iPhone11 proのカメラが怖すぎる・・気持ち悪さの正体は集合体恐怖症?それとも・・・?

IT

こんにちは、しみたくです。

9月11日未明にAppleの最新スマートフォンであるiphone11が発表されました。今日はこのiphone11について感じた感想を正直に書きたいと思います。


スポンサーリンク

トリプリカメラ搭載のiPhone 11 proが発表

iphone11
image:apple

本日9月11日は新型iPhoneの発表日、普段はGalaxyを愛用している私ですが、iphoneはスマートフォンの業界を牽引する重要な存在なので、新製品発表会は毎回楽しみに見させてもらっています。

iphone Xの発表時にはノッチ付きのデザインが物議を醸しましたが、結局他社も次々とノッチ付きのスマートフォンを出しはじめ、いつの間にかノッチが業界の標準となりました。

そういった点からiPhoneの動向はスマートフォンマニアとしてはかなり気になるところです。

さて、今回発表されたiPhone11 proですが、当初の予想通りにトリプリカメラを搭載してきました。すでにトリプリカメラを搭載のGalaxy S10で超広角レンズと望遠レンズのありがたみを実感している私としては、トリプリカメラを搭載しなかったらiPhoneは終わるだろうと思っていましたが、流石に搭載してきましたね。

同時にGalaxy S10の超広角レンズを自信満々に見せびらかす機会が少なくなることが残念ではあります。

iPhone11 proのカメラが怖すぎる件

発表直後から、iPhone11 proのカメラがかなり話題になっているようです。特にトリプリカメラとなってレンズが3つになったのですが、そのデザインが注目を集めています。

3つの黒丸のレンズがタピオカにそっくりで「タピオカカメラ」と揶揄されています。

トリプリカメラレンズがスマートフォンに搭載されたのは、昨年のHUWEI P20 proが初めてで、Mate 20 ProやGalaxy S10などすでにトリプリカメラレンズのスマートフォンは出回っています。にも関わらず、ここまで話題になったのは、カメラレンズの個数ではなくAppleのデザインセンスとしか言いようがありません。

タピオカ、タピオカと話題に上っていますが、私の正直な感想としてはそんなに可愛らしいものではありません。むしろ、寒気を感じるレベルでスマートフォンのデザインでこんな気持ちになったのは初めてです。

特に気持ち悪いを感じたのが次の画像です。

iphone11
image:apple

規則正しい3つの黒丸が理路整然と並べられたこの画像を見たときに、正直ゾッとしました。SNSで調べてみると同じ感想を感じた人は多いみたいです。

同じような意見がいっぱい出ていましたが、こんなツイートも見つけました。

ガンダムぼ装甲騎兵ボトムズとそっくりすぎるという声が山程みつかりました。画像を見てみると確かに相通じるものはあるかと思います。

気持ち悪さの原因は「集合体恐怖症」

タピオカはともかく装甲騎兵ボトムズとそっくりという声が多数あるiPhone11 proですが、私はガンダムを全く知りません。だとすると、私が気持ち悪さを感じた原因はなんなのか、調べてみたところ「集合体恐怖症」という言葉がヒットしました。

集合体恐怖症とは、 小さな穴や斑点などの集合体に対する恐怖症のこと

wikipediaより

集合体恐怖症とは、小さい穴などがいっぱい集まったものをみたときに恐怖感を感じてしまう症状のことらしいです。

この画像を見たときに恐怖感を感じる人は集合体恐怖症の可能性が高いようです。

でも不思議です。この画像を見ても特に私は恐怖感は感じません。この類の画像はたくさん見たことがありますが、やはり恐怖感を感じたような記憶はないです。

だとすると、iPhone11 proの気持ち悪さは一体何なのでしょうか。

ようやくわかった!気持ち悪さの正体は「蜘蛛の目」

いろいろと考えを巡らせてみた結果、ようやくこの気持ち悪さの答えにたどり着きました。

それは「蜘蛛の目」です。

本物は鳥肌が立つので画像は載せませんが、なぜここにたどり着いたかと言うと、ガンダムの話を聞いたときにふとアニメ繋がりで「千と千尋の神隠し」が思いつき、蜘蛛爺が頭に浮かびました。

この蜘蛛つながりで「蜘蛛」で画像検索していると「蜘蛛の目」にたどり着きました。iphoneの無機質なステンレスの感じが蜘蛛の冷酷な感じとマッチしていますし、綺麗な円形に澄んだ黒や光沢がまさに「蜘蛛の目」のそれで寒気がします。

ようやく私が感じた気持ち悪さの正体を突き止めることができました!同じ感想の人がやはり多いみたいです。

「蜘蛛の目」が気持ち悪さと思うかは人それぞれですが、ここまで物議を醸すデザインもなかなかないのではないでしょうか。「蜘蛛の目」息を飲むほど美しいと言う話もあるそうですが、それはあくまで一部のマニアの話。よりよいプロダクトを一般市場に送り出してきたAppleにしては、今回のデザインはAppleの行く末を心配させる非常に残念な仕上がりと言わざる終えません。

他のトリプリカメラはどんなデザインなのか

トリプリカメラが気持ち悪いという意見もありますが、最近までそんな話題には一切なっていないことを考えると、HUAWEIやサムスン、SONYはうまく仕上げていたと思います。

こうして各社のトリプリカメラを見てみると、集合体恐怖症や蜘蛛の目にならないように黒く囲っていたり、全体をつなげていたりするのがわかります。

Appleの今回のデザインが芸術性を追い求めたものであるというならそれも納得ですが、一般大衆にヒットするかと言うと上手くいくとは思えなさそうです。ただでさえiPhoneはXシリーズで高級路線に走って、軌道に載せられず、未だにiphone8が一番売れるという市場ニーズとのアンマッチを起こしています。iPhone11 proはなかなか苦しいピッチングになるのではないでしょうか。

最後に

あまりにもiphone11 proのデザインが気持ち悪かったのでいろいろと書いてしまいましたが、デザイン以外の話をすると、超広角レンズが追加されたことはかなりプラスな要因になります。

すでにGalaxy S10で超広角カメラを楽しんでいる私としては、超広角カメラはスマホカメラの楽しみ方を2倍いや、3倍に広げてくれます。新しいカメラ体験を提供してくれること間違いなしです。

デザインは人の好みに大きく左右されるのでなんとも言い難いですが、トリプリカメラについては自身を持って最高だといい切れますよ!

iphone 11 proのデザイン、どう思うかはあなた次第です。

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました