【Googleフォト】iphoneだけじゃない!Galaxyでもオリジナル画質で無料・無制限アップロードができる

galaxys10heifGalaxy

こんにちは、Galaxy愛好家のしみたくです。

ここ最近、iphoneならGoogleフォトにオリジナル画質を無制限アップロードできることが話題になっています。

本日はこの「iphoneならオリジナル画質で無料かつ無制限保存できる件」についておそらくGalaxyでも同じ状況じゃないかと思ったので、検証を交えて解説したいと思います。


スポンサーリンク

話題になっている「iphoneならGoogleフォトにオリジナル画質を無制限保存できる件」

まずはこの話題について簡単にまとめておきます。

GoogleフォトとはGoogleが提供する写真管理サービス(アプリ)でして、自分が撮った写真や動画を高品質なまま無制限アップロードが無料でできることが革新的なサービスです。

Google フォト

Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

iphoneならGoogleフォトにオリジナル画質で無制限保存できる理由

写真の容量が大きかった場合には、Googleが推奨するサイズまで圧縮をした上で保存されますが、Google純正スマートフォンである「Pixel」なら圧縮無しで無制限写真をアップロードできていました。(Pixel4ではこの特典は廃止)

今回この件が話題となったのは、Google純正のPixelでさえ写真をアップロードする際には圧縮されるようになったのに、iphoneはオリジナルの画質のまま圧縮されずにアップロードできることが判明したためです。

なぜ、iphoneが圧縮なしでアップロードできるかというと、iphoneとAndroidでは写真を保存するときのデフォルトのフォーマットが異なります。

AndroidはデフォルトではJPEGですが、iphoneはHEIFという圧縮率が高いフォーマットで保存をされます。つまりiphoneで撮った写真はすべて圧縮率の高いフォーマットで圧縮済みなので、Googleが更に圧縮する必要がないと判断したため、撮ったままのオリジナル画質のままでアップロードができるわけというわけです。

本当にiphoneだけがオリジナル画質で無制限アップロード可能なのか

この件を紹介した記事を読んでいると、なんだかiphoneがAndroidよりも優れており、Googleフォトの無制限アップロードを使いたいならAndroidではなく、iphoneを使ったほうがいいと思わせるような内容になっているような気がします。

これらの記事の内容は間違ってはいませんが、ちょっと違和感を感じてしまうのです。

なぜなら、GalaxyでもHEIF形式での写真保存が可能だからです

ちなみにGalaxy S10でのHIEF画像についてはこちらの記事で解説しています。

ここで気になるのが、オリジナル画質の「オリジナル」が指す意味です。

「元の」という意味を指す「オリジナル」ですが、写真を撮影して生成される画像をオリジナルと呼ぶのであれば、Galaxyでファイルを保存形式をHEIF形式にして撮影すればiphoneと状況は変わらないはずです。

そこで私のGalaxy S10で試してみることにしました。

検証:GalaxyでもHIEF画像ならGoogleフォトへ圧縮率なしで保存されるのか

検証方法はとても簡単です。

・Galaxy S10のデフォルトの保存形式をHEIF形式に変更
・写真を撮影し、Googleフォトへアップロード
・アップロードされた写真と元の写真のファイルを比較
それでは検証に移りたいと思います。

Galaxy S10のデフォルトの保存形式をHEIF形式に変更

まずはGalaxyのデフォルトの保存形式をHEIF形式に変更します。

カメラアプリの設定画面から保存オプションをを開き、HIEF画像(写真)にチェックを入れます。これで撮影する画像はHEIF形式での写真となります。(※プロモードやライブフォーカスモードはJPEGのままです。)

Galaxy S10 HEIF画像

写真を撮影し、Googleフォトへアップロード

次に写真を撮影し、Googleフォトへアップロードを行います。

Googleフォトへのアップロードは自動でされますので、写真撮影後Googleフォトアプリを開いてアップロードします。

アップロードされた写真と元の写真のファイルを比較

撮影した写真をGalaxyのギャラリーアプリで確認したものがこちらです。

オリジナル画質の容量

ファイルサイズは595KBで、拡張子がHEICとなっているため、HEIF形式で保存されていることが確認できます。

こちらの写真をGoogleフォトのWEBアプリ上から確認したものがこちらです。

Googleフォト上での確認

ファイルサイズは609.7KBとちょっと大きくなりました。これはアプリで付与する情報などの影響かと思います。少なくとも、Googleフォトへのアップロードの際に圧縮はかかっていないことがわかります。

検証結果:Galaxyでもオリジナル画質で無制限アップロードできる!

Galaxyでもデフォルトの保存形式をHEIF形式に設定すればオリジナル画質のままアップロードできました

今回はGalaxyを使いましたが、デフォルトの保存形式でHEIF形式を選べるのであれば、どの機種でもオリジナル画質での無制限アップロードが可能になるはずです。

ただ、調べたところ、Galaxy以外のAndroidではまだほとんどの機種が未対応で、HIEF形式で撮影ができることがGalaxyの優位性であることがわかりました。

最後に

今回話題となった「iphoneでGoogleフォトにオリジナル画質で無制限アップロードできる件」について、Galaxyでも同じ恩恵を受けることができることがわかりました!

ただし、注意しておきたいのが、オリジナル画質といってもそもそも撮影後に生成される写真がHEIFで高圧縮された写真なので、それって圧縮済みなんじゃないかという点です。

Pixel3で提供されていたGoogleフォトの無制限アップロードは画像サイズのバカでかいRAW画像や4K動画にも対応しており、これこそがオリジナル画質だと思います。その点では、このiphoneの件もオリジナル画質(RAW画像や4K動画)の無制限アップロードはもちろん非対応で、圧縮済みのファイルを再圧縮なしでアップロードできるというのが正しい表現なのかもしれません。

長くなりましたが、今回の検証でiphoneと同様にGalaxyでもHEIF形式なら再圧縮なしでアップロードできることがわかってとても有意義でした。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました