Amazon Music 今なら3ヶ月無料!!! 見てみる

Google Pixel 5aが遂に登場!他Pixelシリーズとの違いは?わかりにくすぎるラインナップを徹底解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はPixel5aと他のPixelシリーズの違いを解説します。

幻となりつつあったPixel5aですが、日本とアメリカでのPixel5aの発売が遂に発表されました。

Pixelのラインナップで末尾に”a”がつくものは廉価モデルの位置づけとなっており、Pixel 5aは昨年のフラッグシップモデルであるPixel5の廉価モデルとなります。

しかし、スペックを見ると廉価モデルではありながら、基本スペックは同一な箇所が多かったり、昨年発売されているPixel4a 5Gと酷似していたりとかなり分かりづらいです。

そこで本日は発表されたPixel 5a 5Gのスペック及び他のPixelシリーズとどんな違いがあるのかについて解説します。

ジャンプできる目次

Google Pixel 5a 5G と他Pixelとのスペック比較

スペック比較表

Google Pixel 5a (5G)
image:softbank

発表されたGoogle Pixel 5a 5Gと他のPixelシリーズ(ここではPixel5/4a 5G/4a)の比較表です。

注目すべき箇所を赤字にしています。

スクロールできます
モデルPixel5a 5GPixel5Pixel4a 5GPixel4a
サイズ154.9mm×73.7mm×7.6mm144.7mm×70.4mm×8.0mm153.9mm×74mm×8.2mm144.0mm×69.4mm×8.2mm
重量183g151g168g143g
SoC(CPU)Qualcomm® Snapdragon™ 765G Qualcomm® Snapdragon™ 765G Qualcomm® Snapdragon™ 765G Qualcomm® Snapdragon™ 765G 
インストールOSAndroid11Android11Android11Android 10
Googleフォト特典(高画質無制限アップロード)対象外対象対象対象
メモリ6 GB LPDDR4x8 GB LPDDR4x6 GB LPDDR4x6 GB LPDDR4x
ストレージ128GB128GB128GB128GB
外部ストレージなしなしなしなし
バッテリー容量4,680 mAh4,080 mAh3,885 mAh3,140 mAh
ディスプレイ約6.34インチ OLED約6.0.インチ フレキシブルOLED約6.24インチ OLED約5.8インチ OLED
ディスプレイ解像度FHD+(1,080 x2,400 )
OLED
FHD+(1080 x 2340)
フレキシブル OLED
FHD+(1080 x 2340)
OLED
FHD+(1080 x 2340)
OLED
リフレッシュレート60Hz60Hz/90Hz60Hz60Hz
メインカメラメイン:12.2MP
f/1.7
超広角:16.0MP
f/2.2
視野角118.7°
メイン:12.2MP
f/1.7
超広角:16.0MP
f/2.2
視野角117°
メイン:12.2MP
f/1.7
超広角:16.0MP
f/2.2
視野角117°
メイン:12.2MP
f/1.7
フロントカメラ約8MP
f/2.0
約8MP
f/2.0
約8MP
f/2.0
約8MP
f/2.0
生体認証指紋認証指紋認証指紋認証指紋認証
防水/防塵IP67IP68なしなし
おサイフケータイ®対応対応対応対応
充電速度最大18W最大18W最大18W最大18W
ワイヤレス充電非対応対応非対応非対応
イヤホンジャック搭載非搭載搭載搭載
WiFi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
SIMカードタイプシングルナノSIMシングルナノSIMシングルナノSIMシングルナノSIM
eSIM対応対応対応対応
5GSub6Sub6Sub6非対応
メーカー希望小売価格51,700円74,800円60,500円42,900円

Pixel5a 5GのスペックはPixel5の廉価版というよりもPixel4a 5Gの派生版といったほうが適切かもしれません。

Pixel5と比べると同じCPUとカメラを搭載しており、実際の使用感はほぼ変わらないと言えるでしょう。

ワイヤレス充電高リフレッシュレートに対応していない点を除けばほぼ仕様は共通しておりPixel5の廉価版と言われると少し違和感があります。

一方、Pixel4a 5Gと比較するとバッテリー容量が大きく防水対応で価格も安くなっています。一方でGoogleフォトの無制限アップロードが対象外であるなど一長一短があります。

Pixel 5a 5Gの特徴についてもう少し詳しく解説していきます。

Pixel 5a 5Gは最も薄く重いPixel

Pixel5a 5Gはディスプレイサイズが6.34インチで、Pixel4a 5Gの6.24インチよりも0.1インチ大きく、過去のPixelスマートフォンの中で最も大きなディスプレイを搭載しています。

そのため本体サイズも大きくなりますが、薄さは7.6mmとPixel5の8.0よりも薄くなっています。

大型のディスプレイを搭載しつつも、薄く持ちやすい本体がPixel5a 5Gの魅力です。

電池容量も最大だが重さも最大

Pixel5a 5Gはバッテリー容量が4,680 mAhとなっており、他社のフラッグシップモデルと遜色ない大容量バッテリーを搭載しています。

他社フラッグシップモデルのバッテリー容量
  1. Xperia 1 Ⅲ:4500mAh
  2. Galaxy S21:約4000mAh
  3. OPPO Find X3 Pro:4,500mAh
  4. AQUOS R6:5000mAh

Pixel4a 5Gの3,800 mAhと比べると約2割程度大きなバッテリーを搭載しており、電池持ちの向上が期待されます。

PixelスマートフォンはPixel4までは電池持ちが弱点でしたが、4aや5からはバッテリー容量が大きくなり、自動調整バッテリーによってかなり電池持ちが良くなりました。

Pixel5a 5Gでは更に電池持ちが良くなっていることが期待されます。

ただし、バッテリー容量が大きい分、重量も増大しています。

本体重量は183gで近年のハイエンドモデルと比べると軽い部類に入りますが、Pixelでは最も重い機種となります。

基本デザインは共通するが素材が異なる

Pixelスマートフォンのデザインは一貫しており、ラウンドエッジ加工されたフラットボディに正方形のカメラモジュールを左上に備えます。

指紋認証やロゴの位置も共通しており、異なるは本体サイズと使用されている素材です。

  1. Pixel5a 5G:プレミアム金属製ユニボディ
  2. Pixel5:100%リサイクルアルミニウム
  3. Pixel4a 5G:ポリカーボネート

Pixel4a 5Gがポリカーボネート(樹脂製)であったのに対して、Pixel5a 5Gは金属製であるため、高級感はPixel5a 5Gのほうが高いと言えます。

Pixel5のときもそうでしたが、なかなか写真では伝わりづらいため、気になる方は家電量販店など実機を触ることをオススメします。

Pixel 5a 5Gも4a 5Gも5も処理性能はほぼ同じ

今回発表されたPxiel 5a 5Gも昨年発売されているPixel4a 5G、Pixel5は実はすべてミドルハイレンジモデルのスマートフォンとなります。

すべてCPUにSnapgragon765Gを搭載しており、処理能力に営業があるのがメモリ容量だけです。(Pixel5のみ8GB、ほかは6GB)

しかし、この2GBはおそらく普段使いでは体感できるような違いは無いと思われるため、動作の快適さという観点ではどのモデルも同じであると言えるでしょう。

『廉価モデルだから処理能力が低い』はPixel5aには当てはまらないため、処理能力で他の機種を比較する必要がありません。

Googleフォトの無制限対象外

2021年6月よりGoogleフォトの無制限アップロードが終了し、高画質であってもGoogleアカウントの容量を消費する仕様となりました。

しかし、Pixel5以前のPixelスマートフォンは本仕様変更の対象外となっており、現在でも高画質設定であればGoogleアカウントの容量を消費せずに写真や動画をアップロードすることができます。

Google公式サイト

ここで重要なのがPixel5以前のスマートフォンと明示的に記載されている点です。

Pixel5a 5Gや既に公式サイトに掲載されているPixel6シリーズはPixelスマートフォンでありながら、Googleフォトの無制限アップロードの対象外である点は注意が必要です。

仕様変更以降もGoogleアカウントの容量を気にせずに写真を撮影できるのは大きなアドバンテージとなっているため、無制限アップロードを求める方はPixel5やPixel4a 5Gを選ぶようにしましょう。

リフレッシュレートは60Hz

Pixel5a 5Gはリフレッシュレートが従来と同じ60Hzなります。

Pixel5は90Hzに対応しているため、より滑らかな画面描写で操作することができます。

2020年までは高リフレッシュレートはハイエンドモデルだけのものでしたが、2021年はミドルレンジでも高リフレッシュレートの採用が加速しています。

ミドルレンジスマートフォンのリフレッシュレート
  1. Redmi Note10 Pro:120Hz
  2. Mi11 lite 5G:90Hz
  3. OPPO Reno5 A:90Hz
  4. OPPO A54 5G:90Hz
  5. Galaxy A52 5G:120Hz
  6. AQUOS sense4 plus:90Hz

ミドルレンジでも高リフレッシュレートを採用している機種は多く、一度高いリフレッシュレートに慣れると60Hzにはもう戻れないという声も多く聞くため、Pixel5a 5Gのリフレッシュレートはとても残念なポイントです。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートはどれが人気?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット こんにちは!しみたくです!今日はリフレッシュレートに関するお話しです! ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リ...

aシリーズ初めての防水

image:Google

PIxel5a 5GはIP67の防水防塵仕様となっており、aシリーズとして初めての防水防水防塵モデルとなります。

IP67とは

防水・防塵性能を表す規格 IP”防塵性能””防水性能”を示す

  1. IP6X:粉塵が内部に入らない
  2. IPX7:一時的に一定の水圧で水没しても内部に浸水しない

Pixel5a 5Gは十分な防水性能を有していると言えます。

ちなみにPixel5は更に上位のIP68に対応しています。

  1. IPX8:継続的に水没しても内部に浸水しない

Pixel4a 5Gの弱点でもあった防水性能が強化されたこともあり、防水性能を求めてPixel5a 5Gを選ぶもの良い選択と言えるでしょう。

Pixel 5a 5Gはワイヤレス充電非対応

Pixel5a 5Gはワイヤレス充電に対応していません。

Pixel5はワイヤレス充電およびバッテリーシェアに対応していたため、この点はPixel5から省かれた形となります。

コストパフォーマンスを考えるとPixel5a 5G

Pixel4a〜Pixel5a 5Gの価格(Googleストア価格)がこちらです。

  1. Pixel4a:42,900円
  2. Pixel4a 5G:60,500円
  3. Pixel5a 5G:51,700円
  4. Pixel5:74,800円

Pixel5やPixel4a 5Gはミドルハイレンジながら6万円を超えており、スペックに対しては割高となっていました。

Pixel4a 5Gからは基本スペックは据え置きつつ、防水対応、バッテリー容量の増加を計りつつ、51,700円まで値段が下がっており、価格で選ぶならPixel5a 5Gはとても良い選択肢です。

Google Pixel 5a 5Gの購入方法

Pixel5a 5Gは通信キャリアでSoftbankの独占販売、SIMフリーモデルはGoogleストアで購入することができます。

Softbankオンラインストア64,800円(トクするサポート+適用で32,400円)
Googleストア51,700円

例のごとくSoftbank版は割高な価格設定となっております。

Softbankで購入する唯一のメリットは『トクするサポート+』を適用できることです。

トクするサポート+は2年後にSoftbankに機種を返却し、機種変更をする事が前提となりますが、最大で半額の支払いが免除されます。

半額でSoftbankが端末を下取りしてくれるのは大きなメリットですので、2年後もSoftbankを使い続ける予定の人はSoftbankでの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Pixel5a 5Gは8月26日に発売です。予約はお早めに。

最後までご愛読ありがとうございました。

ahamoなら20GB使えて税込2980円/月

NTTドコモが提供するオンライン専用プラン『ahamo』なら20GBの大容量で5分以内の通話は無料、5Gも対応で月額2,980円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる