Galaxy S10が現時点で最強のスマートフォンだと思う3つの理由

galaxy s10レビューGalaxy

こんにちは、Galaxy愛好家のしみたくです。

先日Galaxy S10に機種変更しまして、快適なGalaxy ライフを楽しんでいるところです。もうすぐ使い始めて2ヶ月が経ちますが、これほど満足度の高い機種は初代Xperiaから使い始めて、初めての体験かもしれません。

そこで本日は、私が「Galaxy S10」が現時点のスマートフォン業界で最強であると考える3つの理由をご紹介します。


スポンサーリンク

「Galaxy S10」が最強のスマートフォンである理由

スペック、デザイン、機能全てにおいて死角なし!

Galaxy S10

Galaxy S10には最新のCPUであるSnapdragon855が搭載されていたり、RAMが8GB、内部メモリが128GBとかなりのハイスペックです。それに加えて、画面内指紋認証を搭載している点や、圧倒的な画面占有率のInfity-O-display、防水、おサイフケータイ、イヤホンジャック搭載、ステレオスピーカー、トリプルカメラ搭載と、よくここまでのスペック、機能をこの1台に詰め込んだなと感心していまいます。

カメラ機能を大幅に強化

スマートフォンにデュアルカメラを搭載しだしたのはつい最近の話で、トリプルカメラとなると、HUAWEIが発売したP20 Proが当時のスマホカメラの概念を覆したことは記憶に新しいことかと思います。

HUAWEIのこの挑戦的な取り組みにより、スマートフォンにトリプルレンズ化が広がりはじめ、この2019年夏モデルでは晴れてXperiaとGalaxy がトリプルレンズを搭載しました。

Galaxy Sシリーズは前作までシングルレンズ(+はデュアルレンズ)であったことを考えると、かなりの進化です。

また、トリプルレンズを搭載した以外には、光学手ブレ補正を搭載したことやAIによる撮影アシストやデュアルアパチャーなどカメラ機能が大幅に強化されています。

カメラを重視する人からすると、Galaxyのカメラで選択肢から落ちることはまずないほど素晴らしいカメラを搭載しています。

MicroSDは512GBまで対応

Galaxy S10/S10+はMicroSDに対応しており、その最大で512GBまで拡張が可能です。

標準でも内部メモリが128GBとなかなかの大容量ですが、更に拡張が可能です。iphoneの一番大きい容量が512GBモデルで、一番下のモデルと比較して約4万円ほど値段が上がります。それに対してMicroSDの512GBはAmazonでも1万円程度まで値段が落ちており、かなり安価に大容量ストレージを獲得することができます。

素晴らしいカメラで写真や動画をたくさん撮っていると128GBでもあっという間になくなります。そんなときはMicroSDで簡単に容量を追加することができるため、Galaxy S10の素晴らしいカメラを容量を気にすることなく楽しむことができます。

Infinity-O-displayもかなり魅力的

Galaxy S10の魅力は唯一無二の素晴らしいディスプレイです。

iphone Xのノッチデザインから、スマートフォン業界にはノッチ付きのスマートフォンが数え切れないほど発売されるようになりました。ノッチの好みは人それぞれですが、いくら大画面といえど、画面上部に切り込みのあるノッチデザインに目新しさはなくなってしまいました。

もともとベゼルを最小限まで狭く始めたのはGalaxyシリーズがきっかけであり、先駆者であるGalaxy の次なるアプローチに注目が集まっていました。

そんなGalaxyが出した答えが、ノッチではなくインカメラのみを気に抜いたパンチホールデザインです。

このパンチホールデザインはInfinity-O-displayと呼ばれており、使ってみるとかなり魅力的なデザインに仕上がっています。

ファーストインプレッションではその非対称性から抵抗感を感じかも知れませんが、使ってみると圧倒的な画面占有率と全く気にならないパンチホール、息を飲むほど美しい有機ELディスプレイに誰もが虜になってしまいます。

他社と同じノッチデザインでなく、Galaxy独自のパンチホールデザインで勝負するその姿勢とその完成度の高さことそが世界シェアNo.1の実力だと思い知らせれます。

前作からのアップグレード恩恵が大きい!

前世代だから大幅に強化されたディスプレイ

一般人には理解してもらえないかも知れませんが、我々ガジェット好きはこうした機能やスペックに加えて、アップグレード恩恵もかなり大事にしています。

例えば、Galaxy S9は優秀な名機でしたが、Galaxy S8のマイナーアップデートの要素が強く、ガジェット好きの触手を伸ばすことはできませんでした。

しかし、Galaxy S10は大幅なデザインの刷新やホームアプリを「One UI」に変更したこと、新たな指紋認証、トリプルカメラなど、新要素が盛りだくさんでガジェット好きならよだれを垂らすほどのアップグレード恩恵の多さです!

そういう意味で、Galaxy S10は万人受けする最強のスマートフォンであると考えます。

将来のアップデートに期待大(追記:すでに配布済み)

Galaxy 初のトリプルカメラ

これだけ素晴らしいGalaxy S10ですが、実はまだまだ伸びしろがあります。それが今後控えているアップデートによる「ナイトモード」の追加です。

Galaxy S10のカメラは非常に優秀で、もはやコンデジをも凌駕する素晴らしい写真が撮れるのですが、夜景などの暗いシーンが苦手です。かなり暗いシーンだと私が使っていたGalaxy S8とほとんど大差がありませんでした。

一方でライバル機である「Google pixel3」シリーズでは「night sightモード」をアップデートで追加し、スマートフォンとは思えないほど夜景シーンで明るい写真が撮れるようになりました。

発売当初からGalaxy S10は夜景撮影が苦手であると言われており、Google Pixel3が良く引き合いに出されていました。

そんなGalaxy S10ですが、この唯一の弱点も間もなく克服します!すでに海外モデルやau版Galaxy S10では「ナイトモード」の追加のアップデートが配布されており、今まで苦手だった暗いシーンでも明るく綺麗な写真が撮れるようになっています!

ドコモ版は未だアップデートされていませんが、アップデートされる日は近いでしょう。こうして、唯一の弱点であった夜景撮影を克服することで、最強のスマートフォンとしての地位を確固たるものにすることになるでしょう!

2019年8月12日追記

ナイトモードの追加アップデートが配信開始しました。


最後に

私がGalaxy S10が現時点で最強のスマートフォンである理由を3つ紹介しました。本当にGalaxy S10は不満点がなく、かつ先進的な機能も多く盛り込んだ素晴らしいスマートフォンだと思います。

もし機種変更で迷われてたら絶対にGalaxy S10をおすすめします!後悔はさせません!

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました