Amazonブラックフライデーおすすめ商品まとめ 見てみる

Pixel6 Proのレビュー!ハイエンドに返り咲いたPixelの完成度は素晴らしかった!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

Google Pxiel6 Proは2021年のGoogle Pixelシリーズ待望のフラッグシップモデルで、独自SoCのTensorや刷新されたデザイン、大幅強化されたカメラなど今季大注目のハイエンド機種です。

Pixel5はSoCやカメラ性能は控えめなスペックを抑えたミドルハイレンジモデルでしたが、Pixel6シリーズはハイエンドモデルとして登場しました!

私は実際にPixel6 Proを購入しました。そこで本日は実際にGoogle Pixel6 Proを触って感じた良さやイマイチな点についてご紹介します。

しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Google Pixel6 Proの注目ポイント

Pixel6 Pro
image:google

Pixel6 ProはGoogleが作った2021年のフラッグシップモデルです。Pixel6 Proの注目すべきポイントはこちらです。

Pixel6 Proの注目ポイント

  1. Google独自開発のTensorプロセッサーを搭載
  2. 刷新された本体デザイン
  3. メインカメラ性能の向上
  4. ペリスコープ式の望遠レンズ搭載
  5. 120Hzリフレッシュレート対応のエッジディスプレイ

Pixel6 ProのBadポイント

  1. 顔認証非対応
  2. MicroSD非対応
  3. 重量210g

Pixel6 Proの値段(税込)

  1. Googleストア:116,600円
  2. Softbank:127440円

GoogleのAIを最大限に発揮するために開発したTensorプロセッサーを搭載し、デザインやカメラ、ディスプレイなど随所で大幅なスペックアップが施されました。

ハイエンドモデルにしては116,600円と手を出しやすい価格帯なのも魅力的なポイントです。

Google Pixel6 Pro カメラバンプが奇抜で斬新なデザイン

Pixel6 Proの付属品

こちらのGoogle Original Chipsは付属品ではなく、緩衝材代わりとしてダンボールに入っていました。

本来は捨てられてしまうただけの緩衝材におやつを使うことで無駄な資源を減らしつつ、しっかり自社の新型ChipsをアピールするあたりにGoogleの遊び心が満載ですね。

同梱品

こちらがPixel6 Pro本体と付属品一覧です。

Pixel6 Proの付属品

  1. 本体
  2. 説明書
  3. USB-Cケーブル
  4. USB-A to C変換アダプタ

昨今の流れもあり、充電器は同梱されていません。

また、Pixelシリーズはケースや保護フィルム等もついてこないのでとてもシンプルです。

Pixel6 Proのデザイン

本体

こちらがPixel6 Proの背面デザインです。今回はSorta Sunnyというカラーを購入しました。

カラバリ
image:google

Pixel6 ProのカラーリングはCloudy White,Sorta Sunny,Stormy Blackの3色用意されています。

Pixel4から直近発売されたPixel5a 5GまでPixelのデザインは一貫していましたが、Pixel6では大幅に刷新されました。

Pixel3aとの比較
Pixel3aとの比較

カメラユニットを境に上下でツートンカラーとなっている点はPixel3シリーズの雰囲気があり、やはりPixelらしさを感じます。

カメラ

特に印象的なのがこのカメラバンプです。Nexus6Pを彷彿とさせる横配置カメラの専有面積です。

しみたく

存在感ありすぎです(笑)

カメラバー

実物を見た感じ、個人的にはそこまで好みではないデザインだなぁというのが正直な感想です。

ただ、左上部にカメラユニットを置く昨今の似たりよったりの流れを考えるとこうした奇抜なデザインは大歓迎です。

遠くから見てもすぐにPixel6ユーザーだとわかりますね(笑)

ラウンドエッジ

Pixel6 Proは表裏面どちらもラウンドエッジ加工が施されており、手のひらへの収まり具合は素晴らしいです。

側面のフレームや背面のガラスの質感は非常に高級感があり、フラッグシップモデルとしての質感の高さをしっかりと感じます。

画面サイズが6.7インチとスマートフォンの中でもかなり大型の部類に入るため、片手でのホールドはかなり厳しいです。

そして重量210gとなかなか重さがあるため、腕にずっしりと重さを感じます。

背面は光沢系のガラス素材なので、スーパーツルツルテカテカボディとなっており、ケース無しで使うとすぐに落とす自信しかありません。(笑)

Google純正ケース
Google純正ケース装着時

私は一緒に購入した純正ケースを使っています。意外と気に入っています。

あわせて読みたい
Pixel6 Pro Google純正ケースのレビュー!なんだかんだで純正ケースは安定感抜群! カメラデザインが奇抜なPixel6/6 Proはケース選びに苦労しますよね。 いろんなケースを探しましたが、私は結局Google純正ケースに決めました。Pixel5世代の純正ケースよ...
あわせて読みたい
Google Pixel5のレビュー|使ってみなきゃわからない!最新のPixelはやっぱり凄かった! こんにちは!しみたくです!今日はPixel5のレビューをお届けします! Googleの純正スマートフォンPixelシリーズの最新フラッグシップモデルが『Pixel5』です。 従来モデ...

Pixel6 Proの端子・ボタン配置

電源ボタンと音量キー

Pixel6 Proは右側面に電源ボタンと音量キーが配置されており、電源ボタンが上に位置しています。

おそらくほとんどのAndroidは電源ボタンが下に位置する配置のため、初めてPixelを使う人は少し戸惑うかもしれません。

私はGalaxyをサブ機に使っていますが、カメラ起動しようとして音量を操作することはしょっちゅうです。このあたり統一感を出してくれたら助かるのですが、普通はスマホは1台しか使わないので慣れの問題かもしれません。

ただ、ボタンはフレームと材質が異なっており、クリック感も良好で精巧に作られてます。

端子

底面にはスピーカーとUSB端子が配置されています。

Pixel6 Proはステレオスピーカーを搭載しており、Pixel5と比較するとかなり改善しています。

上面

上面のみ電波(ミリ波)の関係で素材が異なっています。

Google Pixel6 Proの美しいラウンドエッジディスプレイ

Pixel6 Proはリフレッシュレート120Hz対応

ディスプレイ

Pixel6 ProはQHD+(1,440 x 3,120)解像度のLTPOディスプレイを搭載しています。

リフレッシュレートはPixelシリーズ初の120Hz対応です。

電池持ちを考えるとQHD+から下げたいところですが、Pixelは解像度を変更できません。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートはどれが人気?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット こんにちは!しみたくです!今日はリフレッシュレートに関するお話しです! ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リ...
解像度

ディスプレイ自体は解像度が高く発色もとても良いです。

エッジディスプレイ

Pixel6 Proはディスプレイの側面がラウンドしたエッジディスプレイを採用しています。※Pixel6はフラット

操作性や保護フィルムの貼りづらさなどデメリットはありますが、デザイン的には見惚れてしまう美しさがあります。

パンチホール

画面上部にはパンチホール型のインカメラを搭載しています。小さいのでそんなに目立ちません。

Pixel6 Proの指紋認証

指紋認証

Pixel6 ProはPixelとして初めて画面内指紋認証センサーを採用しています。

デフォルトの保護フィルムが貼り付けられていない状況であれば、それなりの認証精度、速度なのですがフィルムを貼ると精度が急に悪化します。

しみたく

愛用していたメーカーのガラスフィルムを早速1枚捨てました。。。

画面内指紋認証の精度の低さは2〜3年前の初期のころに話題になりましたが、最近では精度の高いモデルも多く登場しているため正直この点はノーマークでした。

感覚的にはGalaxy S10やS20と同じレベルです。ようやく画面内指紋認証を採用したのにこの完成度は残念です。

少しでも指紋認証の精度を改善させたい方は以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Galaxy/Xperia/Pixelなど!指紋認証センサーの認証精度を劇的に改善する方法! こんにちは!しみたくです!今日はGalaxyやXperiaなどの指紋認証精度を大幅に改善する方法を紹介するよ! GalaxyやXperia、Pixelなどスマートフォンには指紋認証センサ...

Google Pixel6 Pro カメラ性能は望遠強化で楽しさ広がる

Pixel6 Proのカメラ作例

Pixel6シリーズはPixel3からようやく3年ぶりにメインカメラが刷新されました。

センサーサイズが大きく、高画素化することでハードウェアの進化の恩恵も受けつつ独自SoCのTensorによる強力なソフトウェア処理が期待できます。

ここからはPixel6 Proで撮影した写真をご紹介します。

作例1
作例5

スマホカメラは被写体を検出して、コントラストや彩度、色合いを補正することで撮って出しで映えるとしてくれるのが魅力である一方で過度な補正が目につくことがあります。

個人的にPixelのカメラは色の表現がとても上手で花撮りなどはグラデーションをしっかり表現できる数少ないカメラだと思っています。

Pixel6 Proも同様で解像感が高く、色合いも忠実で素晴らしいです。

作例
作例2
通常モードで撮影

Pixel6シリーズのまず目についたのがボケの量です。

こちらは通常モード(ポートレートではない)を使用して撮影した写真ですがポートレートモードで撮影したようなボケ感があるのがおわかりいただけるかと思います。

センサーサイズが巨大化したことでこうした自然なボケ味を楽しむことができるようになりました。

Before Image After Image

Pixel4とラーメンを撮り比べてみました。これまでのPixelは少し暗く寒色系の傾向が強かったため、メシマズ写真になりがちでしたが、Pixel6 ProはAI補正がうまく効いておりかなり美味しそうに撮れています。

作例3
作例4

一方でポートレートモードもやはり面白いです。境界線の検出がうまく、Pixelらしさを感じる深みのある写真が撮れます。

Before Image After Image

こちらはPixel4とポートレートモードを比較した写真です。

Pixel6 Proのほうが葉っぱと背景の境界検出の精度がかなり良くなっているのがわかるかと思います。

Pixel6シリーズでモーションモードというソフトウェア被写体の動きを表現する機能が追加されました。

これが正解なのかはわかりませんが、車がこのままタイムスリップしてしまいそうな躍動感のある写真が撮れました(笑)

気を取り直して、動いている電車を撮影してみました。

Before Image After Image

これだけ明るい状況下だとこうしたスマホではこうした流し撮りはほぼ不可能ですが、Pixel6 Proなら独自のAI技術で電車の動きを認識し、画像処理により動きを表現できます。

Before Image After Image

モーションモードは広角レンズだけでなく超広角や望遠レンズでも利用することができます。

スマートフォンのナイトモードでは水面の流線を表現できませんでしたが、モーションモードを使えば水の軌道を表現することができます。こうした使い方も面白いですね。

Pixel6 Proは光学4倍の望遠レンズを搭載しています。そのため4倍ズームでも鮮明な写真を撮ることができますし、20倍ズームもかなり実用的な範囲内となっています。

ただし、Pixel6 ProはGalaxyやHUAWEIなどの100倍ズームなどの20倍以上のズームはそのそもができない仕様となっています。

確かに20倍以上のズームはハードウェアスペックを見せびらかすだけで、実用性は皆無ですので一般層をターゲットしているPixelとしては妥当な判断と思いました。

しみたく

ロマンよりも実用性!Pixelらしいです!

作例6
4倍デジタルズーム

Pixel6シリーズはマクロレンズを搭載していないため、被写体に寄った写真を撮ることはできません。

そんなときは標準レンズの4倍デジタルズームが非常に強力で、上の作例のようにマクロ風な寄った写真を撮ることはできます。こうしたところに高画素化の恩恵を感じることができます。

ちなみにPixel6 Proの望遠レンズは本体側が焦点距離を考えて自動で切り替えをするため、近くの被写体を撮影している状態で4倍ズームを選択しても望遠レンズには切り替わりません。切り替えにコンマ数秒要することがあります。

Pixelといえばナイトモードが有名で、数年前からスマートフォンの夜景性能を牽引してきた存在です。

Pixel6 Proでも夜景性能は健在でノイズが少なく、くっきりとした夜景を手持ちで簡単に撮影することができます。

ナイトモードはすべてのレンズで利用できます。

こちらは手持ちでの撮影ですが、手ブレの影響はほとんどなく鮮明な写真を撮ることができます。

標準レンズが素晴らしいのはもちろんですが、Proに搭載されている4倍望遠のナイトモードがまた素晴らしいです。

望遠レンズのナイトモードの性能で言えば、ブレが少なく写りは鮮明ですし、標準レンズのような過度な明るさもないのでとても使い勝手良いです。

ただ、夜景性能が旧モデルから飛躍的に向上しているかと言われると、なんとも言えないかもしれません。

先日TwitterでPixel3aで同じ構図で撮影した写真とどちらがPixel6 Proで撮影したものと思うかアンケートを撮ったのですが、まさかの51%がPixel3aの作例をPxiel6 Proと間違えました。

1284の投票数なので精度はかなり高いと思います。これはPixel3aの時代からすでに完成されたソフトウェア技術をGoogleが作っていたということですね。

じゃあ旧Pixelから進化してないかというとそんなことはなく、シーンに寄ってはセンサーサイズが巨大化し、AIも進化したPixel6 Proらしさを感じることもできます。

Pixel6 Proのカメラ関連機能

候補を選定

Pixel6シリーズから追加された面白い機能が”消しゴムマジック”です。これはPixelが写り込んだ人などの自動でピックアップし消去してくる機能です。

Galaxy S21シリーズでも同様の消しゴム機能が搭載されていますがあちらは消したい対象部をタップする必要があるのに対して、Pixelは自動検出してくれます。

Before Image After Image

完璧ではありませんが、結構綺麗に消してくれます。ビフォーアフターで見るからわかる話であって消した写真を見せられてもおそらく誰も気づかないでしょう。

まさにAIをフル活用した機能です。

消しゴムマジックはGoogleフォトの1機能として提供されるため、過去の写真でもPixel6 Pro上からであれば利用可能

あわせて読みたい
Galaxy S21シリーズの消しゴム機能!写り込んでしまったものはAIで自動除去! こんにちは!しみたくです!今日はGalaxy S21シリーズの消しゴム機能をご紹介します! Galaxy S21シリーズの注目機能の1つがうっかり写り込んでしまったものをAIで自動...

Pixel6 Proの動画性能

センサーサイズが多くなった恩恵は動画性能にもダイレクトに影響します。

Pixel6 Proでは以下のモードで動画撮影が可能です。

Pixel6 Proの動画撮影モード

  1. FHD Auto/30fps/60fps
  2. 4K 30fps/60fps

OISにより強力な手ブレ補正も働き、センサーサイズの巨大化によりボケ味が増えたことで撮れる画はかなりクオリティが高いです。

ただ、動画については1点気になったことがあります。それが望遠レンズの使い所です。

Pixel6 Proは光学4倍ズームの望遠レンズを搭載しているため、遠くの被写体は4倍ズームで撮りたいのですが、4K30fps以外では望遠レンズが機能しません。4倍ズームをしてもそれは標準レンズのデジタルズームとなります。

個人的には60fpsで滑らかさがお気に入りなのでこの仕様はすごく残念です。動画撮影目当てで望遠レンズがついているPixel6 Proを選ぶのはあまり良い選択ではないかと思いました。

Pixel6 Proのカメラ総評

Pixel6 Pro

もともと強力なコンピュテーショナルフォトグラフィーで自然でありながら表現力の高い写真を撮れることに定評のあったPixelですが、Pixel6 Proでもその強さは顕在しています。

センサーサイズが大きくなったことでポートレートの強みが少し薄れてしまった反面、境界の検出や自然なボケ味を楽しめるようになった点は喜ばしいポイントです。

4倍望遠も十分綺麗なのですがもう少し切り替えがわかりやすく、多くの撮影モードに対応してくれると思いました。

Google Pixel6 Pro Android12で最先端の使い勝手

Pixel6 Proのベンチマークスコア

ベンチマーク

Pixel6で一番気になるのがGoogle独自のCPU『Tensor』かと思います。

いろいろ噂されましたが、実際のベンチマークスコアを測定すると70万点近くのスコアを出しており、1〜2年前のハイエンド級のパフォーマンスは有しているのがわかります。

デモ機では発熱の酷さが話題となっていましたが、私が使っている限りだと発熱はほとんど気になりません

もちろんカメラやゲームなどの負荷の高いアプリを開くと発熱はありますが、WEBブラウジングやSNS程度の利用なら問題はないでしょう。

Pixel6 Proのソフトウェア

Android12

Pixel6 Proは最新のAndroid12を搭載しており、UIの統一感やアニメーションがとにかく綺麗です。

もともとPixelシリーズはスペックに対して軽快に動作することで評判でしたが、Pixel6シリーズではTensorのパワーでその使い心地の良さに磨きがかかっています。

120Hzも相まってアニメーションはとにかく滑らかで美しいですし、他社のハイエンドにたまにあるジェスチャーナビゲーションのもたつきも一切ありません。

PixelとTensorの組み合わせはまるで水を得た魚のように素晴らしい使い心地を実現してくれています。

Pixel6 ProのAI機能

Tensorプロセッサはカメラや単純な動作面だけでなく、AIを使った様々な処理で威力を発揮します。

Pixelにプリインストールされているレコーダーのリアルタイム書き起こし機能を使ってみましたが、精度の高さに感動しました。

私はTeamsのトランスクリプションで文字の書き起こしとして使っているのですが、Pixelと比較すると雲泥の差です。しかもこれはクラウドではなく、Pixel本体で動作するから驚きです。

書き起こしの速さから精度の高さまで本当に素晴らしく、すぐにでも仕事で活用して議事録作成などで役立てます。

この精度で書き起こしができれば、同時通訳や自動要約などへの応用も期待でき、まだまだAIが活躍する領域の広さを思い知らされました。

このためにPixel6買っても損しないぐらい凄まじい完成度です。

Pixel6 Proは相変わらずスクショの音が消せない

スマートフォンのスクリーンショットを撮影するときの挙動はメーカーごとに異なっており、マナーモードであればスクリーンショットの音が消える機種がほとんどです。

そんな中、従来から国内版のPixelはスクリーンショットの音を消すことができない仕様となっており、Pixel6シリーズでもこの仕様は変わっていません。

シャッター音ならまだしもスクリーンショットまで結構な音量の音が鳴るのこの仕様は非常にナンセンスなので早く修正されないかと願っています。

サードパーティ製のアプリを使う以下の方法で無音でスクリーンショットを撮影することはできますので、気になる方は読んでみてください。

あわせて読みたい
【Pixelユーザー向け】スクリーンショットを無音で撮影する方法 こんにちは!しみたくです!今日はPixelで無音のスクリーンショットを撮影する便利な方法をご紹介します。 スマートフォンのスクリーンショットはとても便利な機能で、...

Google Pixel6 Pro 電池持ち

Pixel6 Proは約5,000mAhのかなり大容量のバッテリーを搭載しています。

しかし、電池持ちが良いかと言われると、そこまで良くはない印象です。

ガッツリ使って1日持つかどうかぐらいの電池持ちかと思いました。

昼過ぎに約80%から使い始め、SNSやカメラなどそれなりに使用頻度が高い日で、就寝前には20%を切っていました。

使い方にもよりますが、朝一から使うとギリギリ持つか持たないかぐらいでしょう。

Google Pixel6 Pro レビューまとめ この性能で11万はコスパ素晴らしい!

実際にGoogle Pixel6 Proを使って感じた点のレビューをお届けしました。

久しぶりのハイエンドとして登場したPixel6 Proですが他社ハイエンドに引けを取らない魅力たっぷりのスマートフォンに仕上がっています。

端末を返却する前提ならソフトバンクのカエトクサポート+での購入もお得に買うことができます。

Pixel6とPixel6 Proはここ違う

4万円の価格差のあるPixel6とPixel6 Proです。この2機種には主に以下のような違いがあります。

機種Pixel6Pixel6 Pro
メモリ8GB12GB
ディスプレイFHD+(1,080 x 2,340)
リフレッシュレート90Hz
QHD+(1,440 x 3,120)とPro
リフレッシュレート120Hz
ディスプレイタイプフラットエッジ
望遠レンズなしあり
価格(Googleストア)74,800円116,600円

細かい違いはちらほらありますが、特筆すべきはカメラ(望遠レンズ)とディスプレイ性能です。

特に望遠レンズに魅力を感じる人はPixel6 Proがオススメですが、価格差が4万円以上あり悩ましいところです。

その他詳しいスペック比較についてはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
Pixel6とPixel6 Proは何が違う?各モデルの違いやPixel5シリーズからの進化点を解説 こんにちは!しみたくです!今日はPixel6とProの違いや5シリーズからの進化点について解説します。 Googleの2021年のフラッグシップモデルであるPixel6とPixel6 Proが発...

大注目の最新Pixelをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
Pixel6/6 Proのデメリット|微妙すぎる指紋認証/絶妙に使いづらいAndroid12。ソフトアップデートに期待 こんにちは、しみたくです。今日はPixel6シリーズのデメリットをご紹介します。 Pixel6 ProはGoogleが作ったPixelスマートフォンの2021年フラッグシップモデルです。独...
あわせて読みたい
キャリアのiPhone13シリーズを買うのは損なのか?最新iPhoneはどこで買うのがお得なのか真剣に考えてみた こんにちは!しみたくです!今日はどこでiPhoneを買うのがお得なのか真剣に考えてみました。 ついに先日iPhone13が発売されましたね。今回はかなり品薄が続いているよう...
ahamoなら20GB使えて税込2980円/月

NTTドコモが提供するオンライン専用プラン『ahamo』なら20GBの大容量で5分以内の通話は無料、5Gも対応で月額2,980円(税込)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる