【2019年】本気で欲しい・買ってみたいものリスト【ガジェット】

欲しい物リスト2019IT

こんにちは、ITガジェットをこよなく愛するしみたくです。

毎月のように新しいITガジェットが登場していますね。本日は2019年10月現在ITガジェットオタクのしみたくが欲しいガジェットをほしい理由と共に紹介していきます。

別に今年発売したものだけが対象ではありません。良いものは時間が経っても良いですからね!それでは行きましょう!


スポンサーリンク

2019年欲しいITガジェットリスト

Galaxy Tab S6

Galaxy Tab S6
image:samusung

個人的に今一番ほしいガジェットがGalaxy Tab S6です。一時は各社がAndroidタブレットの挑戦しましたが、そのほとんどが鳴かず飛ばずで、市場のほとんどをAppleのiPadが独占しています。そこで唯一検討しているがHUAWEIで、コストパフォーマンスに優れたミドルスペックのタブレットで人気を博しています。

ハイスペックのスマートフォンを使っていると、画面が大きいだけで処理能力が低いタブレットはどうしても魅力半減で、触手が伸びませんでした。そこに登場したのが昨今では珍しいハイエンドAndroidタブレット「Galaxy Tab S6」です。

「スマホはAndroid、タブレットはiPadが最強」などと言われることがありますが、この構成で使っている自分としては、どちらの良さも引き出せず残念極まりないです。Androidを使っていると自然とiPadで使うアプリもGoogleフォトやGmail、Google Play ミュージックなどのGoogle系サービスに偏ってしまうので、むしろ中途半端Apple製品を使うよりもハイエンドAndroidタブレットのほうがよっぽど快適に使えんじゃないかと思っています。

Galaxy Tab S6ならiPad Proのように優秀なペンが使えるので、コンテンツ制作系の業務でも役に立つので、スマホとの使い分けもうまくできそうです。ただ高いのがネックです。

Galaxy Note10+

 Galaxy note10+
image:samusung

発表直後から物欲センサーが過敏に反応しっぱなしなのが、サムスンの最新スマートフォン「Galaxy Note10+」です。今使っている「Galaxy S10」も素晴らしいのですが、その派生モデルでかつ上位スペックにあたるNoteシリーズの最新作ということで期待をせずにはいられません。

やはり画面が大きいというのは素晴らしく、本体に収納できるSペンの使いやすさはスマートフォンの中では軍を抜いています。新色のカラーリングもなかなかセンスが良く、デザインは今ひとつだったサムスンに何かが変わったと感じさられます。

今週の携帯キャリアの新製品発表会でGalaxy noteシリーズが発表されます。今回から2ラインナップとなったので、日本向けにどうカスタマイズされて投入されるか楽しみです。

Fire TV Cube

 Fire TV Cube
image:amazon

セットトップボックスにはあまり興味がなかったのですが、Amazonの「Fire TV cube」なかなか有りだとおもった一品です。

最近のテレビはテレビにアプリが用意されており、Amazonプライム・ビデオだったり、Youtubeなどを楽しむことを売りにしていますが、個人的にはこうした機能は全部外に任せて、テレビ本体は綺麗な画質を安く提供してくれればいいと思っています。それこそブルーレイレコーダーをもっているんで、テレビじゃなくて4Kディスプレイでもまったく問題はないんです。

ただ、外部に切り出すと気になるのが快適に操作ができる処理能力です。Amazon Fire Stick TVも手軽で良い商品でしたが、いかんせん非力なのでちょっとストレスを感じるものでした。

「Fire TV cube」は値段こそ上がりますが、処理能力もぐっと上がるので、快適に動画視聴ができそうです。

Alexa搭載で声で操作できることを売りにしていますが、これにはあまり期待していません。だってYoutubeで見たい動画を声で調べて、的確な回答が返ってくるなんて想像できないからです。VUI(Voice User Interface)はまだまだこれから成長が期待される分野なので気長に待つとしましょう。

Fire TV cubeは2019年11月5日発売予定です。

Echo Show (エコーショー) 第2世代

 Echo Show (エコーショー) 第2世代
image:amazon

Amazon関連でもうひとつ。ちょっと気になっているのが「Echo Show」です。

私の家ではGoogle homeを置いているのですが、結局何をするのかというと、音楽と家電リモコン、タイマーぐらいです。近未来的な映画に出てくるようにスマートに家電の操作とかできたらなと思うものの、まあスマートとは真逆の残念な現実です。

スマートスピーカーの現実はこんなものなのかと諦めていますが、Echo Showはディスプレイとカメラをついたので、テレビ電話としての使いみちは結構アリかなと思っています。

実家にも「Echo Show」を置いておけば、子供の顔を簡単に見せてあげることができますし、もし単身赴任になってしまった場合でも密にコミュニケーションが取れて良さそうだなと思いました。

自宅と実家の2台必要なので倍の値段がかかる点がネックですね。

DJI Osmo Mobile 2

DJI Osmo Mobile 2
image:dji

一昔前と比べて、スマートフォンのカメラ性能は格段に向上していますし、インカメラでもかなり綺麗な写真や動画を撮影できるようになりました。

スマートフォンで簡単に動画撮影できるようになりましたが、手に持って撮影する以上、手ブレだけはどうしても起きてしまうので、ジンバルを1台持っていたらいろいろ捗るんじゃないかと思っています。そこで良さそうだな思ったのが「DJI Osmo Mobile 2 」です。

手ブレを抑えられるだけじゃなくて、ジンバルを使うからこその構図や絵もあると思うので、写真の次は動画撮影をもっと楽しく身近にしてくれるんじゃないかと期待してます。

Withings Move

Withings Move
image:withings

アナログフェイスのスマートウォッチで有名な「Withings Move」もかなり物欲センサーが働いている逸品です。正直、価格も1万円程度なので買ってもいいんですが、今使っているのが同じ会社の旧機種ですが、上位モデルである「Withings Activite」を使っているので、わざわざ買い換える必要性もないのが悩みのタネです。

ただ、「Withings Activite」はビジネスライクなシンプルで「Withings Move」のポップ感とはまったく違う印象があります。ビジネスはActiviteを使って、プライベートは用途に合わせて「Withings Move」を使うような使い分けもありかなと思っています。

ASUS Chromebook Flip

 ASUS Chromebook Flip
image:asus

外出用のノートPCとして、「ASUS Chromebook Flipがかなり気になっています。ASUSのChromebook Flipは特に新しい製品ではありませんが、ChromeOSならではのコストパフォーマンスの高さからおすすめのChromeBookでは常に上位に入る人気モデルです。

わざわざ外出用のためだけにもう一台WindowsPCを買うほどの余裕がないので、ChromeBookが良いかなと思っています。Wordpressでブログを書くならChromeが動くので全く問題ないですし、Chromeだけと言いながらOffice系のアプリもちゃんとWEBアプリ版が動作します。リモートデスクトップもできるので、実はChromeBookを買っちゃうとWindowsPCの出番がなくなるかもしれません。

GoPro Max

アクションカメラで有名なGoproの新製品「MAX」がかなり気なっています。「insta 360 ONE」がそこそこ売れているところをみると、360℃カメラは一度使ってみる価値ありかな思ってます。あとからトリミングできるから、撮影時に画角を気にしなくてよくなるので、また違ったカメラ遊びができそうですね。

ただ、発売日が未定とのこと。価格が7万近くとさすがのGoPro価格ですが、思いきって飛び込んでみたいです。


最後に

2019年10月時点で私にほしいガジェットをご紹介しました。気になるものはありましたか?あれがほしいこれがほしいと考えている時間が実は一番楽しいのかもしれませんね笑

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました