Amazon Music 今なら3ヶ月無料!!! 見てみる

OPPO Reno5 Aのレビュー|カメラだけじゃない!価格以上のスペックを備えたOPPOのコスパ優秀モデル!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はOPPO Reno5 Aのレビューをお届けします!

OPPO Reno5 Aはオウガ・ジャパンのつくったミドルレンジスマートフォンです。

約4万円という安価な価格ながら、Snapdragon765GというミドルハイレンジのCPUを搭載しており、コストパフォーマンスの高さは大人気モデルRedmi Note10 Proと並ぶと言われております。

SIMフリー版は6/11発売予定ですが、既にワイモバイル版では発売されており、私はワイモバイル版を購入しました。

そこで本日は、OPPO Reno5 Aを使ってわかった良い点やイマイチな点をレビューしたいと思います。

あわせて読みたい
Redmi Note 10 Proのレビュー|120Hz表示対応で優秀なカメラ!電池持ちは普通だが超優秀な1台! こんにちは!しみたくです!今日はRedmi Note 10 Proのレビューをお届けします! Redmi Note 10 Proは高いコストパフォーマンスで有名なXiaomiがつくった2021年期待のミ...

ジャンプできる目次

OPPO Reno5 Aのスペック

OPPO Reno5 Aのスペックこちらです。

スクロールできます
サイズ約W74.6×H162×8.2mm
重量約182g
SoC(CPU)Qualcomm® Snapdragon™ 765G
OSColorOS 11 based on Android™ 11
メモリ6GB(LPDDR4x)
ストレージ128GB
外部ストレージMicroSD(1TBまで)
バッテリー容量4,000mAh
ディスプレイ約6.5インチ 液晶
ディスプレイ解像度2400 x 1080 (FHD+)
リフレッシュレート90Hz/60Hz
メインカメラメイン 約6,400万画素約(f/1.7)/
超広角 約800万画素(f/2.2)/
モノクロ 約200万画素(f/2.4)/
マクロ 約200万画素(f/2.4)/
フロントカメラ約1600万画素(f/2.0)
生体認証背面指紋認証/顔認証
防水/防塵IP68 防水防塵
おサイフケータイ®対応
充電速度18W(PD/QC)
ワイヤレス充電非対応
イヤホンジャック搭載
WiFiIEEE802.11a/b/g/n/ac
SIMカードタイプデュアルSIMスロット(MicroSDカード排他利用)
ワイモバイルはシングルSIM
eSIM対応(ワイモバイルは非対応)
4GTD-LTE:38/39/40/41 (2545-2655MHz)/42
LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
5GSub6 対応
メーカー希望小売価格43,800円

ワイモバイル版とSIMフリー版はSIMカードがシングルSIMになっている以外は仕様は共通しています。

注目すべきはSoCに2020年モデルであればミドルハイレンジモデルに搭載されていたSnapdragon765Gを搭載しながら、4万円前後という安価な価格設定をしてきた点です。

こちらはPixel5はOPPO Reno5 5Gなどと同じSoCで処理速度は申し分ありません。

また日本仕様への対応が素晴らしく、おサイフケータイ防水防塵対応をしっかりと抑えている点がOPPOらしいアプローチです。

あわせて読みたい
Google Pixel5のレビュー|使ってみなきゃわからない!最新のPixelはやっぱり凄かった! こんにちは!しみたくです!今日はPixel5のレビューをお届けします! Googleの純正スマートフォンPixelシリーズの最新フラッグシップモデルが『Pixel5』です。 従来モデ...

OPPO Reno5 Aの付属品と外観

シンプルさが美しい化粧箱

化粧箱

こちらがOPPO Reno5 Aの化粧箱です。

OPPOの新色であるアイスブルーをイメージした澄んだ青色がおしゃれな化粧箱です。

化粧板の薄さ

昨今のトレンドである付属品カットを踏襲しており、箱の厚さはそれなりに薄くなっています。

付属品

付属品がこちらです。

OPPO Reno5 Aの付属品
  1. SIM取出し用ピン×1
  2. 安全ガイド×
  3. 1クイックガイド×1
  4. 保護フィルム(貼付済み)×1
  5. 保護ケース×1

保護ケースが付属されている点は良心的です。

箱が薄いだけあって内容物もすこし寂しくなっていますね。

目新しさはないが飽きのこないデザイン

OPPO Reno5 Aの背面

こちらがOPPO Reno5 Aの背面です。

デザイン自体に目新しさはありません。むしろ背面の指紋センサーがPixel5を彷彿とさせてきます。

素材はプラスチックなので少し安っぽいですが、この澄んだアイスブルーカラーはシンプルで好印象です。

OPPO Reno3 Aのようなグラデーションカラーではなくなった点は少し残念です。

あわせて読みたい
OPPO Reno3 Aのレビュー|処理能力不足感はあるが写真性能はピカイチ! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Reno3 Aのレビューをお届けするよ! 2019年のコスパ抜群モデル『OPPO Reno A』の後継機種にあたる『OPPO Reno3 A』が発売されま...
Pixel5
Pixel5

雰囲気が昔のデザインなので、あまり大きい印象を持っていなかったのですが、OPPO Reno5 Aは実はかなり大きいです。

Pixel5と比べるとその大きさの違いは歴然です。

一方で重量は182gと最近のスマートフォンにしては軽量な部類に入ります。

OPPO Reno5 Aのサイズと重量
  1. 縦: 約162.0mm
  2. 横: 約74.6mm
  3. 厚さ: 約8.2mm
  4. 重量: 約182g
サイズ感

手の小さな私には片手操作は難しい部類に入ります。

ラウンドフォルム

ただ、OPPO Reno5 Aの緩やかにラウンドした形状が手に馴染みやすく、とても持ちやすいです。

背面指紋

背面上部には指紋認証センサーおサイフケータイのロゴマークがあります。

本機のライバル機にあたるRedmi Note10 Proはおサイフケータイ非対応なので、おサイフケータイが必須な方はOPPO Reno5 Aがオススメです。

背面指紋センサー

比較的手の小さな私にとっては、背面指紋センサーの位置が少しだけ高いのが気になりますが、指を伸ばせばちゃんとタッチできます。

精度・速度ともに良好で、指を置くだけでロック解除できるためとても便利です。

あると嬉しいイヤホンジャック搭載

底面

OPPO Reno5 Aの底面にはイヤホンジャックが搭載されています。

ハイエンドスマートフォンでは削れがちなイヤホンジャックですが、ミドルレンジモデルは搭載しているものが多く、有線派にはとても嬉しいポイントです。

ただ、スピーカーはモノラルなのでスピーカーで動画や音楽を聴くといまいち臨場感に欠けます。

スピーカー性能は値段相応といったところです。

右側面には電源ボタン、左側面には音量ボタンが配置されています。

OPPOのスマートフォンはこの対称的なボタン配置が多いですが、個人的にはとてもイマイチです。

端末を持ち上げるときにうっかりスクリーンショットを取りがちだからです。

音量ボタンと電源ボタンでのスクリーンショットは設定から無効にすることができ、その代わりに3本指のスワイプでスクリーンショットが撮影できます。

OPPO Reno5 Aはカメラで選ばれたいスマホ

カメラ

OPPO Reno5 Aは”カメラで選ばれたいスマホ”をキャッチコピーにしており、最大 6,400 万画素4眼カメラをウリにしています。

カメラの出っ張りはわずかですが机に置くとガタつくのでケースを着けておきたいところです。

詳しくはカメラパートでご紹介します。

OPPO Reno5 Aのディスプレイ

ディスプレイは液晶だけど質は良い

OPPO Reno5 Aは約6.5インチの液晶ディスプレイを搭載しています。

OPPO Reno3 Aが有機ELであった点を考えるとこの点はスペックダウンしています。

ただ、液晶の発色は良く、色味もとても鮮やかなので、普段使いする分には全く気にならないかと思います。

液晶なので黒表示をした際に白っぽさが残るものの、そこまで気になるものではなく、むしろ焼き付きの心配がない分長く使えるというメリットも有ります。

あわせて読みたい
スマホの有機ELはどれぐらいで焼き付くのか?1年半使ったGalaxy S8で焼き付きを検証! ここ数年で有機ELディスプレイを採用したスマートフォンが増えましたね。昔はGalaxyだけの特徴でしたが、今ではiphoneやXperiaなど主要なスマートフォンは全て有機ELデ...
フラットディスプレイ

ディスプレイ面はフラットになっており、標準で画面保護フィルムが貼り付けてあります。

ミドルレンジながら90Hzリフレッシュレート対応

リフレッシュレート


OPPO Reno5 Aは90Hzのリフレッシュレートに対応しており、Redmi Note10 Proの120Hzには及びませんが、従来の60Hzに比べてなめらかな画面描写を味わうことができます。

普段はハイエンドスマートフォンの120Hz表示で使っている私ですが、もはや60Hz表示での使用は考えられません。

OPPO Reno5 Aの90Hzであれば特に不満はなく使うことができ、逆に電池持ちを考えるとバランスの良いリフレッシュレートだと思います。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートはどれが人気?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット こんにちは!しみたくです!今日はリフレッシュレートに関するお話しです! ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リ...

パンチホール型のフロントカメラ

OPPO Reno5 Aは画面左上部にパンチホール型のフロントカメラを搭載しています。

パンチホールのサイズは少し大きめですが、そこまで気にならない大きさです。

OPPO Reno5 Aのカメラ性能

最大6400万画素の4眼カメラ構成

OPPO Reno5 Aは”カメラで選ばれたいスマホ”というキャッチコピーを謳っており、自らがカメラので選ばれたいと主張するるほどカメラ性能に自信があるモデルとなっています。。

4万円前後の値段にしてはカメラ性能は充実しており、ハイエンドほどはお金が出せないけど、良いカメラが欲しい人にはおすすめしやすいモデルになっています。

OPPO Reno5 Aで撮影した写真

ここからは実際にOPPO Reno5 Aで撮影した写真をご紹介します。

OPPO系のスマートフォンはAI補正により、花の色味が鮮明に映ることが特徴です。

OPPO Reno5 Aも同じ傾向があり、花のビビッドな色合いが強く表現されています。

マクロレンズで撮影
マクロレンズで撮影

OPPO Reno5 Aはマクロレンズを搭載しているため、被写体にかなり寄った写真を撮影することができます。

色味や繊細さがイマイチな印象なのでマクロレンズはおまけ程度に考えたほうが良いかと思います。

料理は少し暖色系が強く、なかなか美味しそうに撮れます。

特に緑が強く強調されます。

青空はより現実よりもより青く映ります。

少しのっぺりした印象がありますが、普段使いでも十分な仕上がります。

超広角レンズを搭載しており、より広い画角での撮影ができます。

色味が全然違うのが気になります。

OPPO Reno5 Aは望遠レンズは搭載しておらず、デジタルズームとなります。

こちらは日の入り前に撮影した写真ですが、5倍ズームでもそれなりにきれいな絵が撮れている印象です。さすがに20倍は粗さが目立ち実用的ではありません。

OPPO Reno5 Aはナイトモードを搭載しており、暗所でも明るい写真を撮影することができます。

さすがにハイエンドモデルには劣りますが、全体的にノイズは少なくそれなりに満足する夜景が撮れます。

ただし、撮影処理時間が7秒(固定?)と少し長いのでもどかしく感じてしまいました。

動画撮影は手ブレ補正対応

OPPO Reno5 Aは以下の動画撮影モードに対応しています。

  1. 4K
  2. 1080p 60fps/30fps
  3. 720p 60fps/30fps

またアウトカメラとインカメラで同時に撮影するアウト・イン同時撮影に対応しており、動画撮影も楽しめるスマートフォンです。

アウト・イン同時撮影
image:OPPO

手ブレ補正機能を搭載しており、歩きながらの撮影でも手ブレの少ない動画を撮影することができます。

実際に歩きながら撮影した様子はきこちらを御覧ください。

OPPO Reno5 Aの処理性能・使い勝手

Snapdragon765Gで十分な処理性能

ベンチマークスコア
Antutu v9ベンチマークスコア

OPPO Reno5 AはSoCにミドルハイレンジに搭載されるSnapdragon765Gを搭載しています。

Antutu v9のベンチマークスコアは約38万点です。

実際に使ってみた感想としては、アプリの起動やスクロールなど日常的な使い方なら全く不満ありません。

ライバルであるRedmi Note10 ProはSnapdragon732Gなので、処理能力で言えば、OPPO Reno5 Aのほうが上です。

発熱が気になったが自然と改善

OPPO Reno5 Aのミドルレンジスマホとしての処理能力は申し分ないのですが、気になったのが発熱です。

Twitterを開いていただけで、どんどん本体温度が上昇し、40℃を超えることも珍しくありませんでした。

ただ、数日間使っていると発熱が急に収まり、同じSoCを搭載する機種と同程度の発熱レベルに落ち着きました。

最初は気になるかもしれませんが、数日間は様子を見ることをオススメします。

オシャレだが癖の強いColorOS

OPPO系のスマートフォンはAndroidをベースとしたOPPOのカスタムOSであるColorOSを搭載しています。

OPPOはデザインに力を入れており、オシャレさを売りにしたプロダクトをいくつも開発しています。

ColorOSもデザイン面に力が入っており、アニメーションや壁紙など随所にOPPOらしい良さを感じることができます。

ただ、イマイチな点がカスタマイズに少し癖があり、他のAndroidと比べて使いづらくなっている点があることです。

  1. タスクキルが強力で通知が来ない
  2. 電源ボタン2度押しでカメラが起動できない
  3. パターンロックが分かりづらい

XiaomiのMIUIはAndroidをベースに機能追加でカスタマイズ性を高めているのに対して、ColorOSは機能追加と制限を加えている印象があり、そのバランスが悪く癖が強いOSとなっている気がします。

とは言え、通知周りは設定を弄ればなんとかなるので、致命的に使えないものではないので安心してください

あわせて読みたい
【ColorOS】OPPO Reno5 A/OPPO A54を使いこなすためのおすすめ設定・便利機能 こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Reno5 A/OPPO A54のおすすめ設定をご紹介します! OPPO Reno5 A/OPPO A54はColorOSを搭載しており、一般のAndroidスマートフォン...

OPPO Reno5 Aの電池持ち

ライトな使い方なら2日は使える電池持ち

電池持ち
電池持ち

OPPO Reno5 Aは4,000mAhの比較的大きめなバッテリーを搭載しています。

実際に使ってみたところ、朝に残量77%で出社し、WEBやSNS、写真撮影などそれなりに使ってみて、夜の9時時点で残量が32%だったので、1日で45%程度の電池消費でした。

もっとライトな使い方なら2日程度は十分使えるので電池持ちは良いかと思います。

急速充電対応だが18Wなので早くない

OPPO Reno5 AはQCとPDの急速充電に対応しており、充電速度は18Wです。

バッテリー容量が大きいこともあり、18Wの急速充電では正直早いとは言えません

  1. 0分:電池残量27%
  2. 15分後:電池残量46%(+19%)
  3. 45分後:電池残量72%(+45%)
  4. 85分後:電池残量96%(+69%)

充電速度は80%を超えるとガクッと遅くなりますが、69%充電するのに1時間半程度の時間がかかっており、フル充電するとなればかなり時間を要します。

ライバルのRedmi Note10 Proは最大33Wなので、充電速度という点ではRedmi Note10 Proに大きく遅れをとっています。

また、OPPO Reno5 Aはワイヤレス充電には非対応です。

充電器は付属されていないので、別途18Wの急速充電に対応した充電器を購入することをオススメします。

あわせて読みたい
迷ったらコレを選べば間違いない!スマートフォン向けおすすめの充電器! こんにちは!しみたくです!今日はおすすめの充電器をご紹介します! スマートフォンの充電速度も年々高速化しており、コンパクトながら高出力な充電器が沢山登場してい...

OPPO Reno5 Aの購入方法

OPPO Reno5 AはMVNO各社およびワイモバイル、楽天モバイル、SIMフリー版での発売されます。

  1. OCNモバイルONE
  2. IIJmio
  3. 楽天モバイル
  4. Biglobeモバイル
  5. LIBMO
  6. nuro mobile
  7. Y!mobile
  8. Niftyモバイル

MVNOなら通信量も安価に抑えることができるので、これを機に携帯料金を見直すのも良いかと思います。

ワイモバイルなら約半額以下で購入ができるのでオススメです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
OPPO Reno5 Aを買うならワイモバイルが熱い!実質15,000円で購入できるチャンス! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Reno5 Aの情報をお届けします。 オウガ・ジャパン注目の2021年ミドルレンジ機種が『OPPO Reno5 A』です。 人気機種『OPPO Reno3 ...

また、各MNNOでかなりお得に購入ができるのでこちらも要チェックです!

あわせて読みたい
IIJmioならOPPO Reno5 Aはいくらで使える?本体価格・維持費・キャンペーン情報! こんにちは!しみたくです!今日はIIJmioのOPPO Reno5 Aについて紹介します! オウガ・ジャパンの提供する2021年注目のミドルレンジモデルが『OPPO Reno5 A』です。 昨...
あわせて読みたい
OCNモバイルONEでOPPO Reno5 Aはいくらで使える?本体価格・維持費を徹底解説 こんにちは!しみたくです!今日はOCNモバイルONEのOPPO Reno5 Aについてご紹介します! OPPO Renoシリーズを提供するオウガ・ジャパンから発売される2021年期待のミド...
created by Rinker
OPPO Japan
¥35,290 (2021/09/18 14:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

OPPO Reno5 Aのレビュー まとめ

今季大注目モデルOPPO Reno5 Aのレビューをお届けしました。

日本向けのカスタマイズがしっかりされた安心感に強化されたSoCとカメラ性能で、一段と使いやすいモデルへと進化していると感じました

最後にOPPO Reno5 Aの良い点・イマイチな点をまとめておきます。

OPPO Reno5 Aの良い点
  1. シンプルなデザイン
  2. MicroSD対応
  3. 防水防塵対応
  4. おサイフケータイ対応
  5. 持ちやすいラウンドフォルム
  6. 使いやすい背面指紋認証
  7. 90Hzリフレッシュレート対応
  8. ビビッドな色合いが印象的なカメラ
  9. ノイズの少ない夜景撮影
  10. 動画は手ブレ補正対応
  11. Snapdragon765Gの十分な処理性能
  12. 2日使える電池持ち
  13. MVNOならかなり安く買える
OPPO Reno5 Aのイマイチな点
  1. 充電器は付属なし
  2. モノラルスピーカー
  3. シングルSIM使用(ワイモバイルのみ)
  4. ワイヤレス充電非対応
  5. 有機ELではなく液晶
  6. 18W充電だが充電は遅い
  7. 癖の強いColorOS

OPPO Reno5 Aはバランスが良く、万人におすすめしやすいスマートフォンです。

気になっている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
OPPO Find X3 Proのレビュー|顕微鏡に10億色、差別化要素が光るOPPOのハイエンドスマホ! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Find X3 Proのレビューをお届けします! OPPO Find X3 Proはオウガ・ジャパンによる2021年のフラッグシップモデルです。 独特な...
あわせて読みたい
OPPO Reno3 5Gのレビュー|日本で手に入る貴重なミドルハイレンジモデル OPPO Reno3 5Gはソフトバンクのみから販売されている日本では珍しいミドルハイレンジのスマートフォンです。 ミドルハイレンジとは5万円以下のミドレンジと10万円前後の...
ahamoなら20GB使えて税込2980円/月

NTTドコモが提供するオンライン専用プラン『ahamo』なら20GBの大容量で5分以内の通話は無料、5Gも対応で月額2,980円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる