Galaxy S21 Ultraのレビュー公開中! 詳細はこちら

HUAWEI FreeBuds 3のレビュー|ワイヤレス充電・ノイキャン対応でレッドカラーが刺激的!

HUAWEI FreeBuds3 レビュー
URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はHUAWEI FreeBuds 3をレビューするよ!

HUAWEI Freebuds 3はHUAWEIから発売されているオープンエアー型の完全ワイヤレスイヤホンです。

本日はHUAWEI JAPAN様からお借りしたHUAWEI FreeBuds 3のレビューをお届けしたいと思います。


ジャンプできる目次

HUAWEI FreeBuds 3のレビュー

深みのあるレッドカラーが印象的

Freebuds 3ケース

HUAWEI FreeBudsで印象的なのがカラーリングです。深みのあるレッドカラーが大人な雰囲気を醸し出しています。

ケースも丸形で可愛らしいです。丸型なので縦置きはできず、寝かせておくのが基本になります。

Freebuds 3フタを開けた状態

蓋の内側まで全て赤一色というこだわりです。

オープンイヤー型のイヤホン

Freebuds 3 イヤホン本体

イヤホンもケースと同じ赤色が印象的です。カナル型ではなくオープンイヤー型なので普通に会話ができるぐらい周囲の音が聞こえます。

Airpods似過ぎなデザインはとても残念

肝心のイヤホンですが、ケースと同じ刺激的な赤色は好印象ですが、なんとも言い難いのがあまりにもAirpodsに似すぎたイヤホンのデザインです。

AppleのAirpodsは耳からうどんと揶揄されていたあたり、デザインについては賛否両論あるかと思います。

HUAWEIさんには技術力はあると思うので、少しデザインは独自性を出して欲しいところです。

充電周りはType-C搭載+ワイヤレス充電対応

充電ポートはタイプC

Freebuds 3の充電ポートはUSB Type-Cポートかつワイヤレス充電対応とポイントをしっかりと押さえています。

特にワイヤレス充電対応な点が素晴らしく、私の愛用しているGalaxy Budsもワイヤレス充電対応なので、勤務中は会社のワイヤレス充電器に置いておくだけで充電されるのが地味ながらありがたいと思っていました。

HUAWEI FreeBuds3はノイズキャンセリング対応

オープンイヤー型初のアクティブノイズキャンセリング搭載

HUAWEI FreeBuds 3の一番の目玉が周囲の雑音を低減できるアクティブノイズキャンセリングの搭載です。

ノイズキャンセリングは通常周囲の音を遮断することを目的とするため、音を取り込みやすいオープンイヤー型ではなくカナル型が採用されがちです。

AppleのAirpods proやSONYのWF-1000XM3などノイズキャンセリング搭載のTWSはカナル型がほとんどです。

オープンイヤー型かカナル型どっちが優れているかは利用シーンによりけりなのでどちらが良いとは言えませんが、周囲の音(話し声やアナウンスなど)をある程度聞きながらも、背景雑音を抑えることができるのがFreebuds 3の強みと言えそうです。

愛用のGalaxy Budsはカナル型なのでノイズキャンセリングは無いですが、そもそもがかなり遮音性が高いです。その反面、つけっぱなしでの会話はままならないため、いちいち外したり、外音取り込みモードを有効にしたりしています。

アクティブノイズキャンセリングを使ってみた感想

今回は1週間ほど通勤時間やランニングなどいろんな場面でFreebuds 3のノイズキャンセリング機能を使ってみました。

結果としては、オープンイヤー型なので大きめの音は普通に聞こえてしまうものの、雑多な音はしっかりと低減してくれます。

ノイズキャンセリングと聞くと、音楽以外聞こえないような、没入感をイメージされるかもしれませんが、オープンイヤー型なのでそもそも没入感とは少し違います

車が通れば、遠くから車が近づく音はしっかりと聞こえますし、話しかけられた普通に会話もできるぐらい音は聞こえます。

効果があるのが、カフェの背景雑音や電車に乗っているときのガタゴト音などです。こうした場面なら雑音は気にならず、クリアな音楽を楽しむことができます。

HUAWEI FreeBuds 3の操作性

割り当てられるコマンドはカスタマイズ可能だが・・

Freebuds 3は左右のイヤホンのダブルタップに次の4つのアクションを割り当てることができます。

ショートカット一覧

Galaxy Budsはタップ/ダブルタップ/トリプルタップが左右に割当できるので合計で6つの操作が可能(アクションによって制限はあります)でしたが、Freebuds 3はダブルタップ2つだけとちょっと物足りません。

常にノイズキャンセリングをオンにしておくのが良いかと思いましたが、ケースから出すとノイズキャンセリングはオフ状態となるので、いちいちオンにする必要があるのでそれもできません。

イヤホンのなかでも、高級な部類ではありませんが、格安というわけではありませんので、このあたりの割り当てられるアクション数はもうすこし増やして欲しいと感じました。

フタを開けてから接続までは至極快適

Galaxy Budsではフタを開けて装着、音楽再生までもたつくことがありましたが、使ってみた1週間の間では特にもたつくことはなく、フタを開けたらすぐにペアリングされ、なかなか使いやすかったです。

HUAWEI FreeBuds 3の音質

メリハリのある期待以上の音質

オープンイヤー型ということもあり、軽めのサウンドになるのかなと思っていましたが、想像以上に低音が効いていました。

音質もクリアで伸びのある良いサウンドかと。このあたるあまり詳しくない人間なので詳しい人が聴くと違うのかもしれませんが、素人目線では十分満足できる音質でした。

HUAWEI FreeBuds 3の電池持ち

長時間再生には向かないが、通勤・通学には便利

Freebuds 3の電池持ちはイヤホン単体では4時間と少し短めです。

実際に使ってみとところイヤホン単体では3時間半程度(細かい時間まで測りきれていませんが)と使い方次第では公称値は持ちそうといったところです。

単体での電池持ちは短いですが、ケースを含めると24時間とかなりのロングバッテリーになる点がFreebuds 3の魅力だと思います。

常に付けっぱなし音楽を聴いたり、電話をしたりする人には向かないかもしれませんが、私のように毎日の通勤時間だけ音楽を聴くような使い方ならほとんど充電要らずで使うことができます。

HUAWEI Freebuds 3のレビュー まとめ

HUAWEI FreeBuds 3のレビューをお届けしました。

良い点、悪い点を含めていろいろと解説しましたが、個人的に残念なのがダブルタップしかできない機能面の乏しさです。

とはいえ、オープンイヤー型でアクティブノイズキャンセリング対応、24時間のロングバッテリーにキュートかつ特徴的なカラーリングで2万円を切る価格設定はコストパフォーマンスが高いですね!

できればFreebuds 4はAirpodsと違うデザインコンセプトにしてもらえるととても嬉しいです(笑)

最後までご愛読ありがとうございました。

レッドカラー以外にもブラックとホワイトが用意されています。

あわせて読みたい
HUAWEI Freebuds Proのレビュー|全方位的に最強な完全ワイヤレスイヤホン!
HUAWEI Freebuds Proのレビュー|全方位的に最強な完全ワイヤレスイヤホン!HUAWEIの最新完全ワイヤレスイヤホンが『HUAWEI Freebuds Pro』です。Freebuds 3はインナーイヤー型のノイズキャンセリングイヤホンでしたが、Freebuds ProはAppleのAir...
HUAWEI FreeBuds3 レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる