Amazon Music 今なら3ヶ月無料!!! 見てみる

realme GT Master Editionのレビュー|オシャレなデザイン・高い処理能力が3万円台で手に入る最強ミドルレンジ!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
しみたく

こんにちは!しみたくです!
今日はrealme GT Master Editionをご紹介します!

realme GT Master Editionのグローバル版が先日発表されました。

realmeは中国系のスマホメーカーでスマートフォンでまだ聴き馴染みの薄いメーカーですが、世界的には史上最速で出荷台数1億台を突破した勢いのあるメーカーです。

OPPOから派生したローエンドブランドであり、低価格でありながらコストパフォーマンスに優れたモデルをいくつも世に送り出しています。

realme GT Master Editionは深澤直人氏デザインのスーツケースをイメージした独特の本体デザインや、低価格ながら高性能SoCを搭載しつつも、魅力的な価格設定がされた今季注目のミドルレンジモデルです。

本日はrealme GT Master Edition グローバル版(RMX3363)をご提供いただきましたので、1週間程度ですがじっくりと触ってみてわかった良い点・イマイチな点をレビューしたいと思います。

以下のクーポンコード「GTMEJP10」を利用すると10%割引で購入できます!

あわせて読みたい
海外版のスマートフォンを購入するメリット・デメリットを徹底解説 こんにちは!しみたくです!今日は海外版のスマホのメリット・デメリットをご紹介します! スマートフォンを購入するときは携帯キャリアや家電量販店などで購入するのが...

ジャンプできる目次

realme GT Master Editionのレビュー

realme GT Master Editionのスペック

こちらがrealme GT Master Editionのスペックです。

スクロールできます
サイズ約73.5mm×約159.2mm×約8.0mm
重量約174g
カラーVoyager Grey(深澤直人氏デザイン)
Daybreak Blue
Cosmos Black
SoC(CPU)Qualcomm® Snapdragon™778G 5G
OSAndroid11
UIrealme UI 2.0
メモリ8GB(RAM拡張2〜5GB)
ストレージ256GB
外部ストレージ非対応
バッテリー容量4300mAh
ディスプレイ約6.43インチ/AMOLD
ディスプレイ解像度1080 × 2400 • FHD+
リフレッシュレート120Hz/60Hz
メインカメラ超広角:8MP/F値2.3
広角:64MP/F値1.8
マクロ:2MP/F値2.4
フロントカメラ32MP
生体認証画面内指紋認証/顔認証
防水/防塵なし
おサイフケータイ®なし
充電速度65W SuperDart
ワイヤレス充電なし
イヤホンジャックあり
WiFiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
SIMカードタイプデュアルnanoSIMスロット
eSIM非対応
4GFDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
TDD-LTE:38/39/40/41
5Gn1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
価格$299/$339(34,728円〜48,396円)

位置づけとしてはミドルレンジモデルながらスペックはかなり充実しています。

注目ポイント
  1. Snapdragon 778G搭載
  2. 最大65W SuperDart
  3. 120Hz対応AMOLED
  4. $299/$339の低価格

同価格帯で発売されているミドルレンジに比べると高性能なSoCであるSnapdragon778Gを搭載し、65WのSuper Dart充電によりハイエンドモデル以上の充電速度を誇ります。

それでいて価格は日本円にして3〜4万円前後なので、スペックをだけ見てもコストパフォーマンスの高さが伺えます。

realme GT Master Edition

本体デザインは深澤直人氏とコラボしたスーツケースをイメージしたVoyager Greyが用意されており、デザイン面でもこだわりが詰まっています。

ぜひケースなしで使いたい魅力的なデザインとなっており、こちらのモデルIFデザインアワード2021を受賞しています。

ただ、本日レビューするのはVoyager Greyではなく、Daybreak Blueとなります。

バンドの対応状況も充実しており、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の主要バンドは網羅されています。

デフォルトでVoLTEは解放されています
実際に楽天SIMで動作確認をしたところしっかりと認識しました。

realme GT Master Editionの付属品・外観

スタイリッシュな化粧箱に充実の付属品

化粧箱

realme GT Master Editionの化粧箱がこちらです。

エッジ部分にロゴがプリントされたスタイリッシュなデザインです。

付属品

realme GT Master Editionの付属品がこちらです。

付属品
  1. ケース
  2. 充電器(65W Super Dart対応)
  3. USBケーブル
  4. SIMピン
  5. 説明書

最近では環境負荷の観点から同梱品を省略するモデルが多くありますが、realme GT Master Editionの付属品はかなり充実しています。

付属のケース

ケースは他の機種にあるようなクリアケースではなく、グレーカラーのTPUケースです。

本体がブルーなのにケースがグレーなのが少し相性が気になります・・・

とは言え、ケースにはしっかりロゴも印字されており、サラサラしたさわり心地で質感はとても気にっています。

柔らかい

かなり柔らかく弾力があるため、本体をしっかり守ってくれます。

あわせて読みたい
スマホケースは必要?つける派・つけない派のメリット/デメリットを考えてみる こんにちは!『スマホケース』について考えてみたいと思います。 スマートフォンを購入したらケースを買いますよね? 僕は頻繁にスマホを変える人ですが、やっぱりその...
Super Dart充電器

同梱品として65W Super Dartに対応した充電器も付属しています。

一般的なPD対応充電器であればAmazon等で簡単に入手できますが、独自規格はなかなか入手ができないため同梱してくれるのはとてもありがたい(と言うよりも、してくれないと困る)ですね。

プラグは日本で使えるA型なのは嬉しいです。

見る角度で姿を変えるグラデーションカラー

背面

今回ご提供いただいたのがDaybreak Blueです。

綺羅びやかなグラデーションカラーでマットな質感でとても洒落ています。

グラデーション

見る角度によって青や紫、黄色など七色に輝くグラデーションカラーがとても美しいです。

最近のハイエンドモデルはどちらかというとシックな雰囲気のカラーが増えてきており、こうした派手なグラデーションカラーは少なくなってきた印象があります。

色合い的にはOPPO Reno3 5GやLG wingと親しいですね。

こうしたグラデーションカラーは未だに気に入っている方も多いのではないかと思います。

コンパクトで持ちやすい本体

Pixel5との比較

realme GT Master Editionは6.43インチの大画面を搭載しながら、横幅が73.5mmでとても持ちやすいです。

コンパクトさが売りのPixel5と比較しても縦の長さこそ違いますが、横幅はほぼ同じです。

ラウンドエッジ

背面はラウンドエッジ加工されており、しっくりと手に馴染みます。

側面フレームは少し安っぽい印象

側面

側面フレームは光沢のある質感となり、悪くはないですが少し安っぽい印象があります。

底面

本体底面にはスピーカーとUSB端子、イヤホンジャックを搭載しています。

realme GT Master Editionはモノラルスピーカーなので、どうしてもステレオスピーカーと比べると見劣ります。

どうしても音は軽い印象があり、スピーカー性能を求めるのであれば上位モデルのrealme GT Master Explorer Editionが良いでしょう。

本体右側面には電源ボタン、左側面には音量ボタンを配置するOPPO,realmeでは一般的なボタン配置です。

対照に配置するのはデザイン面ではバランスが優れていますが、机から本体を持ち上げるときに電源ボタンと音量ボタンを同時押ししてしまいスクリーンショットを誤発してしまう難点があり、個人的には好きではありません。

音量ボタン+電源ボタンでのスクリーンショットは設定でオフにすることができます。

望遠なしのトリプルレンズ構成

トリプルレンズ

realme GT Master Editionのカメラは64MPのメインカメラに、8MPの超広角、2MPのマクロレンズを備えるトリプルレンズ構成です。

カメラの台座には背面とは別の素材が使われておりデザイン面で良いアクセントとなっています。詳しくはカメラパートで解説します。

realme GT Master Editionのディスプレイ

サムスン製のAMOLED搭載で120Hz対応

ディスプレイ

ディスプレイはサムスン製のAMOEDを採用しており、解像度は1080×2400と少し低めですが、リフレッシュレートは120Hzに対応しています。

DCI-P3 色域カバー率100%、コントラスト比が「6,000,000:1」と再現性は高く、美しいディスプレイです。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートはどれが人気?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット こんにちは!しみたくです!今日はリフレッシュレートに関するお話しです! ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リ...
ディスプレイ2

本体背面はラウンドエッジですが、ディスプレイはフラットとなっており、デフォルトで画面保護フィルムが貼り付けられています。

ピーク輝度は1000nitsなので屋外でもしっかりと画面を確認することができます。

フロントカメラはパンチホール

パンチホール

フロントカメラは画面左上にはパンチホールで搭載されています。

パンチホールのサイズは小さいため使用しているときに特に気になることはありません。

画面内指紋認証を搭載

画面内指紋認証

指紋認証はディスプレイ埋め込み型となっており、速度・精度は良好で使い勝手が良いです。

画面内指紋認証を搭載したスマホを数多く触ってきましたが、間違いなく上位に食い込む精度と速度の速さです。

あわせて読みたい
Galaxy/Xperia/Pixelなど!指紋認証センサーの認証精度を劇的に改善する方法! こんにちは!しみたくです!今日はGalaxyやXperiaなどの指紋認証精度を大幅に改善する方法を紹介するよ! GalaxyやXperia、Pixelなどスマートフォンには指紋認証センサ...

realme GT Master Editionのカメラ

スペックはそこそこだがストリートモードが魅力

カメラ
image:realme

realme GT Master Editionのカメラ構成がこちらです。

カメラ構成
  1. 超広角:8MP/F値2.3 119℃
  2. 広角:64MP/F値1.8
  3. マクロ:2MP/F値2.4

超広角、広角、マクロのトリプルレンズ構成で望遠レンズはありません。カメラスペックも控えめで性能はミドル〜ミドルハイとしては標準的です。

realme GT Master Editionの強みはカメラスペックではなく、ストリートフォトグラフィーモードと呼ばれる所謂フィルターです。

ストリートフォトグラフィーはカメラアプリで定評のあるNOMO CAMとコラボレーションした機能となっており、オシャレなフィルターを簡単に楽しむことができます。

ここからは実際にrealme GT Master Editionで撮影した写真をご紹介します。

realme GT Master Editionの作例

ストリートモードには9個のフィルターが搭載されており、どれもオシャレで思わずいろんなフィルターで写真を撮ってしまいます。

1枚目はフィルターなしの通常モードでの作例です。フィルター1つで写真の印象がガラッと変わり、SNSにそのまま投稿できるような映える写真に仕上がっています。

ただし、あくまでフィルターなのでかけ過ぎは要注意です。

ストリートモード

ストリートモードはカメラの「その他」にカテゴライズされており、これ以外には”画面OFF時に音量ボタン2度押し”で直接ストリートモードを起動するようにカスタマイズすることができます。

ただ、音量ボタン2度押しはモードは起動しても、画面オンにならないなど、いまいち動作が不安定でうまく動かない場面が多々あったので私は直接切り替えて使っています。

realme GT Master Editionは電源ボタン2度押しでカメラは起動できません。

正直な話、カメラアプリでフィルター機能を有しているものは本機以外にも沢山ありますし、アプリストアでも沢山用意されています。

realme GT Master Editionの新しいのはそれを使うことをメーカーが推奨し、使いやすくカスタマイズしているところにあります。

私はフィルターを使って撮影することはほぼ皆無でしたが、使ってみるとその楽しさに意外とハマってしまいました。

もちろん用意されているフィルターもクオリティが高いというのも要因の1つですが、『新しい撮る楽しさを教えてくれる』そんなスマートフォンです。

標準モードではカメラの色味は割と忠実に再現してくれる印象です。花撮りは丁度いいと思いました。

マクロレンズ
マクロレンズで撮影

独立したマクロレンズを搭載しており、4cmまで接写できますが、画質はあまり高くなく暗めです。

realme GT Master Edition 作例2

ダイナミックレンジは広く、HDRがよく効いています。

realme GT Master Edition 作例3

AIが木々の緑を検知し美しい色味を表現してくれます。背景もいい感じでボケます。

望遠レンズは非搭載なのでデジタルズームとなります。5倍までいくと粗が目立ちますが、2倍程度なら劣化が少なく十分実用的です。

ナイトモードを搭載しており、手持ちの暗所撮影でもマルチフレーム合成により明るくくっきりとした写真を撮ることができます。

暖色系、特に赤色が強めに映る印象があり、現実離れしている点は気になりますが、比較的ノイズの少ない写真を撮ることができます。

OISはなしだが、手ブレ補正有効でフルHD60fps撮影可能

realme GT Master Editionでは以下のモードで動画を撮影できます。

  1. 4K:30fps/60fps
  2. 1080P:30fps/60fps
  3. 720P:30fps/60fps
  4. EIS(電子式手ブレ補正):標準/MAX

OIS(光学式手ブレ補正)は搭載していませんが、EIS(電子式手ブレ補正)を搭載しているため、歩きながらの撮影でもほとんど手ブレしない動画を撮影することができます。

特にEIS有効時でもフルHD 60fpsで撮影ができた点はgoodです!

また、OPPOのCMでも使われていたアウト/イン同時動画撮影や映画モードも搭載されており、動画撮影も十分楽しめるモデルに仕上がっています。

realme GT Master Editionの処理能力・使い勝手

Snapdragon778G 5Gは十分すぎるパフォーマンス

CPU

realme GT Master EditionはSnapdragon778G 5Gを搭載しており、ミドルレンジのSoCですが高い処理能力を有しています。

ベンチマークスコア

Antutuベンチマークスコアは約51万点を記録しており、ベンチマークスコアからも処理性能の高さを垣間見れます。

体感の動作も非常に快適で、もたつきやひっかかりなど一切感じません。WEBブラウジングやTwitterなどのライトなアプリの動作であればハイエンドモデルと遜色ない使い勝手だと思いました。

また、メモリは8GBと必要十分な上に、拡張RAMにも対応しています。

RAM拡張

設定画面から2/3/5GBで空きストレージを仮想メモリとして割り当てることができます。

実際に5GBを割り当ててみて、体感できる違いはありませんが、こうした拡張機能があるのは面白いですね。

ゲームプレイも全く問題なし

realme GT Master EditionはGTモードを搭載しており、ゲーム中のパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

原神やCall of Duty Mobile、プロセカなど有名所のゲームを一通りやってみましてみましたが、とても快適にプレイすることができました。

少なくともMi11 lite 5Gにあるようなカクつきや音ズレなどは一切なく、うまくチューニングされていると感じました。

あわせて読みたい
Mi11 lite 5Gのレビュー|性能・カメラが高水準!電池持ちはイマイチでゲームは最適化待ち こんにちは!しみたくです!今日はMi11 lite 5Gのレビューをお届けします! Mi11 lite 5GはXiaomiがつくったコストパフォーマンスに優れた今季大注目のミドルレンジスマ...

realme UIはほぼColor OS

realme GT Master EditionはAndroid11のrealme UI 2.0を搭載しています。

実はこれが初めてのrealme UIだったのですが、使ってみて感じたのはほとんどOPPOのColor OSだなということです。

デザイン面へのこだわりや沢山の便利な機能が搭載されている一方で通知やタスクキルは周りは独特な挙動で少し慣れやチューニングが必要だと感じました。

特に通知はいまいち掴みどころがなく、アプリを開かないとGmailの通知がこないため、別のメーラーをインストールして使っています。

あわせて読みたい
OPPO Find X3 Proのレビュー|顕微鏡に10億色、差別化要素が光るOPPOのハイエンドスマホ! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Find X3 Proのレビューをお届けします! OPPO Find X3 Proはオウガ・ジャパンによる2021年のフラッグシップモデルです。 独特な...

realme GT Master Editionの電池持ち・充電性能

4300mAhの大型バッテリー搭載で電池持ちは良好!

realme GT Master Editionは4300mAhの大型のバッテリーを搭載しており、電池持ちは良好です。

電池持ち

朝方に満充電のままほぼ1日写真や動画撮影、SNS、WEBブラウジングを多用しましたが、18頃でも30%はバッテリーが残っており、ガッツリ1日使える電池持ちです。

もっとライトな使い方であれば1回のフル充電で1日半〜2日は持つと思います。

65W Super DARTが驚異的な速さ

Super Dart
image:realme

realme GT Master EditionはSuperDartと呼ばれるremlme独自の65W充電に対応しています。

付属の充電器を利用すれば最大65Wという驚異的な速さで充電することができます。

ライバル機に当たるMi11 lite 5Gが33Wなので、ミドルレンジとしては圧倒的な充電速度です。

realme GT Master Editionの充電速度
  1. 充電開始:17%
  2. 10分後:55%(+38%)
  3. 20分後:88%(+71%)

たった20分程度で80%近く充電でき、感動的なレベルで充電が完了します。

充電速度は軽視されがちですが、実際に使ってみると、早く充電したい場面は意外と多く、充電速度の速さの恩恵をしっかりと受けることができます。

ただ、コスト削減のためかワイヤレス充電には対応していません。

realme GT Master Editionのレビュー

realme GT Master Editionのレビューをお届けしました。

最後にrealme GT Master Editionの良い点・イマイチな点をまとめておきます。

realme GT Master Editionの良い点
  1. 深澤直人氏コラボのオシャレなデザイン
  2. 鮮やかなグラデーションカラー
  3. 充実した付属品
  4. 快適な画面内指紋認証
  5. 高品質なAMOED
  6. 楽しさ広がるストリートモード
  7. 実用的な動画撮影
  8. 十分な電池持ち
  9. Snapdragn778Gによる高い処理性能
  10. ゲーム最適化
  11. 65W Super Dart
  12. 手を出しやすい価格($299/$339)
realme GT Master Editionのイマイチな点
  1. モノラルスピーカー
  2. ワイヤレス充電非対応
  3. 癖の強いrealme UI
  4. 日本未発売(今後に期待!)

一通り使ってみた感想としては、素晴らしく完成度の高いミドルレンジモデルだということです。

動作の快適さはもちろん、撮るのが楽しくなるカメラやオシャレなデザイン、圧倒的な充電速度など他社ハイエンドよりも優れいている箇所も多く、間違いなく万人受けする機種です。

realme GT Master Editionはaliexpressで購入することができます。

以下のクーポンコードを利用すると10%割引で購入できます!

GTMEJP10

発売開始となる2021年8月23日午後4時から6時間限定のワールドプレミアセールが開催されるので、興味がある方はお見逃しなく!

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
OPPO Reno5 Aのレビュー|カメラだけじゃない!価格以上のスペックを備えたOPPOのコスパ優秀モデル! こんにちは!しみたくです!今日はOPPO Reno5 Aのレビューをお届けします! OPPO Reno5 Aはオウガ・ジャパンのつくったミドルレンジスマートフォンです。 約4万円という...
ahamoなら20GB使えて税込2980円/月

NTTドコモが提供するオンライン専用プラン『ahamo』なら20GBの大容量で5分以内の通話は無料、5Gも対応で月額2,980円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 2021年でエントリーですらステレオが増えてるのにモノラルは割と致命的な欠陥でそれが売り上げの低迷につながったのかな?ゲームはほんとシャオミダメ。タブレットのXiaomi Pad 5 Proでもあまり褒められた動作してないし

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる