【Anker】水拭きもできる最強ロボット掃除機 Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

こんにちは!しみたくです(@Galaxy_Simitaku)です。

先日のAmazonサイバーマンデーセールにて念願のロボット掃除機を購入しました!それも1台で水拭きにも対応した超便利な一台Eufy RoboVac L70 Hybridです。

本日はロボット掃除機デビューを考えている方や、水拭き対応モデルが気になっている方のために『Eufy RoboVac L70 Hybrid』のレビューをお届けしたいと思います。

ジャンプできる目次

Eufy RoboVac L70 Hybridレビュー

Eufy RoboVac L70 Hybridの箱、外観と内容物

まずは箱と外観から

箱を開けると、Eufyの登場です!

最上位モデルだけあってなかなかのサイズ感です!小さなワンちゃんなら余裕で乗れそうなサイズです。

箱から出すとこんな感じ

Eufy 外観

真っ白なボディにヘアライン加工されたeufyのロゴがいい感じでアクセントになっておりお洒落です。ちなみにこのロゴの部分にレーザーが組み込まれており、部屋の形や自分の位置を把握しているそうです。

ボタンは2つだけで、電源ボタンと充電ボタンと非常にシンプルでわかりやすいです。

Eufy 充電ステーション

こちらが充電ステーションです。部屋の隅に設置しておけば、Eufyが自動で見つけてくれます。

モッピング用無頼s

こちらが水拭き用のモッピングクロスです。水拭きをする場合はこちらをEufyの後方部分に取り付けることでモッピングモードになり、水拭きをしてくれます。

こちらは水洗いが可能なので、モッピングのたびに水洗いが推奨となっています。

防水パッド

こちらは防水パッドです。モッピングモードの場合、Eufyのモップに含まれる水分で床が濡れっぱなしになってしまうので、充電ステーションの下に敷いておくことで、過度な濡れを防ぐことができます。

Eufy 背面

背面はこのようになっており、サイドブラシがゴミを真ん中の回転ブラシに集めながら掃除をしてくれます。

Eufy RoboVac L70 Hybridで早速掃除させてみる(掃除モード)

シリーズ最高の吸引力は伊達じゃない!

Eufy RoboVac L70 Hybridを掃除モードで動かしてみた様子がこちらです。

ボタンを押すだけで他に何も設定することは何もなく、あとはすべて自動で掃除をしてくれます。

早速ですが、私のマンション(2LDK)を掃除させてみました。3日間ほど掃除機をかけなかった部屋を Eufy RoboVac L70 Hybridに掃除させて溜まったゴミの量がこちらです。

Eufy掃除後

想像以上に集まっていてビックリです

髪の毛は知らないうちに抜け落ちているので、そこそこ集まるかと思っていましたが、それ以外にもホコリも結構な量取れていたのが驚きです!

これは2,200Paという本シリーズで最強の吸引力のおかげですね。

吸引力設定

また、Eufy RoboVac L70 Hybridには『Boost IQモード』というモードが搭載されており、床の状況に応じて吸引力を自動調整してくれます。

確かにフローリングとカーペットでは求められる吸引力が違いますもんね。こうした人工知能的な要素を使ったアプローチもAnkerならではです。

障害物の回避性能の高さにびっくり!

うちには子供用のおもちゃやベッドが置いてあるので、こうした掃除の障害物をどう避けてくれるのかを心配していました。

上の動画を見てもらってもわかるかと思いますが、障害物はうまく避けながらも、周知はちゃんと掃除をしてくれていました。このあたりの出来の良さには感動しました!

Eufy RoboVac L70 Hybridのレビューの中に、「ペットみたいで可愛いです」というレビューもありましたが、その気持ちがよくわかります!

生き物みたいにうまく回避してくれますし、従順に毎日ちゃっと掃除してくれるので自然と愛着が湧いてきます(笑)

また、気になっていた掃除の音量も某有名なロボット掃除機比べると比にならないぐらい静かで、これなら夜間に掃除させても近所迷惑になる心配はなさそうです。

無駄のないスピーディな掃除

Eufy RoboVac L70 Hybridの特徴の一つがAIによるリアルマップテクノロジーです。

こちらはEufy RoboVac L70 Hybridが備える各種センサーから得られる情報でEufyがリアルタイムで部屋のマップを作成し、無駄のない掃除を実現してくれるというものです。

リアルタイムマップ作成

こちらは掃除をしている序盤の段階を専用のアプリで確認しているところで、灰色の線が部屋の壁、水色の線がEufyの軌道です。このように部屋のマップを作成しながら、まずは部屋の周囲を測定することで、部屋全体のマップを作成します。

リアルマップ

全体のマップを作成すると、部屋全体を効率的に掃除できるように、基本は左右に動きながら掃除をしているのがわかります。(もちろん左右だけじゃなく、上下もします)

ところどころに掃除できていない部分がおもちゃなどの障害物がある部分で、それらをうまく避けながらも効率的に掃除していることがよくわかります。

ちなみにこのときだと、13平方メートルの部屋をたったの15分で掃除してくれました。これならちょっとしたお出かけの時間でも掃除を任せられますね!

Eufy RoboVac L70 Hybridで早速掃除させてみる(モッピングモード)

モッピング(水拭き)は準備が必要

普通の掃除モードに比べて、モッピング(水拭き)モードを利用する場合には、少しだけ準備が必要です。

タンク

まずはタンクに水を入れます。Eufyの天板を開けるとダスト容器と一体化したタンクが表れるので、水拭きをする前にタンクに水を入れておきましょう。

タンクの蓋

こちらの穴から水を入れてきます。ダスト容器と一体化しているので、タンクにそこまでの量の水を入れることができません。水を一気に入れすぎると溢れる可能性があるので注意が必要です。

タンクに水を入れたら、モッピングクロスをEufyに装着して準備完了です。

モッピング後

モッピングをしたあとのフローリング(上半分)の写真がこちらです。水の量は「大、中、小」の3段階から選ぶことができます。こちらは「小」に設定した場合です。

「小」でも十分水拭きの効果は感じることができると思いました。「中」や「大」にすると、さらに多くの水を使うので、結構床が濡れます。

ちなみに、「中」に設定してリビングおよびその周辺の部屋を水拭きさせると一回でタンクの水を使い切っていました。タンクの量が大して大きくないのでより広範囲を掃除させるときは多くの水を使うモードの場合には、途中で給水が必要になりそうです。

Eufy RoboVac L70 HybridはWiFi対応でアプリからいろいろな操作が可能

EufyHome

EufyHome

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

Eufy RoboVac L70 HybridはWiFi対応モデルなので、スマートフォンのアプリからWiFiを経由してさまざまな操作が可能です。(上でお見せしたマップの画面もアプリから確認できます)

スケジューリングによる自動掃除

スケジューリング

スケジュールを立てて、自動で掃除をさせることもできます。

進入禁止エリアの設定

エリア禁止モード

一度マップを作成していれば、掃除をしないで欲しいエリアを設定することもできます。

スマートスピーカー(Google home,Alexa)との連携機能

スマートスピーカーとの連携

Google HOMEやAlexaとの連携もできるそうですが、説明文がすべて英語でなにやら難しそうだったので、設定は見送りました。我が家にはGoogle HOMEが置いてあるのですが、もし「Eufy,部屋を掃除して!」と言うと掃除してくれるなら、使い勝手がよくなりそうです。

Eufy RoboVac L70 Hybridを購入した感想

最後に『Eufy RoboVac L70 Hybrid』を購入した感想をぶっちゃけますと・・・

 

最高でした!

正直なところ、あまりロボット掃除機を信じていませんでした。物が多いとすぐに動かなくなるんじゃないかとか、吸引力がないからあまりゴミが吸えないとか。でも『Eufy RoboVac L70 Hybrid』はそんな私のロボット掃除機への不安を一蹴してくれる素晴らしい製品でした!

そしてなによりも素晴らしいのが、この掃除も水拭きもできる最高のロボット掃除機がたった万円前後で購入できる点です!

毎日の掃除から開放され、雑巾がけまでやってくれてたったの5万円なら全然安い買い物だと思いました!なぜもっと早く買わなかったのか後悔しています!

ロボット掃除機デビューを考えている方や水拭き対応のモデルを探している方はぜひ『Eufy RoboVac L70 Hybrid』を検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。
愛用:Galaxy S20 5G サブ:OPPO Reno3 5G
新しいスマートフォンとQoLを上げてくれるガジェットに目がないです!
Twitter(@Galaxy_Simitaku)やってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる