【レビュー】Google HomeとNature Remoの組み合わせでも結局IFTTT頼みだった

IT

こんにちは、しみたくです。

先日愛用していたIRkitが急にエラーを出し始め使い物になくなったため、IRkitの後継機として続々と発売されている家電リモコンのうち、「Nature Remo」を購入しました。

Google Homeを持っていることもあり、連携させて声で家電を操作できる環境を作ってみたので、今回はNature RemoとGoogle Homeの組み合わせを実際に使ってみてよかった点と残念な点を解説したいと思います。

ネット上のNature Remoのレビューでは基本的に「声で家電を操作できる家電リモコンすげえー!!」みたいな記事が多いのですが、私はすでに家電を操作できることには慣れきってしまっているため、もっと細かい使い勝手に言及してレビューしたいと思います!


スポンサーリンク

Nature Remoとは

Nature Remo
画像引用元:Nature Remo公式サイト

家電を操作できる赤外線リモコンの集約版

Nature Remoとは家電リモコンと言われる製品で、使っている家電のリモコンの信号をNature Remoが記憶しており、スマホやAIスピーカーからNature Remoを使って家電を直接操作できるようになるデバイスです。

操作の方法は主に2種類あり、1つ目がスマートフォンのアプリを使う方法です。

Nature RemoではRemoと呼ばれるアプリが提供されており、Nature Remoのセットアップから使っている電化製品のリモコンの赤外線情報の登録、赤外線信号の送信が可能です。

2つがGoogle HomeやAmazon echoなどのAIスピーカーから操作する方法です。

セットアップはスマートフォンのアプリを利用して行い、リモコンの信号を送る命令を、スマホのアプリからではなく声で操作をします。

「Nature Remoを使ってテレビを点けて」と発すると、AIスピーカーとNature Remoが連動し、テレビを操作してくれます。

Nature Remoにはminiと無印の2種類あり

Nature Remo比較

Nature Remoには無印版と機能を省略したNature Remo miniがあります。
両者の違いがこちらです。

Nature Remo比較表
Nature Remo比較表

Nature RemoとRemo miniの大きな違いは、サイズとセンサーの種類、価格です。Remo miniはセンサーが温度センサーしかない分、サイズ、重さがかなりコンパクトになっており、値段も安くなっています。

Nature Remoはセンサーと連動して、赤外線信号をコントロールできるため、センサーが少ない分細かい条件の設定ができなくなります。例えば、「人感センサーを利用して、人が通ったときに玄関の電気を点ける」などの細かい設定をすることができます。

Google home派はNature Remoがオススメ

家電リモコンはNature Remo以外にも様々な種類がありますが、それぞれと連携するAIスピーカーとは向き不向きがあります。

今回ご紹介するNature Remoを使う場合はAmazon AlexaよりもGoogle Homeをおすすめします。

その理由は、AlexaでNature Remoを使う場合にはいちいち語尾に「トリガー」と付ける必要があってかなり不自然であることと、IFTTTを使って操作する場合にGoogle Homeは設定が柔軟にできるためです。

もしもNature Remoと一緒にAIスピーカーを導入する場合はGoogle Homeをおすすめします。

一方で同じ家電リモコンに「ラトックシステムのスマート家電リモコン」がありますが、こちらはGoogle Homeではなく、Amazon Echoとの相性が良いため、Google Homeでの利用はおすすめできません。家電リモコンごとにAIスピーカーとの相性があるため注意が必要です。

私のNature Remoの使い方

良い点悪い点を解説する前に、私がNature RemoとGoogle Homeをどんな使い方をしているのかをご紹介します。

私はNature Remoで操作している家電は主に3つです。

  1. テレビ SONY の49インチ4Kテレビ
  2. リビングのエアコン シャープの最新型(Google Home対応)
  3. ブルーレイレコーダー 

特に使うのがテレビの操作で、朝起きてリモコンを探すのがめんどくさいため声で点けたり、録画した番組の再生中にCMをスキップするときなど、多くの場面でNature Remoが活躍してくれています。

Nature Remo×Google Homeの良い点

まずはNature RemoとGoogle Homeで使ってよかった点を紹介します。

Nature Remoの自動認識機能は非常に助かる

Nature Remoアプリ画面
テレビのリモコン画面

Nature Remoにはリモコンの自動認識機能が備わっており、主要なメーカーの家電であれば、電源ボタンを一度Nature Remoに向けて押すだけで、リモコンの全てのボタンを操作することができるようになります。

Nature Remoを使う前に使っていたIRkitにはリモコンの自動認識機能はなかったため、実際に使いたいボタンは一つづつ記憶させる必要があり、かなりめんどくさかったです。特にGoogle Homeと連携させる場合にはPCと接続して赤外線信号の実データを収集する必要があったため、操作したボタンを追加するだけでかなりの作業量となっていました。

反応がめちゃくちゃ早い

Nature Remoを使って一番驚いたのが、ボタンorAIスピーカーに指示を出してから、実際にリモコンの信号が送信されるまでの時間がめちゃくちゃ早いことです。

「OK Google、テレビを点けて!」

と発声すると、Google Homeからの返答が来る前に、テレビの電源ボタンの信号が送信されるほどです!

IRkitはリモコン信号の送信のタイムラグがかなり長く、時には数分単位で遅れることもありました。このレスポンスの早さには大満足です!

機種変更でもリモコンの設定が引き継げる

Nature Remoを使うためにはアカウント登録をする必要があります。このアカウントにNature Remoに登録したリモコンの情報がリンクされているため、機種変更をした際には、アカウントにログインするだけで全ての設定が反映されます。

いちいちリモコンの再設定等はなかなかめんどくさい作業なためこうしてクラウドで設定を引き継げるのは非常に助かります。

Nature Remo×Google Homeの残念な点

Nature Remoを使って良いと思った点を紹介しましたが、良かった点は、公式サイトで公開されているようなことばかりで、あまり目新しいこともなかったのが正直なところです。

実はこの記事で皆さんにぜひ知ってほしいのは、次に記載する残念だと思った点です。

呼び出しが面倒で全然スマートじゃない

家電リモコンを購入する人の大半が

「OK,Google、テレビを点けて」

これでテレビを点けられると思って、家電リモコンを購入すると思います。
まず断言しておくと、Nature Remoにリモコン情報を登録しただけではこの使い方は実現できません。

実際のテレビを点ける場合はこうなります。

「OK,Google、Nature Remoを使って、テレビを点けて」

このようにGoogle HomeにNature Remoを使うことを明示して命令を出さなければならず、はっきり言って全くスマートではありません。

もし、友達を呼んだときにテレビを点けるために、

「OK,Google、Nature Remoを使って~」

なんて指示の出し方をしていたらかなり滑稽だと思いませんか?まあAlexaの場合のように、最後に「トリガー」と唐突に謎の呪文をとなるよりはまだ文脈が成り立っているのでマシですが、それでもスマートではありません。

ただし、この「Nature Remoを使って~」ですが、Googleのルーティン機能や、IFTTTと連携することで回避することができます。

しかし、そうなると別の残念な点が出てきます。それが、

結局1ボタンづつ設定が必要でめんどくさい

こちらが「Nature Remoを使って~」を言わないために、Googleのルーティン機能を使う場合の設定画面です。

ルーティン機能の設定画面
Google Home:ルーティンの設定画面

タイミングに「テレビをつけて」と設定し、アシスタントの操作に「ネイチャーリモを使ってテレビをつけて」を割り当てます。

こうすることで、「テレビをつけて」という命令をGoogle Home側で「ネイチャーリモを使ってテレビをつけて」として解釈することで、スマートにテレビの操作をすることができます。

しかし、このルーティンの設定はボタン1つに付き1つ設定が必要となります。したがって私のルーティンはこんな事になりました。

ルーティン画面
Google Home:ルーティン一覧

案の定、大量のルーティンが設定されることになります。利用頻度の高い操作を一つづつGoogle Homeアプリに登録する必要があるため、結局IRkitでやっていたようにリモコン操作1つ1つに設定が必要になってしまいました。

これはつまり、家電を買い替えたときには全てのルーティンを登録し直す必要があるということになります。スマートホームを作るためにはあまりにも地味で面倒な作業です。リモコンを登録するだけで、全ての操作が声でできるような夢のような世界はまだまだ先になりそうです。

ルーティンが完璧じゃないから結局IFTTTが必要

Google Homeのルーティン機能を利用することで、「Nature Remoを使って~」を回避することができると言いましたが、ここにはまだ問題があります。

それは、そもそも全てのリモコン操作を声から指示ができない(なんて言えばいいかを誰も教えてくれない)ため、ルーティンで操作できないリモコン操作があるとういことです。

具体的な例をあげます。

カバーできないケース①:テレビの一時停止

私はよくテレビで録画した番組を観ているときに、再生を一時停止するときがあります。Google Homeのルーティンに
「Nature Remoを使ってテレビを一時停止して」
と登録した結果の回答がこちらです。

ルーティンでカバーできないケース1

なんと一時停止をお願いしたのに、テレビの電源を消されてしまいました(笑)

カバーできないケース②:テレビの再生

他には、逆にテレビの再生を始めるときに、Google Homeのルーティンには
「Nature Remoを使ってテレビを再生して」
と登録した場合です。

ルーティンでカバーできないケース2

なんと再生をお願いしたらミュートされちゃいました(笑)

このように音声だとリモコン操作を的確に指示できないため、自分の意図した層ができなくなってしまう問題があります。ただ、安心してください!

これにも解決策があります!

それはIFTTTとの連携を使うことです。

IFTTTとは様々なアプリのAPIをつなげるアプリです。説明は割愛しますが、簡単に言うと、Google Home(Googleアシスタント)とNature RemoをAPIで連携されることでリモコン操作を声で実現する方法です。

IFTTT

IFTTT

IFTTT無料posted withアプリーチ

なぜこの方法だと上の問題が解決できるかと言うとGoogle Homeのルーティン機能は実行したい操作の内容をテキストで規定していましたが、IFTTTの場合はリモコン操作をプルダウンで直接指定することができるためです。

IFTTT設定画面
IFTTT設定画面

こちらがIFTTTでGoogle HomeとNature Remoを連携させるレシピを作っている画面です。リモコン操作をはプルダウンでリストから選べるため、自分が操作をしたいボタンを直接指定することができます。

こうしてGoogle Homeのルーティン機能で補えない機能をIFTTTで補いました。でもこれって全然スマートじゃないですよね?

同じGoogle Homeでの操作のために同じような作業を複数のアプリで管理する事になってしまいました。

まとめ

Nature RemoとGoogle Homeを使ったレビューをお届けしました。家電リモコンは非常に便利なのでこれからも使っていきたいと思いますが、どうしても声での操作という観点でまだまだ発展途上感が否めません。

私個人としての意見としては、IRkitよりは便利になったけど、根本的には何も変わっていないように感じます。

結局IRkitと同じように使いたいリモコン操作ごとにGoogle Homeのルーティンもしくは、IFTTTのレシピを作成する必要があり、やっていることはIRkitを使っていたこととやることは変わりがありません。

AIスピーカー自体がまだまだ新しい分野の商品なのでこれからの改善があるとは思いますが、Nature Remoを使ってみた感じとしては、かなりの時間がかかりそうだと思ってしまいました。こうした類の製品は、他社の商品を操作することになるため標準的な取り決めでもしてくれない限り、お互いの操作の意識を合わせることは難しいですが、そうした取り決めが近い将来できるとも思えません。

ちょっと否定的な感想となりましたが、家電リモコンが便利なことは否定しません!むしろかなり便利です!

買ってみても絶対に後悔はしないと思いますが、「全てのリモコン操作を声でできる!」みたいな過度な期待は禁物です。

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました