SONYの完全ワイヤレスイヤホンがコスパ抜群すぎる! 詳細はこちら

Galaxy Note20 Ultraのレビュー|値段は高いが一切の妥協を見せない最強のスマートフォン!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたくのアイコン画像しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はGalaxy Note20 Ultraのレビューを届けします!

Galaxyの最上位モデル『Galaxy Noteシリーズ』の最新作が『Galaxy Note20 Ultra』です。

日本では執筆時点ではKDDIから発売されており、ドコモでも発売が予定されています。

KDDI版の販売価格が16万円と一般人ではついていけない金額まで高騰していますが、その価格分の魅力が詰まった極上の1台です。

本日はGalaxy Note20 Ultraのレビューをお届けしたいと思います。

私が購入したのはGalaxy Note20 Ultraの韓国版です。日本版とは僅かな違いありますが基本的なスペック・使い勝手は日本版と変わらないと思っていただければと思います。


ジャンプできる目次

Galaxy Note20 Ultraの外観

最上位モデルにふさわしい極上のデザイン

ミスティックブロンズ

こちらがGalaxy Note20 Ultraの背面です。

過去にいろんなスマートフォンを使いましたが、ここまで高級感のあるスマートフォンは初めてです。(ここまで高いものも初めてですが笑)

今回購入したカラーは新色のミスティックブロンズになります。

Galaxy Note20 Ultraのカラー(KDDI版)
  1. ミスティックブロンズ
  2. ミスティックブラック
Galaxy Note20 Ultra

背面はフロストガラスが採用されており、さらさらした質感で触っていてとても気持ちがいいです。

OPPO Reno3 Pro 5Gやiphone12と同じ質感で指紋が目立たずクールな印象で個人的にはかなり気に入っています。

ホールドした感覚
Galaxy Note20 Ultraのサイズ
  1. ディスプレイサイズ:6.9インチ
  2. 本体サイズ:164.8×77.2×8.1mm
  3. 重量:208g

Galaxy Note20 Ultraは6.9インチの大画面を搭載していることもあり、サイズはめちゃくちゃ大きいです。

ポケットの中にもすっぽりは収まりませんし片手で端まで操作はもちろんできません。しかも、ジーンズなどズボンによってはしゃがんだ時に腰に刺ささってくるので服を選びます。

ただ、Galaxy Noteはこのサイズでこそ魅力があるんです。コンパクトなモデルが欲しければGalaxy S20を買えばいいです。

信じられないほどインパクトの強いカメラレンズ

カメラ

カメラの急激な進化に伴い2年ほど前からカメラのレンズの出っ張りが目立つようになりました。

Galaxy Note20 Ultraのカメラの出っ張りは今まで使ったどのスマートフォンよりも強烈です。

Galaxy S20との比較
Galaxy S20との比較

Galaxy S20と比較しても、カメラのデザインは強烈です。

Galaxy S20のでっぱりなんて可愛いものだと思えてしまいますね。笑

カメラを横から見た図

横からみたらその出っ張り具合がよくわかります。

ガタつきがすごい

もちろん出っ張りがすごいので、机に置くと尋常じゃないレベルでガタつきます。

さすがにこの状態では使い勝手が悪いのでケースは必須かと思います。

ちなみに私はGalaxy Note20 Ultraの純正ケースであるSmart Clear View Coverを愛用しています。ケース自体の高級感も高いですし、カメラレンズもしっかり守ることができるのでおすすめです。

あわせて読みたい
【Galaxy Note20 Ultra】Smart Clear View Coverのレビュー|ラグジュアリー感満載な純正ケース
【Galaxy Note20 Ultra】Smart Clear View Coverのレビュー|ラグジュアリー感満載な純正ケースアクセサリーが豊富なGalaxyの中でも人気なのがケースの一部が透明になっている不思議なケース『Smart Clear View Cover』です。私はGalaxy Note20 Ultraの『Smart Cle...

ペリスコープ搭載のトリプルレンズ

トリプルレンズカメラ

カメラはトリプルレンズ構成+レーザーAFを搭載しています。

Galaxy Note20 Ultraのカメラ構成
  1. 12MP 超広角レンズ
  2. 108MP 広角レンズ
  3. 12MP 望遠レンズ(ペリスコープ)
  4. レーザーオートフォーカスセンサー

カメラデザインが特徴的で、レンズ周りがくり抜かれており、そこにレンズがあることがよくわかります。

一見するとiphoneのレンズにも似ているようにも思えます。

iphone12 Proとの比較

ただ、比べるてみとレンズの形がよくわかる点は似ているのですが、全く違うデザインであることがわかるかと思います。

気になるカメラのスペックはズーム倍率がGalaxy S20 Ultraの100倍から50倍へとダウンしていますが、100倍は実用性が皆無なので全く問題ありません。

特筆すべきはペリスコープの光学5倍ズームができる点で、画質の劣化がなく5倍ズームができるのはかなり活躍シーンがありそうです。

カメラのレビューの詳細は別章で解説します。

細部に至るまで妥協のないデザイン

底面
Galaxy Note20 Ultraの底面

上底面はGalaxy S20シリーズと異なりフラットな形をしています。

光沢の鏡面加工が施されており、フロストガラスとのアンバランスさが良さを引き立てています。

Galaxy Note10+との違いとしてSペンの収納位置が左(正面から見たとき)へと変更になりました。

側面

ボタン類(電源ボタン、音量キー)は右側面に集約されています。

ちょうど手に持ったときに親指の位置が電源ボタンに来るのでとても使いやすいです。

ラウンドエッジディスプレイ

表面のガラスはラウンド加工が施されており、縁ギリギリまでガラスで覆われています。

ラウンドディスプレイは賛否両論ありますが、デザインが美しいので個人的には好きです。ただ、エッジからの操作がやりづらくなるので一長一短あります。

Galaxy Note20 Ultraの付属品

こちらは韓国版の同梱品なのであくまで参考にしてください。

Galaxy Note20 Ultraの付属品
  1. クリアケース
  2. 25W充電器(Super Fast Charger対応)
  3. Type-Cケーブル
  4. イヤホン(Type-C端子)
  5. 説明書
  6. SIMピン

充電器は端子が違うため変換アダプタが必要です。ただ、キャリア版は付属しないので気にしなくていいでしょう。

クリアケース

クリアケースが付属している点がさすがGalaxyと言ったところでしょうか。

このクリアケースはカメラ周囲が高くなっているので、カメラレンズもしっかりと保護することができます。

OPPOやHUAWEI、Xiaomiなど中国勢はクリアケース付属が標準化していますが、Xperia、iphone、Googleなどはクリアケースは付属していません。

Sペン

そして忘れてはいけないのがSペンです。

SペンがあるからこそのNoteであると言っても過言ではありません。

今回Sペンも強化され、応答速度が120Hzに強化されました。

120HzはApple Pencilと同等レベルの応答速度で、Apple Pencilに水を開けられていたGalaxyのSペンですが同じ書き心地を実現できるようになりました。

Galaxy Note20 Ultraのディスプレイ

6.9インチの有機ELは圧巻の綺麗さ

6.9インチの有機ELは圧巻の綺麗さ

Galaxy Note20 UItraは6.9インチのダイナミック有機EL 2Xディスプレイを搭載しています。

もはや名前の意味はわかりませんが、要するに大迫力で高精彩な有機ELディスプレイを搭載していると言うことです。

ディスプレイはGalaxyらしく発色がよいのに加え、6.9インチの全画面ディスプレイがその良さを引き立てています。

ギリギリまでディスプレイ

ベゼルがほとんどないのでこんな遊び方もできちゃいます。

目立たない小さめなパンチホール

パンチホール

フロントカメラはパンチホールデザインを採用していますが、他のどのスマートフォンよりも小さく全く邪魔になりません。

Galaxy Note20 Ultraはこのパンチホールのフロントカメラを利用した顔認証に対応しています。

ディスプレイ内蔵の指紋認証を搭載

ディスプレイ内指紋認証

Galaxy Note20 Ultraは引き続きディスプレイ埋め込み型の指紋認証センサーを搭載しています。

iphone12シリーズはFace IDによる顔認証のみとなりましたが、マスクが手放せないこの状況ではやはり指紋認証の存在は偉大です。

他の方のレビューを見ていると認証精度は良くなっているようなのですが、残念ながら私の指ではそこまで進化を感じることができませんでした。

おそらく私の指の乾燥、肌荒れが酷いのでうまく認証できていないだけかと思います。

120Hz対応で超絶滑らか

Galaxy Note20 UltraはGalaxy S20シリーズ同様に120Hzのリフレッシュレートに対応しています。

Galaxy S20でも120Hzの滑らかさに感動しましたが、画面が大きくなるとその感動が倍増します。

6.9インチの有機ELディスプレイと120Hzリフレッシュレートは一度使ったら病みつきになる快感です。

ただし、120Hzのリフレッシュレートは電池持ちが悪化します。
また、最高画質であるWQHD+では120Hz表示はできず、FHD+となる点は注意が必要です。

Galaxy Note20 Ultraのカメラ性能

実用性の高い光学5倍ズーム

カメラ性能でまず注目すべきはペリスコープによる光学5倍ズームです。(写真2枚目)

5倍ズームだとかなり寄ることができます。1枚目と比べるとぐっと近づいているのがわかるかと思います。

それでもこの画質を保てているのはやはりペリスコープによる光学5倍ズームの恩恵が大きいでしょう。これぐらいのズーム性能があれば十分実用的かと思いました。

4.9倍以下は広角レンズよるデジタルズームになる点は注意が必要です。

逆に50倍ズームまでいくと粗が目立ちます。100倍ズームにするともっと粗が目立つだけなので、100倍ズームが削除されたのは特に問題ではないことがよくわかります。

夜景性能も圧巻

HUAWEIという2年ぐらい先をいくカメラスマホがいるため、Galaxyの夜景性能は日の目を見ていない印象がありますが、個人的にはGalaxyの夜景性能はとても評価しています。

こちらはiphone12 Proとの比較ですが、この明るさ、そしてノイズの少なさは素晴らしいと感じます。

単に明るければいいというものでもありませんが、肉眼よりも明るくかつ低ノイズで撮れる点はさすがGalaxyと思ってしまいます。

また、個人的に驚いたのが手持ち夜景でのズーム性能です。

こちらはナイトモードで5倍ズームしたものです。

手持ちで5倍ズーム撮影をしてこの鮮明さは驚異的です。

手持ちで夜景モードを撮ると、どうしてもブレが目立ってしまいますが、手振れはほとんどなく、くっきり鮮明に撮れています。

その他ナイトモードで撮影した写真を載せておきます。どれも明るくノイズが少なく撮れていることがわかります。

超広角までしっかり搭載

Galaxy Note20 Ultraは超広角レンズも搭載しており、ちょっとした風景や景色でも肉眼に近い画角で写真を撮ることができます。

若干空の色味が変わるのが気になりますがレンズが変わるので珍しいことではありません。

その他、シングルテイクやプロモードなど機能も満載

Galaxy Note20 UltraはGalaxy S20シリーズから搭載されたシングルテイクなど、プロモード、ライブフォーカスモードなど様々な機能を搭載しています。

シングルテイクについてはGalaxy S20のレビューで解説していますのでこちらも参考にしてください。

あわせて読みたい
Galaxy S20 5Gレビュー|電池持ちはイマイチながらデザインとカメラは大幅改善!
Galaxy S20 5Gレビュー|電池持ちはイマイチながらデザインとカメラは大幅改善!docomo版Galaxy S20 5Gを購入しました。ガッツリメイン回線として2週間使ってみたので、その使い勝手を良いところ、悪いところを踏まえて、レビューしたいと思います。...

手ぶれ補正もかなり強力

Galaxy Note20 UltraはGalaxy S20に引き続き強力な手ぶれ補正機能(スーパー手ぶれ補正)を搭載しています。

スーパー手ぶれ補正を使うとFPSが30に下がってしまうという欠点がありますが、それでもこの手ぶれ補正は本当に強力です。

ただ、個人的にはスーパー手ぶれ補正がなくても十分強力な手ぶれ補正を搭載しているのがGalaxy Note20 Ultraの魅力だと思います。

こちらはスーパー手ぶれ補正を使わずに撮影した動画です。歩きながらの撮影ですがほとんど手ぶれがないのがわかるかと思います。

もともとの手ぶれ補正が優秀なので相当な悪いコンディションでない限りは通常モードでも十分手振れの少ない動画を撮影することができると言えるでしょう。

Galaxy Note20 Ultraの処理性能

なんの不満もない圧倒的な処理性能

Galaxy Note20 Ultraは最新のSoCであるSnapgragon865+を搭載しています。

Galaxy S20シリーズはSnapgragon865なのでGalaxy Note20 Ultraは上位のSoCを搭載しています。

使い心地は至極快適で、普段遣いの操作なら完全に持て余しています。

Antutuのベンチマークスコアは58万〜59万点台です。

ただ、ベンチマークスコアが50万点を超えた辺りから体感ではほとんど違いを感じることができないので、快適以上の表現ができません笑

また、メモリも12GBと十分すぎる容量を搭載しています。

メモリ12GB

日常使いでは大体6GB〜8GB程度で十分なので常に4GB以上余裕を持って使うことができるのも快適に使えている理由だと思います。

Galaxy Note20 Ultraの電池持ち・充電性能

大容量バッテリーで1日は余裕!2日はちょっと難しいかも

Galaxy Note20 Ultraは4500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

数値自体は大きいですが画面サイズを考えると順当なバッテリ容量かもしれません。

実際に使ってみた感覚としては、『1日は余裕だが、2日は使い方次第』といったところでしょうか。

120Hzリフレッシュレートを有効にした場合の体感です。

バッテリー容量は大きいものの、大画面のディスプレイや5G、高い処理速度などバッテリーを多く消費する傾向にあるようです。

45W充電削除が悲しいが25Wでも十分早い!

Galaxy Note20 Ultraが唯一Galaxy Note10+に劣っている点が充電性能です。

Galaxy Note10+は最大45W充電に対応していましたが、Galaxy Note20 Ultraでは最大25W充電へとスペックダウンしてしまいました。

私はGalaxy純正充電器である45W充電に対応した『Travel Adapter』を持っているのですが、まさかの最大出力を出せなくなりとても残念です。

あわせて読みたい
Galaxy純正充電器 Travel Adapterのレビュー|45Wの爆速充電に純正という安心感が魅力
Galaxy純正充電器 Travel Adapterのレビュー|45Wの爆速充電に純正という安心感が魅力Galaxyの純正アクセサリーとして最大45Wの超急速充電に対応した『Tarvel Adpter』という充電器があります。電池容量がどんどん大きくなってきているので、より早く充電...

ただ、25W充電でも十分早いのでそこまで心配する必要はないかと思います。

Travel Adapterで充電
Travel Adapterで充電

4500mAhの大容量でありながら、1時間ちょっとあればフル充電できてしまいます。

私は毎日夜は充電をせずに朝の身支度を整えている時間で充電をするようにしているのですが、それでも80%近くまで充電ができるので1日は余裕で使うことができます。

ワイヤレスリバースチャージにも対応

ワイヤレスリバース給電

Galaxy S20に引きつづき、Galaxy Note20 Ultraはワイヤレスリバースチャージに対応しています。

使用頻度は高くないですがいざというときにあると助かる機能です。

Galaxy Note20 Ultraの使い勝手

Sペンの使い勝手が抜群

やはりGalaxy NoteといえばSペンです。

デザインなどの絵を書くことやメモといった用途で強さを発揮するSペンですが、普通のタッチペンを常に本体に収納できるというのはなにかと助かります。

Sペンは簡単に取り出し
さっと出して使える利便性が良い

例えばこれからの寒い季節、手袋をつけることが多くなるかと思いますが、Sペンがあれば手袋を着けたままで操作できます。

また、個人的に重宝しているのがテキストの抽出機能で、Sペンのボタンを押しながら文字に触れると、触れた場所のみをコピーすることができます。

テキストコピー
LINEアプリでテキストのコピーができる

Lineなどのメッセージアプリでテキストの一部分のみのコピーができないアプリでのこの機能は使うことができるので、日常的に使えるとても便利な機能です。

他にカメラのシャッターボタンとして使ったり、ジェスチャー操作ができたりと、メモ書きだけに使うなんてもったいないほど様々な用途で活躍してくれます。

スピーカー性能はめちゃめちゃ高い

Galaxy Note20 Ultraはステレオスピーカーを搭載しています。

Galaxy S20やiphone 12 Proと比べると、そのスピーカー性能の高さはレベルが違います。

音量はもちろん迫力のある低音を楽しむことができるので、Youtubeでの動画完了やビデオ鑑賞との相性は抜群です。

イヤホンでの再生も『Dolby Atmos』を有効にすると、違いがすぐにわかるほどの臨場感のある音楽を楽しむことができます。

One UIはAndroidの中でもかなり完成度が高い

Galaxy Note20 UltraはOne UIというUIを採用しており、他のAndroid機種に比べて細かいところまで気の利いたUIとなっています。

Galaxy Note20 Ultraの搭載しているOne UIバージョンは2.5です。

細かい点まであげるときりがないですが、サムスンが着実に改良を重ねてきた集大成がこのOne UIだと思います。

Galaxyだからこそできる機能はこちらの記事にまとめているので、参考にしてください。

あわせて読みたい
【Galaxyユーザー限定】他社スマホにはないGalaxyならではの便利機能まとめ
【Galaxyユーザー限定】他社スマホにはないGalaxyならではの便利機能まとめGalaxyが好きで毎日Galaxy S20を楽しくいじっている私ですが、スマホ好きでもあるのでサブ機でXperia、HUAWEI、OPPOなど様々スマホメーカーの機種を使っております。他...

必要なモノは全て揃っていて一切の妥協がない

Galaxy Note20 Ultraはさすが16万円もする超高級スマートフォンだけあって、その他のスペックや機能についても一切の妥協がありません。

  1. 5G対応
  2. 1TBのMicroSD対応
  3. 8K動画撮影
  4. 防水防塵仕様
  5. WiFi 6対応
  6. HDR10+対応
  7. 高速ワイヤレス充電対応
  8. おサイフケータイ/Felica(キャリア版のみ)

など、細かくご紹介はできていませんが、他のフラッグシップスマートフォンでは妥協してカットされそうな機能を全部盛り込まれている最強スマートフォンとなっています

価格こそ高いですがこのスペックを考えると16万円という値段になってしまうのも納得しています。

Galaxy Note20 Ultraのレビュー まとめ

長くなりましたがGalaxy Note20 Ultraのレビューをお届けしました。

16万円もする超ハイスペック端末というだけあって、高い処理性能、極上のデザイン、高水準なカメラ性能と一切の妥協がない素晴らしい端末に仕上がっています。

果たして16万円も払うほどの金額に見合う使い方ができるのかは疑問が残るところですが、最新・最高を追い求めている方には自信を持ってオススメしたい端末です!(モノはいいですが、高すぎて万人にはおすすめできません笑)

キャリアモデルはKDDIとNTTドコモ(発表前)から購入ができます。

ぜひGalaxy Note20 Ultraで最高のスマホ体験を手に入れてみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
【裏技】こんなことできるの!?Galaxyシリーズの隠し機能6個
【裏技】こんなことできるの!?Galaxyシリーズの隠し機能6個Galaxy S20をはじめとしたGalaxyスマートフォン(Galaxy S/Note/A)は他社のスマートフォンに比べ便利に使える機能が沢山搭載されています。本日はそんな便利機能をたく...
あわせて読みたい
Galaxy S20 5Gが発売された今でもGalaxy S10を買っても全く後悔しない3つの理由
Galaxy S20 5Gが発売された今でもGalaxy S10を買っても全く後悔しない3つの理由しみたくパパこんにちは!Galaxy愛好家のしみたくです!そろそろスマホ変えたいんだけど、Galaxy S20にするかS10にするか迷ってるの~。しみたくパパ個人的には最新のS2...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる