Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

ドコモのiPhone12を回線契約なしで2年間23円で使える上に8000円分のキャッシュバックまで貰ってきた話

iPhone12 23円 8000円キャッシュバック

2022年に入っていから近年稀にみる盛り上がりを見せている携帯電話市場です。

2年間実質24円で10万円近いiPhoneや最新のXperiaが使えるのだから盛り上がらない訳がありません。

昨日ソフトバンクのXperia5 Ⅲを実質24円で契約してきた話をご紹介しましたが、本日解説する案件はかなりバグっています。

あわせて読みたい
ahamo契約中だけどソフトバンクのXperia 5 ⅲの実質24円案件を契約したスマホオタクの頭の中 携帯電話業界は総務省の度重なる規制により、乗り換え障壁は下がっている一方で乗り換えメリット(割引やキャッシュバック)が薄くなりイマイチ盛り上がっていませんで...

バグってはいるものの、規制の範囲内での運用となっており、もし近くで同じような案件があればすぐに契約したほうが良いレベルです。

早速、解説していきます。

しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

ドコモのiPhone12 64GBが実質23円かつ30,000円キャッシュバック

割引施策の概要と仕組み

今回契約したのはドコモのiPhone12 64GBです。

私はヤマダ電機で購入しましたが、SNS上の声もみるとビックカメラ、ヨドバシ、ケーズデンキなど各所で同じ施策が展開されているようです。

端末返却が前提であるものの、本体代金が95,876円のiPhone12 64GBが2年間23円で使える上に、3万円のキャッシュバック(商品券やポイント還元)まで付いているという大盤振る舞いです。

簡単に今回の割引の概要を解説します。

今回の案件は本体代金が95,864円のiPhone12 64GBに3つの割引キャッシュバックが適用されます。

  1. 5G Welcome割:22,000円(税込)
  2. 対象機種特別割引:27,653円
  3. いつでもカエドキプログラム:46,200円
  4. キャッシュバック:30,000円分

5G Welcome割は、ドコモの5Gプランを新規or乗り換えで契約する際に適用される割引です。

新規or乗り換えなので、ドコモ回線の契約が必須となる割引で、こちらは改正電気通信事業法の規制の問題で値引き額が税抜20,000円までに制限されています。

対象機種特別割引(呼び方は量販毎に違います)は、回線契約に紐付かない割引で新規や乗り換えはもちろん、機種変更や端末のみの購入にも適用されます。

いつでもカエドキプログラムは、端末を48分割で購入し2年後に端末をドコモへ返却することで残っている支払額を免除してもらうシステムのことです。

iPhone 12といえど、2年後に46200円の価値があるとは思えないため、このプラグラムの免除額は魅力的です。

キャッシュバックは店舗によりますがポイントや商品券での3万円分が還元されます。こちらは対象機種特別割引と同様に回線契約は必須ではありません。

端末を返却してもいいし、一括で買っても良い

この割引は実は内容は同じですが、iPhone12を返却するかどうかで2つの見方ができます。

返却前提一括で購入
いつでもカエドキプログラム利用する利用しない
端末価格95,876円95,876円
5G Welcome割-22,000-22,000
対象機種特別割引-27,653-27,653
いつでもカエドキプログラム免除額-46,200
キャッシュバック(端末台から値引き)-30,000
負担額2316,211
キャッシュバック(商品券CB)-30,000

返却前提というのはいつでもカエドキプログラムを利用して2年後に返却するパターンです。

すべての割引を適用すると、実質負担額は23円だけが残るため、これを月額1円づつ支払う形となります。

それだけでなく、3万円分のキャッシュバックもしっかり受け取ることができます。

一方、一括で購入というのは、2年後に返却はせず、端末の費用は全部自分で支払ってしまうパターンです。

この場合、プログラム適用時の免除額46,200円は端末費用として支払う必要がありますが、キャッシュバックの3万円は端末費用に充てることができるため、iPhone12を16,211円で手に入れることができます。

いつでもカエドキプログラムを適用するかしないかだけの話なので、正直どちらもかなりお得です。

実は端末のみ購入が圧倒的にお得(でも簡単じゃない)

まだまだ知らない人が多いのですが、スマートフォンは端末だけを購入することが制度上可能です。

実際にソフトバンクユーザーがドコモの機種を購入することができます。もちろん携帯回線はソフトバンクのままでドコモ回線の契約はしなくていいです。

既にお気づきかもしれませんが、今回の割引は5G Welcome割以外は回線契約は不要な割引施策となっています。

5G Welcome割回線契約必須22,000円
対象機種特別割引回線契約不要27,653円
いつでもカエドキプログラム免除額回線契約不要46,200円
キャッシュバック回線契約不要30,000円

もし、今回の割引施策で端末のみを購入した場合の負担額はこちらです。

返却前提一括で購入
端末価格95,87695,864
5G Welcome割
対象機種特別割引-27,653円-27,653
いつでもカエドキプログラム免除額-46,200
キャッシュバック(端末台から値引き)-30,000
負担額22,02338,211
キャッシュバック(商品券CB)-30,000

気づきましたか?

端末を返却する場合、2年間で22,023円を負担する必要はありますが、3万円のキャッシュバックを受け取り、iPhone12を2年間使うことができます。

言い換えれば、8,000円もらってiPhone12 64GBを2年間レンタルできるということです。

レンタルできる上に、キャッシュバックまで受け取れてしまいます。もちろん回線契約はないため、通信費用は発生しません。

完全にバグっています。

実際に私は端末のみ購入でiPhone12を2年間22,023円でレンタルさせてもらいながら、3万円の商品券をもらったのですが、そんなに簡単な話ではありません。

ここからはなぜ簡単じゃないのか、なぜ私が購入できたのかを解説します。

端末のみ購入が難しい理由とそれでも購入できた理由

端末のみ販売しても量販店にメリットがない

量販店では携帯キャリアの回線を売ることが最大の目的です。

回線が売れたら毎月売上が上がるので、その販売取次をしてくれる量販店のインセンティブ設計で重視されるのは当たり前の話です。

一方で端末のみを購入されると携帯回線は一切関係ないのでインセンティブがありません。もちろん販売ノルマなんてあるわけがありません。

「なぜそんな割引をするのか?」と疑問思う人もいるかともいますが、実は端末のみの購入を拒否してはいけないというルールになっています。

過去に総務省が量販店に対して、回線契約の無い客へも割引を適用しているか覆面調査を実施したこともあるほどです。

電気通信事業法第27条の3の規律に係る覆面調査の結果について

ここまでに至る経緯は、キャリアと総務省の鬩ぎ合いによるものなのですが、簡単に言うと以下です。

お前ら値引きしすぎ!
回線セットの割引上限は2万円な!

2万円ごときじゃあスマホが売れん!
そうだ!回線契約不要の割引にすればいいんだ!

「回線契約なしで契約したい」って言ってきても断れば無問題

それって回線契約セットと同じやないか!

端末のみの購入を断るの禁止な!

くそ〜。でも割り引かないと売れないし・・・

ざっくりこんな背景です。

そのため、端末のみの購入は断ってはいけないというルールになっているのですが、実態はそうも簡単ではありません。

「在庫がないです・・・」こう言われてしまって終わります。裏に在庫があってもその場しのぎで在庫がないふりをして追い返せば解決です。

そのため、ルールとしては断ってはいけないことになっていますが、「端末のみ下さい」といっても購入することは容易ではないというわけです。

ではなぜ私が購入できたかを次に解説します。

私がiPhone12を端末のみで購入できた理由

私がiPhone12を端末のみで購入できた理由は、1台は乗り換えでiPhone12を契約したからです。

つまり私は、iPhone12を2台購入しました。

  1. 1台目:他社回線からの乗り換え
  2. 2台目:端末のみ

店員さんにはこんな事を言いました。

「家族が既にahamoを使っているが、端末が古くなってきているのでなんとかしたい」

これは端末のみで買うための嘘ではなく、本当の話です。

ahamoは機種変更できる機種が限られているので、端末のみの購入が一番簡単ですし、ドコモユーザーなので無下にもできません。

そして色々話した結果、私が他社から乗り換えてくれるのであれば、家族の分は端末のみで販売してくれるという結論になりました。

「他社から乗り換えてくれるのあら、1台ぐらい端末のみで出してもいいかな・・」そう思ったんでしょうね。

メンタル強い人は総務省の圧力を使ってゴリ押しで端末のみ販売させることもできるんでしょうが、そんな人は少ないと思うので、もし同じような境遇の人がいたら、ahama回線での機種購入をセットで聞いてみてはいかがでしょうか。

まとめ

iPhone12 64GBを実質24円でレンタルかつ8000円分の商品券までもらった話について解説しました。

結果としては、

  1. 1台目:一括16,211円
  2. 2台目:2年レンタル23円&商品券8,000円

という、大満足の結果となりました。

ドコモは即日ahamoに変更できるので、今回はpovoからahamoへの乗り換えでしたが、通信費もほぼ変わっていません。

この施策ですが、iPhone12の在庫がかなり少なくなっているようです。

割と全国規模でやっているみたいなので時間があれば量販店に顔を出してみてはいかがでしょうか。

最後にご愛読ありがとうございました。

LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

iPhone12 23円 8000円キャッシュバック

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる