有機ELディスプレイを堪能したいからです。

有機ELディスプレイは発色が素晴らしく、眺めていて惚れ惚れする綺麗さです。

解像度もフルHDを超えで、本当に綺麗です。

動画や画像を楽しむときに、なるべく有機EL本来の魅力を存分に堪能したいため、保護フィルムは貼りません!

エッジスクリーンとガラスシートの相性は最悪

「綺麗な画面を楽しみたいなら、保護フィルムじゃなく、ガラスシートにすればいいんじゃないか?」

という意見もあります。
確かにガラスシートであれば、フィルムよりも傷に強いし、きれいな画面を堪能できます。

確かにそうなんですが、Galaxyの画面は致命的な弱点があります。
それは、エッジスクリーンとガラスシートの相性が最悪なことです。

Galaxyはエッジスクリーンといってサイドにエッジが入っています。
このエッジのせいで、ガラスシートと画面の間にほんの少しでもズレが有ると、空気が入ってしまい、上手く貼ることができません。

妻もGalaxy S8を使っていたのですが、ガラスシートを2種類買いましたが上手く行かず諦めました。

傷がついても外装交換(5000円)で新品同様になるから

私はGalaxy S8はNTTドコモで購入しました。

もし画面に傷がついてしまった場合には、修理しない限り元には戻りませんが、実は修理代金はそこまで高くありません。

NTTドコモでは補償に入ってなくても、5000円を払うことで、端末の外装交換をしてくれます。

外装交換は基盤や電池以外の外装の交換だけですが、見た目は新品同様になって返ってきます。

画面保護フィルムを頻繁に張り替えたりすると、結構お金がかかりますよね?

5000円の外装交換と比べると大差ないぐらいのお金を使っているのではないでしょうか。

それなら、保護フィルムを貼らずに傷がついた場合は外装交換で対応するすればいいと思い、保護フィルムは貼らないことにしました。

保護フィルムを貼らずに2年間たった結果がこちら!

少し長くなりましたが、本題に入ります。

それでは、2年間保護フィルムを貼らずに裸で使い続けたGalaxy S8を公開します。

保護フィルムなし Galaxy S81枚目
2年間裸で使ったGalaxy S8 その1
保護フィルムなし Galaxy S82枚目
2年間裸で使ったGalaxy S8 その2

画面の上に見える埃っぽい白い点がすべて傷です。

ちょっとわかりにくいですが、画面には無数の小さなキズが入っていることが確認できます。特に大きな傷がこちらです。

保護フィルムなし Galaxy S8 3枚目
2年間裸で使ったGalaxy S8 その3

右上に少し大きめの傷が入っていることがわかりますね。

ただ、こうして画面を暗くして目を凝らしてみると、確かに傷が入っているのですが、普段遣いでは全く気になりません。

画面を点けたときがこちら

保護フィルムなし Galaxy S84枚目
2年間裸で使ったGalaxy S8 その4

画面全体に無数の傷がありますが、そのすべてが画面を点けると全く見えなくなっていることがおわかりいただけますか?

小さな傷は画面全体に入っているが、そのすべてが普段使いで画面本来の美しさを損なうような傷ではないということがわかりました!

この無数の傷の原因は?

前述の通り、Galaxy S8の画面はゴリラガラスを採用しているため、傷にはかなり強いはずです。

なぜこのような無数の傷が入っていたのかを調べてみました。

身の回りのもので、強化ガラスよりも硬度の高いものを見つけました!

「砂」です!

砂には石英を中心とするものがあり、石英はかなり硬度が高いです。

風の強い日など、砂が舞っているときにスマホの表面に砂が付着した状態でズボンのポケットに入れたことで、画面と砂が擦れて傷が生まれてしまったと推測できます。

余談:サファイアガラスは石英より硬い

余談にですが、ガラスにはゴリラガラスよりも硬度の高いサファイアガラスというものもあります。

サファイアガラスは石英よりも硬度が高いため、私のGalaxyのような傷もつかないでしょう。

しかし、現時点でサファイアガラスを採用したスマホはありません。

iphoneがカメラのレンズ周りにサファイアガラスを使用しているみたいです。

やはりサファイアガラスが高価なため、画面にサファイアガラスを採用するのはまだまだ難しそうです。

まとめ 保護フィルムなしだとやっぱり傷はつく!

2年間Galaxyを裸で使ってみて、いくら強度の高いゴリラガラス5といえども、身の回りに落ちている砂には勝てないことがわかりました。

ただ、傷の大きさは非常に小さく、普段使いする分には全く気にならないレベルでした。

結論としては、

保護フィルムなしだと、どうしても小さな傷は入ってしまう!

傷を一つもつけたくないなら、保護フィルムは貼ったほうがいい!

ただ、リセールが目的なら、外装交換も非常にいい選択肢ですよ。

私個人の感想としては、
2年間裸で使ってこの程度の傷であれば、許容範囲内なので、これからも保護フィルムはなしで使い続けようと思います!

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました