Galaxy Note10+を買ったら一緒に使いたい!おすすめケース・アクセサリーを一挙ご紹介!

Galaxy note10+おすすめアクセサリーGalaxy

こんにちは、Galaxy愛好家のしみたくです。

遂に超弩級スペックのGalaxy Note10+が発売されました!そこで本日はGalaxy Note10+と一緒に使いたいおすすめアクセサリーをご紹介します。


スポンサーリンク

Galaxy Note10+おすすめケース(カバータイプ編)

LED Cover

LED Cover
image:Galaxy

まず最初にご紹介するのが、Galaxy純正アクセサリーでもなかなかの異彩を放つ、LED Coverです。このカバーは背面にLEDライトが埋め込まれており、スマホの通知と連動して点灯します。

通知内容をLEDで表示できるなど、純正ならではのなかなか凝った作りとなっています。もちろんケースの充電は必要ありません。

LED Cover 通知
image:amazon

Protective Standing Cover

Protective Standing Cover
image:Galaxy

外部の衝撃からGalaxy Note10+を守りたい方はProtective Standing Coverがおすすめです。

米国国防総省MIL規格に準拠した落下試験をクリアするほどの高い耐衝撃性が魅力のカバーで、側面にはゴム素材が使われているため、グリップ感も良好です。

スタンドが付いており、動画視聴時にはGalaxy Note10+のスタンド代わりに使えます。

こちらも動画を参考に

Samsung Galaxy Note 10 10 Plus Protective Stand Case Review

Spigen Galaxy Note10+ スリム・アーマー

Spigen Galaxy note10+
image:amazon

耐衝撃性であればSpigenのスリムアーマーも人気が高いケースです。こちらも米軍軍事規格を取得しており、耐衝撃性には定評があります。

四隅には空間(エアクッション)を配置しており、落下時にこの空間が衝撃を吸収することで、端末へのダメージを最小限に抑えることができます。背面にカードスロットを備えている点も非常に魅力的なケースです。

「PITAKA」Magcase 

「PITAKA」Magcase
image:amazon

薄型軽量なケースが欲しい方には「PITAKA」Magcase がおすすめです。アラミド繊維を仕様することで、0.85mmとかなり薄く、17gとかなり軽量ながらも、鉄のような強い強度を実現しています。

ワイヤレス充電もケースを着けたまま使用可能で、カーボン調でデザイン面的にもスタイリッシュな人気のケースです。 

Galaxy Note10+おすすめケース(フリップタイプ編)

LED View Cover

 LED View Cover
image:Galaxy

LED View Coverは毎度おなじみの定番アクセサリーでシンプルながらもその使い勝手の良さに定評があります。カバーを閉じた状態でもLEDランプで時間や通知を知ることができます。

カバーの開閉と連動しており、開けると自動で画面がオン、閉じるとオフと非常に使い勝手が良いカバーです。

内側に1枚カードを入れるホルダーが付いているのも非常に便利な点で、定期券などはこちらにしまって使うとよさそうです。

ケースの外観はこちらの動画が参考になるかと思います。

Official Samsung Galaxy Note 10 Plus LED View Cover Case Review

Clear View Cover

Clear View Cover
image:Galaxy

Clear View CoverもGalaxyではおなじみのカバーですが、Note10シリーズからかなり改良されています。基本的な機能はLED VIEW Coverと同じですが、従来よりも透明な部分を減らし、より透明度を高く視認性を高めています。

これまでのClear View Coverは屋外での視認性が悪いのが難点でしたが、これで屋外でも問題なく内容を確認することができます。

こちらも動画を見てもらえればよりイメージが湧くかと思います。

Official Samsung Galaxy Note 10 Plus Clear View Cover Review

充電器

WIRELESS CHARGER STAND

WIRELESS CHARGER STAND
image:Galaxy

WIRELESS CHARGER STANDはサムスン純正のワイアレス充電器で、Fast Wireless Charging 2.0を利用することで、従来のワイアレス充電器よりも高速にスマホを充電することができます。

横置き、縦置きどちらでも充電可能で、ゲーム、動画視聴と様々なシーンに対応できます。

Wireless Charger Duo Pad

Galaxyの充電器で特におすすめなのが、純正のワイヤレス充電パッド「Wireless Charger Duo Pad」です。

スマートフォンとスマートウォッチやワイヤレスヘッドホンなど2つの端末を同時に充電がでるため、充電器周りをスマートにすることができます。

こちらはFast Wireless Charging 2.0に対応しており、カラーリングはブラックとホワイトに2色用意されております。

画面保護シート ・フィルム

Zenic Tech 全面液晶保護フィルム

Zenic Tech 全面液晶保護フィルム
image:amazon

Zenic Techの保護フィルムならGalaxy Note10+の全画面を保護でき、透過率も99%と非常に高いので、画面の美しさを損なうことはありません。

気になる指紋認証ですが、こちらの保護フィルムなら対応しているのでも問題ありません。

Super-MT 全面保護液体フル接着剤強化ガラス

Super-MT 全面保護液体フル接着剤強化ガラス
image:amazon

Galaxy Noteシリーズに限らず、Galaxyは側面にエッジが入っているため、ガラスフィルムとの相性が非常に悪いです。そこでおすすめしたのが、Super-MTの全面保護液体フル接着剤強化ガラスです。

こちらは液体を画面上に塗布し、硬化させるタイプのフィルムです。液体なので全画面を覆うことができ、指紋認証も問題なく使うことができます。

どうしてもガラスフィルムが使いたいかたはこちらをおすすめします。

スキンシール

dbrand スキンシール

dbrand
image;dbrand

端末を傷から守りたいけど、ケースを付けてかさばるのは嫌だ!という方にはdbrandのスキンシールがおすすめです。こちらは模様や柄がプリントされたシールを端末の背面や側面に貼り付けるタイプの保護シートです。

クオリティの高さとシールとのバリエーションの豊かさからガジェット好きに愛されているスキンシールです。

 

ストレージ

Samsung SDカード 512GB

Samsung SDカード 512GB
image:amazon

Galaxy Note10+は最高クラスの4眼カメラを備えているため、写真や動画を撮っていると、すぐにストレージがいっぱいになってしまいます。Galaxy Note10+は1TBのSDカードに対応しており、大幅な容量拡張ができます。

ただ、1TBのmicroSDカードで安心して使えるものは市場に出回っていないため、落ち着いてきた512GBのSDカードが狙い目です。256GBなら約半値になるため、ほしい容量と相談して決めましょう。

その他周辺機器

Galaxy buds

Galaxy buds
image:Galaxy

せっかくGalaxy Note10+を購入したならワイアレスイヤホンもGalaxyで揃えてみてはいかがでしょうか。

充電ケースは小柄でポケットでも全くかさばりませんし、使い勝手も良好、AKGの高品質サウンドを単体で6時間再生することができる高品質なワイアレスイヤホンです。

イエロー、ホワイト、ブラックの3色から選ぶことができます。

Galaxy Watch Active2

Samsung Galaxy Watch Active2
image:amazon

Galaxy Watch Active2は前作Activeから画面サイズが大きくなりましたが、見た目のスタイリッシュさは変わらずプライベートでもビシネスでもどちらでも活躍できそうなスマートウォッチです。

電池持ちがとても良く、2日は余裕でもち、使い方次第では3日付けるほどのスタミナもGalaxy Wacthの魅力の一つです。

DJI Osmo Mobile 2

ジンバル
image:amazon

Galaxy Note10+には素晴らしい手ブレ補正が備わっていますが、3軸ジンバルを使うと、スマートフォンで撮影したとは思えないハイクオリティな動画撮影が可能となります。

DJI Osmo Mobile 2はそのコストパフォーマンスの高さからジンバルの中でもかなりの人気を誇ります。

最後に

Galaxy Note10+にぴったりのアクセサリーをご紹介しました。スペックも一級品ですが値段も一級品なGalaxy Noteです。アクセサリーにも拘りたいですね。

素晴らしいアクセサリーで快適なGalaxyライフを楽しみましょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました