5万円以下で買えるおすすめスマホ 記事を読む

Galaxy Watch3(45mm)のレビュー|回転ベゼルが楽しく完成度が高いが価格も高い

Galaxy Watch3 レビュー
URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はGalaxy Watch3をご紹介します!

Galaxy Watch3は2020年に発売されたGalaxyの純正スマートウォッチです。

兄弟機であるGalaxy Watch Active2で廃止された回転ベゼルが復活し、全体的な改良が施された注目のスマートウォッチです。

私はGalaxy Watch3の45mmモデルのグローバル版(SM-R840)を購入しました。

そこで本日はGalaxy Watch3(SM-R840)を使ってみた感想をレビューしたいと思います。

あわせて読みたい
Galaxy Watch3とHUAWEI WATCH GT2 Pro|人気スマートウォッチを徹底比較
Galaxy Watch3とHUAWEI WATCH GT2 Pro|人気スマートウォッチを徹底比較こんにちは!しみたくです!今日は人気スマートウォッチを比較するよ!スマートウォッチもいろんな種類が発売されていますが、特に人気なのがGalaxy WatchとHUAWEI WATC...
ジャンプできる目次

Galaxy Watch3(45mm)の外観と付属品

シンプルでお洒落な化粧箱

化粧箱

こちらがGalaxy Watch3の化粧箱です。

今回購入したのはミスティックシルバーの45mmモデルです。

厚さ

薄い縦長の形状をしており、全体的に白基調でお洒落です。

付属品は超シンプル

付属品はGalaxy Watch3本体ワイヤレス充電器簡単な説明書のみと超シンプルです。

ワイヤレス充電器はUSB-Aオス端子となっており、ACアダプタは別途用意が必要です。

充電器

充電方法はこのように充電器にウォッチ本体を置くだけです。

そこまで強くはないですが、充電器には磁石が埋め込まれており、少しぐらいずれていても勝手にくっついてくれるので便利です。

クラシカルで高級感のある本体

本体

こちらがGalaxy Watch3の本体です。

私が今回購入したのは45mmのモデルとなります。

もう少し小柄な41mmモデルも用意されています。

本体

Galaxy Watch3最大の特徴ともいえる独自の回転ベゼルを備えるため、少しベゼルが厚くゴツいです。

エレガントというよりはクラシカルな印象です。

ステンレス

個人的に気に入っているのがこのサイドのステンレスです。

光沢加工とヘアライン加工をうまく組み合わせておりとても高級感が高いです。

サイドには2つのボタンがあり、上側”戻る”、下側に”ホームボタン”が割り当てられています。

また、Galaxy Watch3にはステンレス以外にチタンモデルも用意されています。

created by Rinker
by Galaxy
¥76,140 (2021/08/02 09:07:56時点 Amazon調べ-詳細)

45mmはちょうど良いサイズ感

サイズ感

実際に装着するとこんな感じです。

今回は45mmを選びましたが特に大きさは気にならず、ディスプレイサイズを考えるとこのサイズ感はとても気に入っています。

重量は約53.8 gですが特に重いと感じることはありません。

HUAWEI WATCH GT2 Proとの比較
HUAWEI WATCH GT2 Proとの比較

人気のスマートウォッチであるHUAWEI WATCH GT2 Proとのサイズ感を比較してみました。

Galaxy Watch3はHUAWEI WATCH GT2 Proと比べてひとまわりサイズが小さいです。

あわせて読みたい
HUAWEI WATCH GT2 Proのレビュー|圧倒的重厚感とバランスの取れたソフトが魅力!
HUAWEI WATCH GT2 Proのレビュー|圧倒的重厚感とバランスの取れたソフトが魅力!こんにちは!しみたくです!今日はHUAWEI WATCH GT2 Proをご紹介します!HUAWEI WATCH GT2シリーズの最新作である『HUAWEI WATCH GT2 Pro』は値段が3万円超とこれまで...

背面には各種センサーを搭載

背面には様々なセンサーが搭載されています。

Galaxy Watch3のセンサー
  1. 加速度
  2. 気圧
  3. ジャイロ
  4. 光学式心拍
  5. 環境光

着け心地の良い上質なレザー

Galaxy Watch3は本革のストラップを標準で採用しています。

開封直後は少し硬いですが1週間も使っているとかなり慣れてきます。

触り心地、着け心地はとても快適ですが、折れ目などの跡がつきやすいのネックです。Amazon等で替えのベルトを準備するのも良いでしょう。

Galaxy Watch3のディスプレイ

明るく視認性の高いディスプレイ

Galaxy Watch3は360 x 360解像度の1.4インチ有機ELディスプレイを搭載しています。

Galaxyらしくとても発色が良く見やすいディスプレイです。また、輝度も十分なので屋外でも問題なく操作することができます。

Galaxy Watch3の使い勝手

回転ベゼルが超快適

Galaxy Watch3の最大の強みが独自の回転ベゼルです。

こちらは触ってみるまでイメージが全くわきませんでしたが、実際に使ってみるとこの使い勝手はすぐに気に入りました

マウスのスクロールのように1回の回転でカチッと音なるためどこまで操作がしたのかがわかりやすい

タッチ操作での横スクロール1回がこのカチッなるベゼル回転に相当するため、自分が操作したいページにすぐにジャンプすることができます。

また、回転ベゼルでの画面オンもできるので、基本的にはこの回転ベゼルで操作をするのがメインになります。

クセになる操作感で、動作もサクサクなのでディスプレイサイズの小さいスマートウォッチでも快適に操作することができます。

標準機能だけでも十分使える

Galaxy Watch3はアプリをインストールすることできますが、思っていた以上に標準機能でいろいろな操作ができてしまいます。

例えばLINEやメールの返信です。

Galaxy Watch3はスマートフォンと連動して通知内容を表示することができます。

HUAWEI WATCH GT2 Proでは通知の確認(文字量に制限あり)しかできませんでしたが、Galaxy Watch3は内容の全文確認や返信もウォッチ単体でできます。

画面が小さいため文字入力には難がありますが、そういう場合にはプリセットされた返信を使うこともできます。

音楽再生についてもスマートフォン本体で再生している音楽の操作はもちろん、再生リストを表示して好きな曲までスキップすることも標準機能のウィジェットで操作できます。

ヘルストラッキング機能も充実

Galaxy Watch3はヘルスケア機能が充実しているのも魅力の一つです。

ヘルストラッキングで利用できる機能がこちらです。

  1. 睡眠分析
  2. 歩数計
  3. エクササイズ
  4. 心拍数測定
  5. ストレス
  6. 血中濃度測定
  7. 接種カロリー入力
  8. 水分接種量入力
  9. Together
  10. 女性の健康

たくさんの機能がありますが中でも個人的に歩数計睡眠分析はとても重宝します。

自分がどれぐらい運動できているのか、どれぐらい質の高い睡眠ができているのかといったデータを自動で蓄積し、ウォッチアプリもしくはスマートフォンの『S Health』から確認することができます。

ヘルスケアのためにスマートウォッチを購入する人も多いですが、ヘルスケア機能を求めてGalaxy Watch3を購入するのはとても良い選択だと思います。

また、今回購入したのはグローバル版なので血中濃度測定にも対応しています。

ウォッチフェイスカスタマイズが楽しい

ウォッチフェイスカスタマイズ

スマートウォッチの魅力は自由にカスタマイズできる文字盤です。

Galaxy Watch3には標準でたくさんのウォッチフェイスが用意されています。

気に入ったものがなければ『Galaxy Store』から多種多様なウォッチフェイスをダウンロード可能

電池消費量は増えますが、ライブ壁紙のような動きのあるウォッチフェイスも利用できるので、ウォッチフェイスのカスタマイズだけでもかなり楽しく使うことができます。

スピーカーが想像以上に優秀

Galaxy Watch3はスピーカーを内蔵しており、音楽の再生やアラーム、電話応答などの際に利用することができます。

正直スマートウォッチのスピーカーはおまけ程度にしか思っていませんでしたが、Galaxy Watch3のスピーカーはこのサイズの割にはかなり迫力があります

Galaxy Watch3はWiFi接続にも対応しているため、ウォッチ単体でSpotifyアプリから音楽再生ができるのでスマートフォンが近くにない状況でも音楽を楽しむような使い方もできてしまいます。

そこまで利用頻度は高くありませんが、ちょっとした音楽再生やハンズフリー通話などスピーカーがついていると何かと便利です。

Galaxyとの連携も良好

Apple WatchとiPhoneほどではありませんが、Galaxy Watch3もGalaxyスマートフォンならいろいろ連携して使うことができます。

電話や通知の連動はもちろん、Galaxyで設定したアラームをGalaxy Watchからコントロールできたり、端末のリモート追跡カメラのシャッターなど様々な場面で連携して使うことができます。

Galaxy Watch3の電池持ち・充電性能

丸3日は使える電池持ち

ウェアラブル端末で気になるのが電池持ちです。

実際にGalaxy Watch3を使ってみてフル充電なら3日間は連続して使うことができました。

電池持ちにはそこまで期待をしていなかったのですが、ここは想定に反して良い結果でした。

電池残量が少ないときには省電力モードに有効にすることでさらに電池を長持ちさせることが可能

省電力モードでも時間の確認や通知などの最低限は使うことができるためうっかり充電を忘れてしまっても1日は問題なく利用することができます。

フル充電には2〜3時間必要

Galaxy Watch3はワイヤレス充電に対応しており、付属のワイヤレス充電器もしくはスマートフォンのリバース充電でも本体の充電ができます。

フル充電にかかる時間は大体2〜3時間程度とそれなりに長い時間が必要なので充電のタイミングには注意が必要です。

ただし、Qi規格には対応していないため、汎用的なワイヤレス充電器では充電できません。

Galaxy Watch3のここが残念

本体の価格が高い

Galaxy Watch3

Galaxy Watch3の最大の欠点は価格です。

発売当初からだいぶ値段も落ち着いてきましたがそれでも国内版は41mmモデルで約40,000円、45mmモデルだと約44,000円とお世辞にも安いとは言えない価格です。

グローバル版であれば3万円前半とかなり安くなるので、少しでも安く手に入れたい方はグローバル版を検討するのもよいでしょう。

Felica非対応

Galaxy Watch3の残念なポイントの2つ目がFelicaに対応していない点です。

スマートウォッチならわざわざポケットから出す必要がないため、とてもおサイフケータイとの相性が良いのですが、残念ながらFelicaに対応していません。

Apple WatchはFelicaチップを搭載しているため、Suicaなどのおサイフケータイの利用ができます。

その代わりGalaxy Watch3はSamsung Payを搭載していますが、残念ながら日本国内ではSamsung Payは利用できません。

Galaxy Watch3のレビュー まとめ

Galaxy Watch3のレビューをお届けしました。

実際に使ってみた感想としては、クラシカルで重厚感のあるデザインに使い勝手の良い回転ベゼル、3日間のロングバッテリーと想像していた以上に気に入りました。

音楽の操作やLINEの通知確認など時計単体でできることも多いのでガジェットとしてとても面白い逸品です。

価格が高いことがネックですが、スマートウォッチ単体としての完成度はとても高いので、気になっている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
Galaxy S20よりもGalaxy S20 FEが狙い目!スナドラ865が6万円台で入手可能!
Galaxy S20よりもGalaxy S20 FEが狙い目!スナドラ865が6万円台で入手可能!Galaxy S20シリーズには日本未発売の端末にGalaxy S20 FE(Fan Editon)というモデルが存在しています。名前の通りファンのために作られたモデルで、かなり高額となってし...
あわせて読みたい
【Galaxyユーザー限定】他社スマホにはないGalaxyならではの便利機能まとめ
【Galaxyユーザー限定】他社スマホにはないGalaxyならではの便利機能まとめこんにちは!Galaxy愛好家のしみたくです!今日はGalaxyならではの便利機能を紹介するよ!Galaxyが好きで毎日Galaxy S20を楽しくいじっている私ですが、スマホ好きでも...
Galaxy Watch3 レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる