【完全版】スマホの画面に表示されたQRコードを超簡単に読み取る方法

QRコードスキャンGalaxy

こんにちは、ガジェットオタクのしみたくです。

皆さんはこんな経験ありませんか?スマートフォンでとあるWEBサイトを見ていたとき、詳細はこちらとQRコードが載っているパターンです。

 

QRコードサンプル」

QRコードリーダーではスマホ画面はスキャンできないので、いちいち友達や別の端末にスクリーンショットを共有して、そこからスキャンするなど手間がかかります。

本日は、スマホの画面に表示されたQRコードを簡単に読み取る方法をご紹介します。


スポンサーリンク

スマホの画面上のQRコードを読み取る方法(Googleフォト編)

それではスマホの画面上のQRコードを読み取る方法をご紹介します。スマホの画面上に表示されたQRコードを読み取る方法はいくつかありますが、比較的利用者も多く、簡単なGoogleフォトから紹介していきます。

読み取りたいQRコードをスクリーンショット

まずはスマホの画面上に読み取りたいQRコードを表示させ、QRコードが入った状態をスクリーンショットで撮影します。

Android端末スクリーンショットの撮影方法
電源ボタン+音量キー下の同時押し

Googleフォトアプリを起動

スクリーンショットが撮影できたら、次は「Googleフォト」アプリを起動します。Googleフォトとは、Googleが提供している写真管理アプリで、写真や動画を高画質のまま無制限にアップロードできる神アプリです。

スクリーンショットした画像を「Googleフォト」アプリで表示すると、画面下部のメニューバーに眼鏡のようなアイコンがあるのでこちらをタップしましょう。こちらは「GoogleLens」と呼ばれるGoogleの画像解析AIを起動するボタンです。

Googleフォト

あとは自動で「GoogleLens」がQRコードを解析

「GoogleLens」が起動すると画面内のQRコードの中身を自動で解析してくれます。

GoogleLens

「GoogleLens」のQRコードの読み取り機能は非常に優秀でQRコードの情報として、WEBサイトのURL、Lineの友達登録、WiFi情報、連絡先すべての情報を自動で読み取ることができました。

QRコードの内容読み取り可否
WEBサイトのURL
Line友達登録
WiFiの登録
連絡先情報の登録

スマホの画面上のQRコードを読み取る方法(LINE QRコードリーダー編)

「Googleフォト」の次は今や誰もが使っているメッセージアプリ「LINE」の機能を使ってスマホの画面上のQRコードを読み取る方法をご紹介します。「Googleフォト」よりもほんのちょっとだけ面倒ですが、「LINE」なら大半の人が使っているので別途アプリをダウンロードする必要がありません。

読み取りたいQRコードをスクリーンショット

「Googleフォト」と同様にまずは読み取りたいQRコードを画像データとして保存しましょう。スクリーンショットでも構いません。

「LINE QRコードリーダー」を起動

「LINE」に内蔵されている「LINE QRコードリーダー」を使えばスマホの画面上のQRコードの読み取りが可能です。

LINEアプリからQRコードリーダーを起動し、リーダーの画面でライブラリを選択し、読み取りたいQRコードの画像を選択すると、読み取りができます。

LINE QRコードリーダーはLINEアプリの「友だち追加」>「QRコード」から起動
LINEQRコードリーダー

ライブラリに選択するとQRコードを自動で解析

ライブラリでQRコードの画像を取り込むと、画像内のQRコードを解析して結果を返してくれます。

LINE QRコードリーダー2

LINE QRコードリーダーは「Googleフォト」ほど優秀ではありませんが、WEBサイトのURLやLINEの友達登録など最低限の情報ならちゃんと読み取ってくれます。

QRコードの内容読み取り可否
WEBサイトのURL
Line友達登録
WiFiの登録
連絡先情報の登録

参考.LINE QRコードリーダーを超簡単に起動する方法

LINE QRコードリーダーを簡単に起動する方法をご紹介しておきます。

ホーム画面でLINEのアイコンを長押しすると、アプリ内のショートカットが表示されます。このショートカットからQRコードリーダーを選択すると、一発でQRコードリーダーの画面に遷移することができます。

LINEショートカット
ホームアプリがショートカットに対応している場合のみ有効

スマホの画面上のQRコードを読み取る方法(Galaxy編)

最後にGalaxy端末のプリインストールアプリ「ギャラリー」でQRコードを読み取る方法をご紹介します。

読み取りたいQRコードをスクリーンショット

例の如く、まずは読み取りたいQRコードを画像データとして保存しましょう。スクリーンショットでも構いません。

「ギャラリー」アプリを起動

スクリーンショットが撮影できたら、次は「ギャラリー」アプリを起動します。こちらはGalaxyに最初からインストールされているアプリです。

スクリーンショットした画像を「ギャラリー」アプリで表示すると、画面中央下部に「WEBサイトに移動」という文字が浮かび上がってきます。

ギャラリーアプリ

こちらのWEBサイトとは、ギャラリーアプリが画像内の情報を解析して取得したQRコードの内容のことで、今回のQRコードはWEBサイトのURL情報が格納されていたため、「WEBサイトへに移動」と表示されているわけです。

自動で表示されない場合の読み取り方法

WEBサイトのURLであれば、自動で解析されますが、QRコードには多様な情報を格納できるため、ものによっては自動で表示されません。そんなときは、左下の目のアイコン(Bixby Vison)をタップしましょう。

 

ギャラリーアプリ2

こちらからBixby Visonを起動すると、画面内の情報をGalaxyのAIアシスタントBixbyで解析させることができます。QRコードをタップすると、解析が始まり、QRコードの内容を読み取ることができます。

Bixby Vison

「ギャラリー」アプリのBixby Visonを使えば、WEBサイトのURLやLINEの連絡先、WiFiのパスワードなどは読み取ることができました。

QRコードの内容読み取り可否
WEBサイトのURL
Line友達登録
WiFiの登録
連絡先情報の登録

 


まとめ QRコード読み取りならGoogleフォトがおすすめ

スマホの画面上に表示されてるQRコードを読み取る方法をご紹介しました。

「Googleフォト」を日常的に使っている方であれば、いつも使うアプリからほぼすべてのQRコードの読み取りができとても便利です。一部読み取れない情報もありますが、「Googleフォト」を使っていない場合でも「LINE」などで代用は充分に可能です。

利用頻度は少ないですが、たまに使う機能なので覚えておいて損はないでしょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました