Amazon Music 今なら3ヶ月無料!!! 見てみる

Mi11 lite 5Gのレビュー|ゲームの最適化が改善され、電池持ち以外は優秀な超コスパモデルに!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はMi11 lite 5Gのレビューをお届けします!

Mi11 lite 5GはXiaomiがつくったコストパフォーマンスに優れた今季大注目のミドルレンジスマートフォンです。

43,800円という価格ながら圧倒的なパフォーマンスにFelica対応などの日本仕様をバッチリ抑えた死角のないモデルに仕上がっています。

本日はMi11 lite 5Gを使ってみてわかった良い点・悪い点についてレビューをお届けしたいと思います。

追記:記事内で解説していましたがゲームの最適化アップデートが遂に実装され、かなり動作が改善している模様です。


ジャンプできる目次

Mi11 lite 5Gのスペック

こちらがMi11 lite 5Gのスペック詳細です。

スクロールできます
サイズ約W75.7×H160×6.81mm
重量約159g
SoC(CPU)Qualcomm® Snapdragon™ 780G
OSMIUI 12(Android11ベース)
メモリ6GB(LPDDR4x)
ストレージ128GB(UFS 2.2)
外部ストレージMicroSD対応
バッテリー容量4,250mAh
ディスプレイ約6.55インチ AMOLED
ディスプレイ解像度2400 x 1080 (FHD+)
リフレッシュレート60Hz/90Hz
メインカメラメイン 約6,400万画素約(f/1.79)/
超広角 約800万画素(f/2.2)/
テレマクロ 約500万画素(f/2.4)
フロントカメラ約2000万画素(f/2.4)
生体認証指紋認証/顔認証
防水/防塵IP53 防水防塵
おサイフケータイ®対応
充電速度33W
ワイヤレス充電非対応
イヤホンジャック非搭載
WiFiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
SIMカードタイプデュアルSIMスロット(MicroSDカード排他利用)
eSIM非対応
4GTD-LTE:38/40/41
LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
5GNR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
メーカー希望小売価格43,800円

Mi11 lite 5Gは基本スペックが非常に高く、日本人が求めるおサイフケータイ(Felica)防水防塵仕様MicroSDなどのカスタマイズがしっかりと盛り込まれた隙きのないスペックに仕上がっています。

性能を大きく左右するSoCにはSnapgragpn780Gを搭載し、これまでのミドルレンジとは一線を画しています。

また、厚さが6.81mmと非常に薄く、本体重量が159gながら4250mAのバッテリーを搭載している点にも注目です。

Mi11 lite 5Gの付属品及び外観

シンプルな化粧箱に充実の付属品

化粧箱

こちらがMi11 lite 5Gの化粧箱です。

白一色のパッケージに文字だけとかなりシンプルです。

付属品

Mi11 lite 5Gの付属品がこちらです。

Mi11 lite 5Gの付属品
  1. AC アダプタ(33W充電対応)
  2. USB Type-C ケーブル
  3. SIMピン
  4. Type-C to 3.5 mm イヤホン アダプタ
  5. クリアケース
  6. クイックスタートガイド&保証書

最近では環境負荷を考慮し、充電器やクリアケースが省略されるモデルが増えてきましたが、Mi11 lite 5Gは従来どおりクリアケースにACアダプタが同梱されており、付属品はかなり充実しています。

純正充電器

特にありがたいのがこちらの33W対応の純正充電器です。

Mi11 lite 5Gは4250mAhという大容量バッテリーを搭載しているため、一般的な急速充電(18W)では少し物足りません。

こちらの充電器を使えば33Wで充電できるため、充電時間をかなり短縮することができます。

スリムで美しい本体

本体

こちらがMi11 lite 5G本体です。今回はミントグリーンを購入しました。

パステル系のエメラルドグリーンカラーで透明感がありとてもオシャレなカラーリングです。

背面のマット感

背面はRedmi Note10 Proと同様にマット加工が施されており、ほどよく光を吸収し高級感のある輝きを放っています。

滑りやすいのが難点ですが、指紋がつくにくいためこの質感はとても気に入っています。

Felica

Felicaに対応したNFCはカメラの右側に配置されています。

厚さ

Mi11 lite 5Gの魅力が本体の薄さです。

薄さは6.81mmとこのサイズ感のスマートフォンとしては圧倒的な薄さを誇ります。

2020年モデルではかなり小型の部類に属していたPixel5と比較すると本体のサイズ感は二周り大きいのですが、薄さはほぼ同じです。

重量も159gと200gを超えるモデルが続々と登場する最近の中ではかなりの軽さを誇ります。

ただ、本体が大きいためか持ったときに思ったよりも軽い印象を受けませんでした。

イヤホンジャックはなし・電源ボタンは指紋センサー兼用!

底面

Mi11 lite 5Gの下部にはスピーカーとUSB-Cポート、SIMトレーが搭載されています。

こちらのスピーカーは上部と合わせてステレオスピーカーとなっており、ミドルレンジとは思えない迫力のある音を鳴らしてくれす。

イヤホンジャックは搭載されておらず、ライバル機であるOPPO Reno5 Aとの異なる点です。

あわせて読みたい
OPPO Reno5 Aのレビュー|カメラだけじゃない!価格以上のスペックを備えたOPPOのコスパ優秀モデル! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Reno5 Aのレビューをお届けします! OPPO Reno5 Aはオウガ・ジャパンのつくったミドルレンジスマートフォンです。 約4万円という...

本体右側面に指紋認証兼用の電源ボタンとボリュームキーが配置されています。

指紋センサー

指紋センサーの位置が丁度良く、本体を持ったときに自然と親指でロック解除ができます。

指紋センサーの精度はとても良く、2週間近く使っていますがほとんど失敗したことはありません。そこそこ濡れていても反応してくれるのでとても使いやすい指紋センサーかと思います。

Xiaomi王道のトリプルカメラ

トリプルカメラ

Mi11 lite 5Gは最大6400万画素のトリプルレンズカメラを搭載しています。

1億画素を有するRedmi Note 10 Proほど強力ではありませんが、超広角に扱いやすいテレマクロレンズの3眼構成は2021年のXiaomiの王道の構成です。

詳しくはカメラのパートで作例を交えて紹介します。

あわせて読みたい
Redmi Note 10 Proのレビュー|120Hz表示対応で優秀なカメラ!電池持ちは普通だが超優秀な1台! こんにちは!しみたくです!今日はRedmi Note 10 Proのレビューをお届けします! Redmi Note 10 Proは高いコストパフォーマンスで有名なXiaomiがつくった2021年期待のミ...

Mi11 lite 5Gのディスプレイ

美しさと薄さを両立したPOLEDを採用

Mi11 lite 5Gのディスプレイ

Mi11 lite 5GはFHD+解像度の有機ELディスプレイを搭載しています。

発色が良く、コントラスト比の高いためコンテンツを楽しむにはもってこいのディスプレイをなっています。

また、Mi11 lite 5Gは6.81という薄さを実現するために、フレキシブルなPOLEDを採用しています。

この薄さを実現するためにはこのフレキシブルなPOLEDが不可欠だったとのことで、従来よりもコストがあがっているとのことですが、それでいながら43,800円に抑えられている点はさすがXiaomiです。

リフレッシュレートは90Hzを選択することができます。

Redmi Note 10 Proが120Hzであった点を考えると少し物足りないかもしれませんが、電池持ちの観点では90Hzが有利なので一長一短かと思います。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートはどれが人気?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット こんにちは!しみたくです!今日はリフレッシュレートに関するお話しです! ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リ...

気にならないレベルのパンチホール

パンチホール

左上部にはパンチホール型のフロントカメラが埋め込まれており、サイズはとても小さいため普段の利用で邪魔になることはほとんどありません。

Mi11 lite 5Gのカメラ性能

最大6400万画素のトリプルレンズ

トリプルレンズ
image;xiaomi

Mi11 lite 5Gは最大6400万画素のトリプルレンズを搭載しています。

望遠レンズがなかったり、超広角の画素数が低いなどハイエンド比べると見劣りするカメラ性能ですが、ミドルレンジモデルとしては十分高性能です。

特にメインカメラは6400万画素の高画素数で4つのピクセルを1つにまとめるピクセルビニング技術に対応しており、より多くの光を取り込むことができます。

また、他社ではおまけ程度のマクロレンズですがXiaomiは扱いやすいテレマクロとなっており、かなり実用的です。

Mi11 lite 5Gで撮影した作例

ここからは実際にMi11 lite 5Gで撮影した作例をご紹介します。

Mi11 lite 5G 作例1
Mi11 lite 5G 作例2

Xiaomiのカメラは簡単に言えば”SNS映えするカメラ”です。

全体的にコントラストと彩度が高く、くっきりした写りとなります。そのため実物とは少し違った写りになってしまいますが、撮ってそのままSNSに投稿できるような”映える”写真が撮れます。

AI補正をオンにしたときとオフにしたときの比較がこちらです。

AIをオンにすると空の青さや雲の明暗がはっきりしています。

現実はAIオフが近いですが、SNSで共有するならAIオンのような仕上がりのがいいですね。

Mi11 lite 5G 作例3

AIが自動で被写体を認識し最適な補正をしてくれます。こちらは料理として認識されておりわずかに暖色系の加工が施されることでいい感じに美味しそうな写真になっています。

Mi11 lite 5Gは500万画素のテレマクロレンズを搭載しており、他機種のマクロよりも少し被写体と距離をとった形で撮影することができます。

500万画素ですが、解像感はそれなりに高く十分実用的なレベルです。

トリプルレンズ構成ですが望遠レンズは搭載していないため、標準レンズによるデジタルズームとなります。

2倍まではほとんど粗さが目立たちませんが、やはり5倍となると引き伸ばされている感が出ています。

Mi11 lite 5Gのカメラで期待を上回って好印象だったのがナイトモードです。

白飛びや不自然な明暗差もなくハイエンドモデルに匹敵するレベルで健闘しています。

より低照度環境になるとセンサーサイズがそこまで大きないため違いが表れてくるかもしれませんが、この程度の都市夜景ならとても優秀です。

こちらは日中帯にトンネルの中で通常モードとナイトモードで撮影した写真です。

ナイトモードによりダイナミックレンジが広がり、白飛びがかなり抑えられています。

ライバル機にあたるOPPO Reno5 Aと比較してもその違いは一目瞭然です。

ライトトレイルで撮影

また、Mi11 lite 5Gには様々なモードが用意されているのも魅力の1つです。

例えば、こちらの写真のようなライトトレイルを撮影するには、他の機種ではプロモードで撮影する必要がありますが、Mi11 lite 5Gなら”長時間露光”というモードから簡単に撮影することができます。

こうしたカメラを使った楽しさを体験できるのもMi11 lite 5Gのカメラの良さです。

残念ポイントは動作のもたつき

作例を見てもらえると、43,800円という価格に対して十分すぎるカメラ性能を有していることがわかるかと思います。

そんなMi11 lite 5Gのカメラですが、残念なポイントもあります。

それが、動作のもたつきです。

Mi11 lite 5Gを使っていて、ふと写真を撮ろうと思ってカメラ起動してもなかなかシャッターを切れないシーンが結構な頻度で発生しました。

これが原因でシャッターチャンスを失うことも多々あり、かなりストレスを感じました。

Snapgragpn780Gの処理性能を考えるともっとサクサク動いてもおかしくないため、ソフトの最適化による改善がされることを期待します。

Mi11 lite 5Gの処理性能・使い勝手

ミドルレンジの常識を覆すパフォーマンス

Antutu v9のベンチマークスコア
Antutu v9のベンチマークスコア

Mi11 lite 5GはSnapgragpn780Gを搭載している唯一のミドルレンジスマートフォン(執筆時点)です。

その処理性能は凄まじく、ミドルレンジモデルのベンチマーク(Antutu V9)は2〜30万点台が一般的であったのに対して、約45万点と大きく引き離しています。

その処理性能の恩恵は十分にあり、Snapgragpn732Gを搭載したRedmi Note 10 Proでは随所に動作の重さを感じていましたが、Mi11 lite 5Gではそんな重さは一切感じることがありません。

動作の重さがネックでミドルレンジに乗り換えられなかった人たちにこそ使ってほしい快適さです。

処理能力は十分だがゲームには最適化されていない(アップデートで解消済み)

Mi11 lite 5Gの処理性能は素晴らしいのですが、残念ながらゲームをする前提なら現時点でMi11 lite 5Gは絶対にオススメしません。

いくつかゲームアプリをやってみましたが、動作がガクガクでプレイできたものではありません。

最適化がまだ施されていないことが原因と見られており、全ゲームアプリではないようですがゲーム利用ならMi11 lite 5Gはもう少し様子をみたほうが無難です。

直近のアップデートでゲーム関連の不具合は解消されています。

使うほど楽しいMIUI

image:miui.com

Mi11 lite 5GはXiaomi純正のカスタムOSであるMIUIを搭載しています。

MIUIはAndroidベースですが、かなりカスタマイズの幅が広く使えば使うほど使いやすく、楽しくなるOSです。

例えば、こちらのスーパー壁紙なんかはAlways On Displayとロック画面、ホーム画面がシームレスに繋がるMIUIならではの壁紙です。

MIUIの欠点として”動作が重い”というのが有りましたが、Mi11 lite 5Gの処理性能ならそんな心配も無用です。

カスタマイズできることが多く、最初は少し戸惑うこともありますが、そんな方のためにおすすめの設定をこちらで纏めていますので良ければ参考にしてください。

あわせて読みたい
Mi11 lite 5Gを使いこなすためのおすすめの設定・便利機能! こんにちは!しみたくです!今日はMi11 lite 5Gのおすすめ設定をご紹介します! Mi11 lite 5Gは43,800円という価格ながら十分すぎるパフォーマンスに薄型軽量な本体、妥...

Mi11 lite 5Gの電池持ち・充電速度

バッテリー容量こそ多いが電池持ちはいまいち

電池もち
image:xiaomi

Mi11 lite 5Gは4250mAhという大型のバッテリーを搭載していますが、実際に使ってみた感想といては、”電池持ちはイマイチ”です。

電池もち

写真撮影やWEB、SNSなどそこそこの利用頻度でなんとか1日持つレベルです。

ただ、こちらも最適化が今後進めば改善される可能性があるので、今後に期待したいところです。

33Wの充電速度は早い!

Mi11 lite 5Gは付属の充電器を使えば33Wの高速充電ができます。

Mi11 lite 5Gの充電速度
  1. 0分 8%
  2. 15分後 33%(+25%)
  3. 30分後 54%(+46%)
  4. 45分後 75%(+67%)

一般的なスマートフォンの充電速度が早くても18W程度(一部の中華スマホを除く)なので、33Wはとても早く、45分間あれば67%も充電することができます。

充電は毎日もしくは2日1回は行うものなので、充電速度が早いのは意外と助かります。

ただし、33W充電ができるのは付属の純正充電器を使っているときだけなので、高速で充電したい方は必ず付属の充電器を使うようにしましょう。

あわせて読みたい
迷ったらコレを選べば間違いない!スマートフォン向けおすすめの充電器! こんにちは!しみたくです!今日はおすすめの充電器をご紹介します! スマートフォンの充電速度も年々高速化しており、コンパクトながら高出力な充電器が沢山登場してい...

Mi11 lite 5Gのレビュー まとめ

Mi11 lite 5Gのレビューをお届けしました。

最後にMi11 lite 5Gの良い点・イマイチな点をまとめておきます。

Mi11 lite 5Gの良い点
  1. スリムかつ軽量な本体
  2. 妥協のない本体デザイン
  3. ミドルレンジとは思えないスピーカー性能
  4. SNS映えするカメラ
  5. 33Wの高速充電
  6. 防水防塵仕様
  7. MicroSD対応
  8. おサイフケータイ対応
  9. デュアルSIM対応
  10. 5G対応
  11. 43,800円
Mi11 lite 5Gのイマイチ点
  1. ゲームアプリへの最適化ができていない
  2. イヤホンジャック非搭載
  3. ワイヤレス充電非対応
  4. カメラ動作のもたつき
  5. 電池もちが悪い

43,800円という価格を考えると処理能力とカメラは十分すぎる完成度ですが、ゲームの最適化とカメラのもたつきだけが致命的な弱点です。

いづれもソフトウェアアップデートで修正される可能性があるため、気になる方は最新情報を要チェックです

Mi11 lite 5GはSIMフリーおよび各MVNOから販売されています。

Mi11 lite 5Gを扱うMNO/MVNO

特にOCNモバイルONEはもともとの端末価格が安い上に、MNP割引等も充実しているため、気になっている方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【キャンペーン特価】OCNモバイルONEでMi11 lite 5Gが安い! こんにちは!しみたくです!今日はOCNモバイルONEのMi11 lite 5Gをご紹介します! 圧倒的なコストパフォーマンスで今季大注目のミドルレンジ”Mi11 lite 5G”がOCNモバイ...

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
Xiaomi Mi11 グローバル版のレビュー|高級感抜群のXiaomiハイエンド!ただし、発熱と電池持ちに課題あり こんにちは!しみたくです!今日はMi11のレビューをお届けします! 日本ではコストパフォーマンスに優れたミドルレンジモデルで人気を誇るXiaomiの2021年のフラッグシッ...
あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 9Tのレビュー|期待し過ぎは禁物だが、確かにコスパは優秀な1台! こんにちは!しみたくです!今日はRedmi Note 9Tをご紹介します! Redmi Note 9Tは21,600円という低価格ならが5Gに対応した今季注目のモデルです。 ソフトバンクからの...
ahamoなら20GB使えて税込2980円/月

NTTドコモが提供するオンライン専用プラン『ahamo』なら20GBの大容量で5分以内の通話は無料、5Gも対応で月額2,980円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる