Galaxy Note10+がドコモとauから発売!気になる値段は?スペックは?早期予約特典あり

Galaxy note10+Galaxy

こんにちは、Galaxy愛好家のしみたくです。

本日NTTドコモからGalaxy Note10+の発売が発表されました。先日auからも発表されており、これで正式に日本上陸となりました。

Galaxy Note10+は発売直後から物欲センサーが働きっぱなしで、Galaxy S10を買ったばかりですが本気で買い替えを検討しているところです。

そこで本日はドコモとauから発表されたGalaxy Note10+についてまとめておきたいと思います。


スポンサーリンク

Galaxy Note10+がドコモとauから発売 気になるスペックは?

まずはGalaxy Note10+のスペックについておさらいしておきましょう。

グローバルでGalaxy Note10とGalaxy Note10+の2モデル展開

Galaxy Note10シリーズ

Galaxy Noteですが、実は今年からグローバルでは2モデル展開となっており、無印Galaxy Note10とGalaxy Note10+の2ラインナップとなっています。

Galaxy Note10+はGalaxy Note10の上位モデルの位置づけで、画面サイズやメモリ、SDカードの対応状況、カメラの個数など随所に違いがあります。Galaxy Note10はどちらかというとGalaxy S10に近いスペックで、これまで高級路線を突っ走ってきたGalaxy NoteシリーズのSペンをより身近に使えるモデルがGalaxy Note10の位置づけとなっています。

今回NTTドコモとauから発表されたのは無印Galaxy Note10ではなく、上位スペックのGalaxy Note10+です。

ドコモ版、au版Galaxy Note10+のスペックは?

ドコモ版、au版のGalaxy Note10+のスペック表がこちらです。

 ドコモau
画面サイズ6.8インチ Dynamic AMOLED6.8インチ Dynamic AMOLED
CPUSnapdragon 855Snapdragon 855
メモリ12GB12GB
ROM256GB256GB
バッテリー4,300mAh4,300mAh
MicroSD対応1TB microSDXC1TB microSDXC
カメラ約1200万画素/約1600万画素/約1200万画素 /ToFカメラ約1,600万画素/約1,200万画素/約1,200万画素 /ToFカメラ
カラーオーロラホワイト
オーロラブラック

オーロラグロー
オーロラブラック

メモリ容量は12GBとなり、Galaxy S10から1.5倍と大幅に強化されました。それと同時に注目すべきはROM容量とMicroSDです。なんと標準で256GBとかなりの大容量が用意されているにもかかわらず、MicroSDは1TBに対応しました。iphone  11 proでも512GBが最大であるのに対して、Galaxy Note10+は最大で1.25TBとライバルを大きく引き離しています。

これだけの大容量であれば、Galaxy Note10+の持つ素晴らしいカメラで思う存分動画や写真を撮ることができますね。ただ、1TBのMicroSDはまだ市場にあまり出回っていませんが・・。512GBなら1万円程度で簡単に手に入れることができます。

カメラはGalaxy S10シリーズで好評のトリプルカメラに加えて、ToFカメラ(深度センサ)が新たに追加されました。このToFカメラにより動画撮影中でも背景ぼかし調整が可能になります。動画の背景ぼかしは使用頻度こそ高くはないものの、一気にプロレベルのハイクオリティの動画を撮影することができるようになります。

両者の違いはカラーリング ドコモはオーロラグローは見送り

ドコモとauで主なスペックに違いはなく、唯一違いがカラーリングです。auはオーロラグローとオーロラブラックの2色に対して、ドコモやオーロラホワイトとオーロラブラックの2色です。

オーロラグローとオーロラホワイト

Galaxy Note10+で注目されていたカラーリングであるオーロラグローです。見る角度によって全く違う煌めきを見せてくれるなんともガジェットオタクの心を躍らせるカラーリングです。ドコモやHUAWEI P20 Proのときと同様にこの系統のカラーリングの採用を見送り、少し控えめなホワイトを採用してきました。

オーロラグローに心を奪われていた私としてはドコモの見送りは非常に残念です。HUAWEI P30 Proではフリージングクリスタルが採用されたのでまさかと期待していましたが、叶わぬ夢となりました。

Galaxy Note10+ ドコモ版とau版の気になる値段は?

ドコモ版とau版で端末価格に大きな違いはなし

お次は気になる値段です。Galaxy Note10+の値段がこちらです。

 ドコモau
端末販売価格121,176円118,800円
割引施策スマホおかえしプログラムで最大2/3

アップグレードプログラムDXで25ヶ月目に新機種へ買い替えで最大半額

ドコモ版のほうがau版よりも2000円ほど高くなっていますが、ほぼ気にするレベルではないでしょう。さすがサムスンのフラッグシップモデルと言うだけあってかなり値段が高いです。

各社割引施策があるが本当にお得なのかは不明

2019年は総務省のお達しで端末の過度な値引き施策が禁じられてしまったので、なかなかハイスペックスマートフォンを安く購入する方法は少なくなってしまいました。ドコモ、auどちらも25ヶ月目以降に端末を返却する(auは+機種変更)をすることで、一定額の残債を免除する割引を用意しています。

ただ、Galaxy Note10+はかなりの人気機種でこのスペックなら2年後でも充分快適に使えるモデルに仕上がっているため、2年後でも割と高価格で下取りが期待できると考えると、特にこの割引は魅力的にはみえないかもしれませんが、これは未来の話なので誰もわかりません。

12万円はかなりの金額なので、端末の返却は必須ですが、少しでも金額の負担を減らすためには使うのも手でしょう。

Galaxy Note10+の予約購入でGalaxy budsがもれなく貰えるキャンペーンが開催中

Galaxy note10+キャンペーン

サムスン公式がGalaxy Note10+の発売を記念して予約購入でGalaxy budsをもれなくキャンペーンを開催しています。こうしたキャンペーンを使って端末代の負担を減らすのも良いでしょう。

こちらは発売日前日までの予約が必要です。あとからキャンセルも可能なので、迷っている方はとりあえず予約をしておいても損はしないでしょう。

Galaxy S10のときも同じキャンペーンが開催されていますが、想定以上の注文数で大幅に発送時期が遅れていました。ドコモ、auどちらも既に予約受付は始まっています。既に購入を決めいている方は早めの予約をおすすめします。

 

Galaxy Note10+の発売日は?

ドコモ版、au版も同日発売

気になるGalaxy Note10+の発売日がこちらです。

 ドコモau
発売日10月18日10月18日

ドコモ版、au版どちらも発売日は同じ10月18日です。ドコモ版が発表されたのが10月11日なので1週間でのスピード発売となります。

最後に

ドコモ版、au版のGalaxy Note10+のスペックや料金、発売日についてまとめてみました。レビューサイトでもかなり好評なGalaxy Note10+です。

12万円とかなりお高いですが、値段以上の素晴らしい体験をもたらしてくれること間違いないです!購入を検討されている方は無料でもらえるGalaxy Budsのキャンペーンのお忘れなく!

最後までご愛読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました