【Galaxy S10/S10+】アップデートでついにナイトモード追加!その他良改善多数!

galaxys10-updateGalaxy

こんにちは、Galaxy愛好家のしみたくです。

先日ついにNTTドコモのGalaxy S10/S10+にもアップデートが降ってきました!今回のアップデートはマイナーアップデートですが、カメラやQRコード関連の機能追加、改善多数でかなり良アップデートです。

今回のアップデートで追加、改善された機能をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

Galaxy S10/S10+ アップデート内容【カメラ関連】

ナイトモード追加

スマートフォンのカメラは飛躍的に進化していますが、唯一の弱点と呼ばれていたのが夜景などの暗所での撮影です。しかし2018年に発売されたGoogle Pixl3ではスマートフォンでの撮影とは考えられないような性能を実現しました。

Galaxy S10/S10+のカメラは非常に優秀でしたが、夜景に特化したものはなく、あくまでシーンの自動認識にとどまっていましたが、今回のアップデートでついにPixel3と同様に夜景に特化した「ナイト」モードが追加されました。

使い方は非常に簡単です。カメラアプリのメニューにて「ナイト」を選択します。

ナイトモード
「ナイト」モード

あとは通常通りに撮影するだけです。夜景撮影の基本と同じく、撮影中はシャッタースピードがかなり遅くなるため、しっかりとカメラを保持しないとブレブレの写真になってしまいます。

こちらが「ナイトモード」を使って撮影した田舎の夜の風景です。
(手前の電柱は家のライトで光っています。)

ナイトモード撮影
ナイトモード撮影時

比較のために、こちらが通常モードで撮影した写真です。

通常モード撮影時
通常モード撮影時

「ナイト」モードを使って撮影した写真は影の部分もしっかりと写っているのがわかります実は道路の真ん中に猫が一匹います。肉眼でもなかなか目が慣れないと見えないレベルなのですが、ナイトモードを使えば暗いシーンでも被写体を捉えることができます。

一部のモードで「望遠」、「超広角」が選択可能に

Galaxy S10/S10+にはパノラマやライブフォーカスなど多様なモードが搭載されています。また、トリプルカメラを踏査しており、「超広角」「広角」、「望遠」の3つがありますが、その全てを各モードで利用できるわけではありませんでした。今回のアップデートで「パノラマ」、「ライブフォーカス」で利用できるレンズの種類が追加されました。

「パノラマ」モードが「超広角レンズ」に対応

「パノラマ」モードでの撮影時に、Galaxy S10の最大の特徴でもある「超広角レンズ」を使って撮影できるようになりました。

パノラマモード
「パノラマ」モード

「パノラマ」モードでの超広角レンズ対応は、かなり広い画角でのパノラマ撮影を可能となります。

「ライブフォーカス」モードが「望遠レンズ」に対応

背景ぼかしなどの機能を備えた「ライブフォーカス」モードが「望遠レンズ」に対応しました。

ライブフォーカスモード
「ライブフォーカス」モード

「望遠レンズ」の対応で、被写体に接近せずに背景ぼかしなどの機能を楽しむことができるようになります。

通常の「写真」モードと異なり、倍率の細かな調整はできません。

 

Galaxy S10/S10+ アップデート内容【QRコード関連】

WiFi画面でのQRコードがデフォルト表示

WiFiのパスワードを共有するのって結構面倒な作業ですし、他のWEBサイトと同じパスワードと合わせていると教えたくありませんよね。

そんなときに便利な機能が今回のアップデートで追加されました。それがWiFiのSSIDとパスワードのQRコードを生成する機能です。

設定画面にて共有したいWiFiの詳細を選択すると、以下のようにQRコードが自動表示されます。

WiFi QRコード
設定>WiFiを選択時の画面

このQRコードをWiFiに接続させたい端末側で読み取らせることで、パスワードを教えなくとも、WiFiに接続させることができます。

自分の家のWiFiなどは自由に変更していて、いつでも入力できるように覚えていますが、実家に帰省したときなどにこのQRコードが非常に役に立ちます。

Galaxy S10を1台WiFiにつなげればタブレットや他のスマホはこのQRコードを読み取るだけでいいのでめちゃくちゃ便利です。

テザリングでもQRコードが表示可能に

QRコードが表示されるようになったのはWiFiだけではありません。テザリングでも同様にQRコードが表示できるようになりました。

テザリング 設定画面
WiFiテザリング画面

設定画面からWiFiテザリングを開くと、従来どおりテザリングの手順が表示されてますが、右上のメニューボタンにQRコードのマークが新たに追加されています。このQRコードをタップすると、テザリングしたWiFiの情報がQRコードとして表示されます。

テザリング QRコード
テザリング QRコード表示画面

テザリングでタブレットをインタネットに繋げる場合に非常に役に立つ機能です。

QRスキャナ機能がデフォルト装備に

QRコードスキャナはスマートフォンを購入すると真っ先にダウンロードするアプリの一つだったかと思います。今回のアップデートでついにQRコードスキャナが標準で搭載されました。使い方はとっても簡単です。

通知バーのアイコンの中に「QRスキャナ」が新しく追加されています。

QRスキャナ
QRスキャナ

こちらの「QRスキャナ」をタップすると、QRコードスキャナアプリが機能・・・ではなく「カメラアプリ」が起動します。

どういうことかというと、カメラアプリにQRコードスキャナの機能が追加されました。

カメラアプリ QRコード

QRコードが表示された画面をスマホにかざしてみると、カメラアプリがQRコードをスキャンしてくれます。いちいちアプリをダウンロードしたり、そのアプリを探す手間が省けるようになりました。

連絡先のQRコード表示が可能に

今回のアップデートで連絡先の情報も簡単にQRコード化できるようになりました。

連絡先 QRコード
連絡先の詳細画面

連絡先の詳細を表示中に、左下に「QRコード」が表示されるようになりました。

連絡先 QRコード2
連絡先情報のQRコード

こちらのQRコードを使うことで簡単に連絡先情報の共有ができるようになります。

Galaxy S10/S10+ アップデート内容【その他改善】

指紋認証の認証速度がわずかに高速化

Galaxy S10/S10+の唯一の弱点が今回から新たに採用された画面内の超音波指紋認証センサです。この超音波指紋認証センサですが、反応が悪かったり、ロック解除までに時間がかかるなどあまり評判はよくありませんでした。

それが今回のアップデートで少しだけ良くなりました。

今までは指紋をセンサに置いてからロック解除まで1.0~1.5秒程度かかっていたのに対して、アップデート後は0.5~1.0秒でロック解除できるようになりました。

たった0.5秒の差かもしれませんが今までの半分程度の時間まで短縮されると、体感はかなり使い勝手が良くなった印象があります。同時に認証の精度もわずかに向上しており、発売当初に比べてかなり使い物になるようなレベルになってきたかと思います。

電池持ちは特に変化なし

アップデートで気になるのが、アップデート後に端末が暴走し電池持ちが異常に悪くなることです。

3日程度使ってみた所感としては、アップデート前と特に変わった様子はありません。バッテリーを気にしてアップデートをためらっている方は、気にせずにアップデートして問題ないかと思います。

特に不具合らしきものはなし

グローバル版でのアップデートでは一部のアプリがフリーズするなど大きな問題になりましたが、今の所アプリのフリーズ等はなく、快適に利用できています。

問題となっていたTwitterアプリも問題なく使えています。

ただ、アプリについてはユーザのインストールしているアプリや使い方に大きく依存するため、使いたいアプリが正しく動作するかどうかはアプリの対応状況を確認したほうがいいでしょう。

アップデート まとめ

Galaxy S10/S10+のアップデート内容についてご紹介しました。

今回のアップデートで待望のナイトモードの追加や細かい機能(QRコードなど)追加がされており、また一段と使いやすくなりました。

公式には案内されていませんが、指紋認証の精度、速度が改善されたのが個人的にはかなり嬉しいアップデートでした。

ただしアップデートで不具合が起こる可能性も0ではないのでそのあたりは自己責任で。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました