SONYの完全ワイヤレスイヤホンがコスパ抜群すぎる! 詳細はこちら

Galaxy S20/S20+/S20 ultraが発表!2020年のGalaxyは本気です!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!Galaxy愛好家のしみたく(@Galaxy_Simitaku)です。

2月12日遂にGalaxy S20シリーズが発表されました。2020年のGalaxyは従来の2ラインナップ構成に”Galaxy S20 ultra”を追加した3ラインナップとなりました。

本日は、そんな渾身のGalaxy S20シリーズの詳細をGalaxy愛好家のしみたく目線での期待を交えながらお届けしたいと思います。


ジャンプできる目次

Galaxy S20/S20+/S20 ultraが遂に発表!

Galaxy S20シリーズ
image:galaxy

Galaxy S20シリーズとして、S20/S20+/S20 ultraの3機種が発表されました。(正確には全て5G対応なので語尾に5Gが付きます。)

GalaxyはこれまでGalaxy Sからナンバリングを1づつ上げる方法ととってきましたが、2020年という節目の年に合わせてか、一気に20まで飛ばしたナンバーをつけていました。 

このことからもサムスンがGalaxy S20シリーズにかけている並々ならぬ意気込みが感じられます。

また、注目すべきはこれまでの”無印”と”+”の2構成から、新たに追加したultraという最上位機種を追加した点です。ベースとなる部分はS20やS20+と同じですが、カメラ機能が大幅に強化されています。

Galaxyには最上位モデルとしてGalaxy Noteシリーズが人気を博していますが、今回のGalaxy S20 ultraとNoteシリーズがどう共存していくかが気になるところです。

Galaxy S20シリーズのスペック

Galaxy S20シリーズのスペックをまとめたものがこちらです。

モデル Galaxy S20 Galaxy S20 + Galaxy S20 ultra
画面サイズ 6.2インチ
Dynamic AMOLED 
6.7インチ
Dynamic AMOLED
6.9インチ
Dynamic AMOLED
本体サイズ 69.1×151.7×7.9mm 73.7×161.9×7.8mm 76×166.9×8.8mm
本体重量 163g 186g 220g
CPU Snapdragon 865/Exynos 990 Snapdragon 865/Exynos 990 Snapdragon 865/Exynos 990
メモリ 8GB/12GB 8GB/12GB 12GB/16GB
内部ストレージ 128GB 128GB/256GB 128GB/256GB/512GB
メインカメラ 広角:12MP
望遠:68MP
超広角:12MP
広角:12MP
望遠:68MP
超広角:12MP
深度測位
広角:108MP
望遠:48MP
超広角:12MP
深度測位
インカメラ 10MP 10MP 40MP
バッテリー 4000mAh 4500mAh 5000mAh
価格(日本円換算) 約11万円 約13万円 約15万円

カメラ性能を大幅アップ!

Galaxy S10で一新したカメラですが、S20シリーズではさらにカメラ性能が強化されています。ただ、モデルごとの少しづつスペックが異なるためちょっとわかりにくいです。

まず最初に、3モデル全体に共通している部分からご紹介します。

望遠レンズの大幅強化

望遠レンズ
image:galaxy

Galaxy S10シリーズは超広角レンズに注目が集まりましたが、それ以降、iphoneやXperiaなど各社が超広角レンズに対応し、フラッグシップモデルで超広角レンズに対応していない機種が時代遅れという状況となりました。

そこで、S20シリーズではカメラの主戦場を望遠レンズへとシフトしました。

Galaxy S10の望遠レンズでは12MPだったものがS20/S20+では64MP、S20 ultraでは48MPへと大幅にスペックアップしています。

このスペックアップによりS20/S20+では3倍ハイブリッド光学ズーム、30倍の超解像度ズームを、S20 ultraは10倍のハイブリッド光学ズーム、100倍の超解像度ズームを実現しています。

カメラスペックで業界を圧倒するHUAWEIのP30 proが60倍ズームで話題となりましたが、S20 ultraはそれを超える100倍ズームを載せてくることからもカメラへの強い拘りを感じ取ることができます。

ビデオカメラの8K対応

カメラは8K対応
image:galaxy

4Kテレビがようやく普及してきた感のあるこのタイミング、Galaxy S20シリーズは更にその4倍の解像度である8Kビデオに対応します。

8Kビデオならどんな一瞬を切り抜いても、鮮明な画像を切り出すことができます。また、一部のテレビでは8K対応モデルもすでに発売中なので、4Kの更に上をいく美しさを体験できます。

シングルテイク

シングルテイク
image:galaxy

Galaxy S20のカメラ機能でユニークなが『シングルテイク』です。

シングルテイクとは3秒から10秒のシーンを撮影すると、AIが自動でハイライトシーンやエフェクトなどの加工をしてくれる機能です。

たったワンテイクでSNS映えするような写真や動画を自動作成してくれるなかなか面白そうな機能です。

【S20のみ】深度測位(ToF)がない

Galaxy S20のみ深度測位(ToF)を備えていません。

深度測位とは被写体までの距離を測定し、最適なボケ感を作り出すためのものです。深度測位を備えているS20+とS20 ultraのほうがボケ効果の対象をより正確に把握することができるので自然なボケを作り出すことができます。

ただ、S20でもボケ効果を作れないわけではなく、ソフトウェアでそれなりに自然なボケ効果を出すことはできます。S10シリーズがソフトウェア処理でボケを作り出していますが、特に不満を感じるレベルではありません。

【S20 ultraのみ】1億8百万画素の超高解像度レンズ搭載

S20/S10+の広角レンズ(標準レンズ)は1200万画素に対してS20 ultraは1億8百万画素のレンズを搭載している点が一番の違いです。

1億という驚異的な画素数なら、撮影した画像の一部を後から切り出しても十分綺麗な写真が出来上がります

実はこのカメラ、すでに1億画素のスマートフォンをすでに市場にリリースしているXiaomiと共同開発したカメラです。

Xaomi Mi note10はカメラスマホとして一躍有名になりましたが、「1億画素のカメラの評判はイマイチ使い所が無い」という声もあります。

こうしたこともあり、Galaxyではこの1億画素を活用し、9ピクセルを1ピクセルとして扱うことで、光量を確保する工夫を施しています。これにより暗いシーンでもより多くの光を取り込むことができるため、暗所での撮影がよりクリアになるというメリットがあります。

個人的には1億画素はトリミングするよりも、夜景撮影での効果があるのではないかと期待してます。

また、この広角レンズの違いからか、S20 ultraは望遠レンズの方式が他の2つと異なり、ペリスコープ方式を採用しています。ペリスコープ方式なら高倍率の光学ズームを載せても、カメラの出っ張りを抑えることができます。望遠レンズの倍率はS20 ultraのみ異なるのはこのためです。

ディスプレイは120Hz対応

Galaxy S20 ディスプレイ
image:galaxy

ディスプレイはS10に引き続き、Dynamic AMOLEDですが、120Hzに対応しています。

120Hzのおかげで心地よいヌルヌル体験ができますが、注意が必要なのが、電池消耗の関係上、通常は60Hzで動作するという点です。全ての画面で120Hzを楽しめるわけではなく、特定のゲームアプリなどでしか120Hzを体験できないのは残念です。

バッテリーは大幅増量!

バッテリー
image:galaxy

Galaxy S20シリーズはS20でも4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

Galaxy S10が3300mAhだったので、20%近い増量となり、バッテリー持ちへの期待も高まります。ただし、電池持ちはバッテリー容量以外にも様々な要因で決まるため、実際のレビューを見てから判断するのが良いかと思います。

S20 ultraのみ45W超急速充電に対応

Galaxy S20 ultraについては5000mAhという大容量バッテリーを備えています。そのため、S20 ultraのみNote10+から対応した45Wの超高速充電に対応しています。

なんといっても、この超高速充電ですが、74分で0%からフル充電が可能とのことです

S20 ultraにはこの超高速充電対応のACアダプタが同梱されるということなのですが、超高速充電に対応しているのがS20 ultraのみという点は正直残念です。

それでも25Wの急速充電には対応しているので、そこそこ速いのですが、S20+の4500mAhになると、満充電までかなり時間が掛かりそうで心配です。

全モデル5G対応

5G対応
image:galaxy

Galaxy S20シリーズは全モデルが5Gに対応しています。ただし、S20のみ”ミリ波”は非対応なので、超高速通信とまでは期待できそうにありません。S20+とS20 ultraはミリ波対応です。

気になるのが国内キャリアの5G対応状況ですが、現時点(2020年2月時点)ではどのキャリアもサービスを開始していません。

各キャリアの予定がこちらです。

NTTドコモ:2020年春
KDDI:2020年3月
ソフトバンクモバイル:2020年3月ころ
楽天モバイル:2020年6月ころ

早ければ2020年春には5Gが商用化される見込みですが、さすがに商用化のタイミングでは一部の地域のみであることが予測され、5Gの恩恵を受けられる人は限られそうです。

とは言っても、Galaxy S20が一般向け最初の5G対応モデル(試作機レベルでは既に5Gスマートフォンあり)として華々しくデビューするのは間違いないでしょう。

「自分の住んでいる地域が5G提供エリアだったらラッキー」というレベルで待つのが良いかと思います。

価格はかなり高め

Galaxy S20シリーズですが、これだけのハイスペックなので、かなり高めの価格設定となっています。

一番下のモデルであるS20でも日本円換算で11万円と、10万円オーバーの価格となっています。フラッグシップモデルと言ってもやはり売れ筋は7~9万円台で、10万円を超えるとなかなか一般人には手が出しづらい価格帯になります。

端末価格は顧客の購買要因に大きく左右することになりますが、残念ながら今の日本では端末割引はほとんど期待できません。日本発売時にはぜひドコモ・KDDIに戦略的な価格設定をお願いしたいところです。

Galaxy S10ユーザーから見たGalaxy S20への期待

長年Galaxyを愛用しており、2019年はGalaxy S10を使い倒した私目線で、Galaxy S20への期待することが次の2つです。

指紋認証精度が改善されること

おそらくGalaxy S10ユーザのほとんどが満足していないのが、S10から採用された画面内指紋認証でしょう。

先進的な機能として注目されましたが、認証精度はお世辞にも良いとは言えず、指紋認証は使わずに顔認証で代用している人も多いようです。

一方で画面内指紋認証を備える他社のモデルも同様に評判が悪いかと言うとそうでもありません。そうなると、指紋認証精度の悪さはGalaxyの問題であると言えるので、Note10で若干改善したようですが、S20でどこまで改善されたのかは非常に気になるところです。

指紋認証が上手くできないと、Galaxy Passも使えないのでなんとか普段使いで問題のないレベルまで良くなっていることを望みます。

電池持ちが良くなっていること

私個人がGalaxy S10を使っていて、弱点だと思うのが、”指紋認証”と”電池持ち”の2点だけです。特に電池持ちについては他社のフラッグシップがかなり電池持ちが良くなっていること考えると、大きく水を開けられている状況かと思います。

S20シリーズは電池容量がかなり増量されており、電池持ちはかなり良くなっていることを期待しています!

Galaxy S20シリーズまとめ

サムスンの最新モデルGalaxy S20シリーズについてご紹介しました。

カメラを大幅強化したS20シリーズからはサムスンへの並々ならぬ意気込みが感じられます。ただ、やはり気になるのは日本での販売価格です。10万円超えるとなかなか手が出しにくいため、S20はなんとか10万円を切ってほしいところであります。

そもそも3モデルのどれを(もしくは全部を)キャリアが採用するかも決まっていない状況ですが、少なくともGalaxy S20は間違いなく発売されると思うので、例年であれば6月~7月頃の発売なので、それまで気長に待つとしましょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。
愛用:Galaxy S20 5G サブ:探し中
新しいスマートフォンとQoLを上げてくれるガジェットに目がないです!
Twitter(@Galaxy_Simitaku)やってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる