スマホの有機ELはどれぐらいで焼き付くのか?1年半使ったGalaxy S8で焼き付きを検証!

Galaxy  有機EL 焼付きGalaxy
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!しみたくです。

ここ数年で有機ELディスプレイを採用したスマートフォンが増えましたね。昔はGalaxyだけの特徴でしたが、今ではiphoneやXperiaなど主要なスマートフォンは全て有機ELディスプレイが採用されています。

有機ELディスプレイは発色が素晴らしい反面、ディスプレイの焼き付きが懸念されます。そこで本日は実際に有機ELディスプレイを使い続けた結果、どれぐらい焼き付いたのかについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

有機ELの焼き付きをGalaxyで検証

有機ELはなぜ焼き付くのか

iphone 焼き付き
iphoneの焼き付き image: twi-papa.com

有機EL特有の現象として画面の焼き付きがあります。

画面の焼き付きとは、長時間同じ画面を表示していると、その画面の残像のようなものが常に画面上に表現されてしまう言わば画面の故障です。

携帯ショップなどの端末は同じ画面で点けっぱなしになるため、焼き付きが頻繁に起こっています。

では、なぜ有機ELが焼き付くのかについて簡単にご説明をします。

実は有機ELと液晶ディスプレイは画面を発光させるときの原理が異なります。液晶ディスプレイは画面全体を発光させ、カラーフィルターを通して、色を表現しています。一方で有機ELは画面を構成する素子自体が発光することで色を表現しています。

一番違いが出るのが黒色で、液晶は黒でも画面を発光させた上で、フィルターをかけて黒を表現していますが。有機ELの場合、黒色の場合そもそも発光しません。そのため有機ELの黒は、純粋で真っ黒な黒色が表現できるのです。

なぜ焼き付くのかというと、有機ELの発光する素子が常に同じ色を表現していた結果、劣化してしまい、適切な色を表現できなくなってしまった結果が焼き付いてしまうのです。

ここで重要なのは、”同じ画面を長時間表示させ続けていると焼き付きが発生する”ということです。

『スマホを使っているときは常に操作している方問題ない』って思っていませんか?スマホを常に操作していても、焼き付きが起こりやすい箇所がスマートフォンには存在しています。

それが、ナビゲーションバーステータスバーです。

焼き付きしやすい箇所
焼き付きしやすい箇所

ナビゲーションバーとステータスバーってスマホを操作していても同じ表示がされ続ける傾向にあります。そのため、有機ELディスプレイの場合には、この2箇所の焼き付きに注意が必要です。

1年半使い続けたGalaxy S8の焼き付きがこちら

それでは本題の実際にスマートフォンを使っているとどれぐらい焼付きが起こるのか、実際に1年半使い続けたGalaxy S8でお見せしたいと思います。

まずこちらが普通に使っているときのナビゲーションバーを撮影した画像です。

ナビゲーションバーの焼き付き その1
ナビゲーションバーの焼き付き その1

(画面が割れている件は気にしないでください。)

こちらのナビゲーションバー画像では特に目立った変化は見られませんね。通常使っているときはこんな感じの表示なので、普段使いの中で焼き付きは意識せずに使うことができます。

それでは次に焼き付きが一番はっきりと分かる真っ白な画面を表示させたときのナビゲーションバーの画像がこちらです。(わかりやすいように明るさを修正しています)

ナビゲーションバーの焼き付き その2
ナビゲーションバーの焼き付き その2

ナビゲーションバーの境目と、ホームやメニューのボタンが薄っすらと焼き付いているのが確認できます。

画像ではわかりにくいですが、実際にはもっとはっきりと分かるレベルで焼き付きを確認することができます。ボタン類は常に表示されるので焼き付いていると思っていましたが、境目の部分まで焼き付いているとは思っていませんでした。

ちなみにこれぐらい焼き付くと、電子書籍を読むときに結構気になります。

ステータスバーの画像がこちらです。

ステータスバーの焼き付き
ステータスバーの焼き付き

ステータスバーについてナビゲーションバーほどではありませんが、薄っすらと焼き付いているのが確認できました。ただ、ステータスバーのアイコンは確認できず、境目の部分でトーンが変わっているのがわかるレベルでした。

このように、たった1年半しか使っていないGalaxyでも、画面を白表示させると目に見えてわかるレベルで焼き付いていました。

ちなみにナビゲーションバーについては、1年ぐらい経った段階で薄っすらと焼き付いているのは確認していました。スマートフォンの利用期間はどんどん長くなっている昨今では1年半でここまで焼き付くとのはこれからも同じスマートフォンを使っていく上では耐え難い状況かと思います。

有機ELの焼き付きの確認方法

普段使っていると、画面の焼き付きは意外と気づかないものです。

そんなときは白い画面をスクリーンショットして、拡大表示しましょう。全画面が白色になり、どれぐらい焼付いているかが簡単に確認できます。

有機ELの焼き付きの予防方法

有機ELの焼き付きはいわば画面の故障とも言うべき状況なのでできることなら避けたい現象です。焼き付き度合いでは下取り価格に影響する可能性もあるため、日頃から予防をしておきたいところです。

そこで有機ELディスプレイの焼き付きを予防する方法をご紹介します。

画面を暗く・なるべく長く点けっぱなしにしない

焼き付きは同じ画面で発光しつづけることで、起こります。一番基本的な予防法が画面の輝度を低く設定し、画面の点灯時間を短めに設定する、この2つになります。

ナビゲーションバーではなくジェスチャーを利用

Androidのバージョンが新しいと、ナビゲーションバーをボタン式かジェスチャー式か選択することができます。ボタン式の場合、常に同じ表示がされるため、かなりの確率で焼き付きが発生します。ジェスチャー式にすればそもそもナビゲーションバーは表示されなくなるため、焼き付きを避けることができます。

ダークモードを利用する

有機ELは黒表示のときは発色しません。そのため白色がメインのUIのアプリはダークモードを適用することで、画面へのダメージを最小限に抑えることができます。

Android10以上の機種であればOS標準でダークモードを搭載していますが、それより旧バージョンだと機種ごとに様々です。

アプリ単体でダークモードを有効にできるものもあるので、可能な限りダークモードを利用するようにしましょう。

最後に

実際に1年半使ったGalaxy S8の有機ELの焼き付き度合いと焼き付きの予防方法についてご紹介しました。

有機ELディスプレイは本当に綺麗で、素晴らしい色合いを表現できますが、その一方で焼き付きやすく、扱いが難しいです。だいたい1年ぐらいで焼き付きはじめたという声も多いため、新しく購入したスマートフォンが有機ELのときには日頃から画面を暗くしたり、ダークモードを有効化するなど焼付き対策を怠らないようにしましょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました