SONYの完全ワイヤレスイヤホンがコスパ抜群すぎる! 詳細はこちら

【レビュー】COUMI TWS-817A コスパ超優秀な完全ワイヤレスイヤホン!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたくのアイコン画像しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はCOUMI TWS-817Aを紹介するよ!

本日はCOUMI様から提供いただきました『COUMI TWS-817A』をご紹介します。

COUMI TWS-817Aは最近流行りの完全ワイヤレスイヤホンで3,999円という低価格が魅力な製品です。

本日は『COUMI TWS-817A』を実際に使ってみたのでレビューをお届けしたい思います。


ジャンプできる目次

COUMI TWS-817Aの付属品と外観

シンプルな付属品、USB-TypeCケーブルが嬉しい

COUMI TWS-817Aの付属品

TWS-817Aの付属品がイヤホン本体+ケース(バッテリー内蔵)、イヤピース、片側Type-CのUSBケーブル、その他説明書がついています。

説明書は英語と日本語どちらも対応しています

わかりやすい初期設定マニュアル

わかりやすい初期設定マニュアル

説明書の中には初期設定のマニュアルもあります。細かく文字で説明されているものもありますが、IKEAの説明書を彷彿とさせるイラストのみのマニュアル(上の写真)もあり、とてもわかりやすいです。

AirPodsよりはGalaxy Buds似のTWS

COUMI TWS-817Aは、イヤホンジャックとの接続はおろか、左右のイヤホンを接続するケーブルもない完全ワイヤレスイヤホン(True Wireless Stereo)です。

AirpodsよりはGalaxy Buds似のTWS

イヤホン本体のイヤホンのフォルムはTWSで有名なAirpodsよりもGalaxy Budsに近いデザインです。耳から垂れるうどん部分はありません。

材質はプラスチックなので安っぽくなりがちですが、光沢仕上げと心地よい曲線を描いたデザインのおかげで安っぽさはなく、むしろ洗練された印象です。

インナーイヤー型

イヤホンのタイプはカナル型(密閉型)なので装着すると外の音は遮断され音楽に集中することができます。

遮音性は非常に高く、イヤホンを装着したままでの会話は難しいです。

充電ケースはAirPodsライク

充電ケースはAirPodsライク

逆に充電ケースはAirPodsに近いデザインです。

光沢仕上げで持ちやすいですが、指紋が目立ちやすいのが難点です。

充電ケース サイズ

手の中にもすっぽり収まるサイズで持ち運びやすいです。コンパクトなのでポケットに入れてもかさばりません。

ケース LED

ケース本体にはLED搭載でケース本体のバッテリー残量をひと目で確認することができます。

4つのLEDが残量と連動しており、4つすべて点灯した場合フル充電、1つごとに25%は割り当てられています。
LEDの色で判断するイヤホンが多いですが、こちらはライトの数なので直感にわかりやすいです。
充電ポートはTypeC

充電端子はMicroUSBではなく、USB Type-Cとなっており、充電用のケーブルが付属しているのはとても良心的です。

iphoneユーザーやAndroidの旧機種を使っている人はType-Cを持っていない方も多いかと思いますが、わざわざ充電ケーブルを購入しなくて済みますね。

ACアダプタは別途用意する必要があります

COUMI TWS-817Aの音質

音質は3,999円という値段を考慮するとTWS-817Aの音質は上出来です。低音はしっかり効いており、全体的にそこそこクリアの音質を楽しめます。

特に音質に拘りがあるわけではない私ですが、この音質なら普段使いでも全く問題なく使うことができるレベルだと思いました。

通話性能についても申し分なく、手持ちのGalaxy Buds+と特に差は感じませんでした。

COUMI TWS-817Aの操作性

操作できるコマンドは多く曲のスキップに対応

COUMI TWS-817Aはイヤホンの両面にタッチセンサが備わっており、様々なコマンドが割り振られています。

それぞれのコマンド一覧がこちら

機能 左耳 右耳
再生・一時停止 クリック クリック
前のトラック ダブルクリック
次のトラック ダブルクリック
電話に出る クリック クリック
電話を切る 2秒長押し 2秒長押し

左右のイヤホンをタップすると再生や電話の応答などの操作ができます。

個人的に良いなと思った点が、左右のダブルクリックで前のトラックと次のトラックを再生できる点です。

格安のTWSだと次のトラックはできても前のトラックはできなかったりしますが、こちらはどちらも操作ができるので音楽再生メインで使う方にはとてもありがたいです。

音量の上下はさすがにできませんが、3,999円のイヤホンにそこまで望むのは酷な話かと。

誤クリックも全く無く、操作感は良好です。

操作コマンドの変更はできません

ケースの開閉と連動

最初のペアリング時以外は、ケースを開けると自動で起動、ケースを閉じると自動で再生停止となり使い勝手が良いです。

数日間使ってみましたが誤作動もなく、ケースを開けるとすぐにスマホと接続できていました。

優秀なバッテリー性能

COUMI TWS-817Aのバッテリーはイヤホン単体で6時間本体含めると30時間というかなり優秀なバッテリー性能を有しています。

6時間であれば、長距離の移動や在宅勤務中でも安心して使い続けられるバッテリー性能です。

装着感は良好

実際にCOUMI TWS-817Aを装着し、ランニングや通勤、WEB会議など様々なシーンで使いましたが、装着感は良好で長時間つけていても耳が痛くなるようなことは有りませんでした。

COUMI TWS-817Aの気になるところ

ここまで概ね高評価ですが、やはり値段の安さから気になるもいくつかありますので併せてご紹介しておきます。。

アナウンスが鬱陶しい

COUMI TWS-817Aをケースから出したときに必ず「PoerON!TWS Connected!」となんともいえない音声でアナウンスが流れます。

いろんなTWSを使いましたが、こういったアナウンスが実際の言葉として再生されるのは初めてです(笑)

正直な感想としては言葉ではなく、機械音のほうが良いと思ってしまいました。

また、クリックしたときの操作音も「ブー」とちょっと鈍い音であまり耳障りが良くないです。

設定でオフにできればよいのですが、専用アプリがないのでこうしたカスタマイズができない点は少し残念です。

イヤホンをしまうときに磁石が邪魔をする

イヤホンとケースは磁石でくっつく仕組みとなっており、上手くおければカチッとはまります。

だだ、ちょっと入れる方向を間違えると、磁石とS極N極の関係から逆の力が働き、ケースになかなか上手く入ってくれません。

慣れれば問題ないかもしれませんが、もう少し磁石が弱くても良いのでは思いました。

COUMI TWS-817A 総評 コスパは超優秀!

いくつか気になる点もご紹介しましたが、3,999円という価格を考えると、音質、操作性、バッテリーと非常にバランスが良く、コストパフォーマンスが抜群な製品だと思いました。

完全ワイヤレスイヤホンに興味があるけど、値段が高く躊躇していた方、今使っているイヤホンに不満がある方にぜひおすすめしたい1台です。

COUMI TWS-817AはAmazonで購入できます。ホワイトカラーもあります。

最後までご愛読ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。
愛用:Galaxy S20 5G サブ:探し中
新しいスマートフォンとQoLを上げてくれるガジェットに目がないです!
Twitter(@Galaxy_Simitaku)やってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる