Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

AI凄すぎ!Galaxy S21シリーズの消しゴム機能は単に消せるだけじゃない!反射低減や影除去まで対応!

Galaxy S21 消しゴム

Galaxyスマートフォンの純正アプリにはうっかり写り込んでしまったものをAIで自動除去できる「消しゴム機能」が搭載されています。

2021年モデルでは映り込んだ被写体を除去するだけでしたが、更に機能追加がされており、反射除去や影除去など消しゴム機能は日々進化しています。

そこで本日は、このGalaxyの新機能「消しゴム機能」をご紹介します。

追記:影の消去、反射の消去機能に関する項目を追加しました。

あわせて読みたい
【Galaxyユーザー必見】痒いところに手が届く!Galaxyならではの便利機能を全部書き出します Androidスマートフォンではかなりの人気を誇るGalaxyシリーズです。 人気の理由は様々ですが、私は痒いところに手が届く便利機能が多数搭載されている点がGalaxyの大き...
しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Galaxyの消しゴム機能とは

Galaxy S21シリーズと同時に発表されたのが「消しゴム機能」です。

Galaxyの消しゴム機能

  1. 被写体の消去
  2. 反射の消去
  3. 影の消去

簡単言えば写真を撮ったときにうっかり写り込んでしまったものを、AIで自動除去できる機能です。

リリース時は被写体の除去のみでしたが、その後のアップデートで”影”や”反射”などのより高度な除去機能が追加されています。

被写体の消去

百聞は一見に如かずということで、実際に消しゴム機能を使った被写体除去の写真をご紹介します。

消しゴム機能を使ったあと

こちらはあるものが写っていたので、Galaxyの消しゴム機能を使って除去したあとの写真です。

この写真を見て、どこが修正された箇所かわかりますか?

パッと見た感じでは不自然なところはないように見えますよね?

ではもとの写真を見てみましょう。

修正前
修正前の写真

わかりましたか?

実は元の写真では4羽の鳩が写っていました。

他にももう一枚。

消しゴム機能利用前

このように誰もいないきれいな海を撮りたくても、誰か入ってることってありますよね?

消しゴム機能利用後
消しゴム機能利用後

キレイに消えて、誰もいないきれいな海の写真になりました。

こんな感じで写真の中に写っているものをAIを駆使して不自然にならないように除去できるのがGalaxyの消しゴム機能です。

反射の消去

例えばこちらのようなガラス越しの写真、どうしてもガラス面での反射が起こってしまいますよね。

この写真に反射の消去を適用すると、完全に消去はしきれませんが、かなり反射が目立たなくなっているのではないでしょうか。

これがワンタップでできるから驚きです。

Twitterでもかなり反響をいただきました。

他にもこちらのようなレンズフレアが目立つ写真ですが、

こちらも反射の消去を適用するとレンズフレアがかなり抑えられています。

レンズフレアは光源が強いとどうしても避けがたい問題なのですが、撮影した後にここまで低減できるとなれば、「とりあえず撮っておいて後はAIで!」という誰でもきれいな写真が撮れるスマホカメラの理想形にまた一歩近づいています。

影の消去

除去前

こちらの都市景観の写真に”影の消去”を適用すると

影の消去

左下あたりの広場の影が消えてなくなっているのがわかるかと思います。

ただ、一部消去しきれないようにAIもまだまだ改善の余地があることもわかるかと思います。

Galaxyの消しゴム機能の使い方

それではGalaxy S21シリーズの消しゴム機能の使い方を解説します。

UIは適宜修正されており、こちらは執筆時点での方法となります。

消しゴム機能は「ラボ」から有効化

本機能はGalaxy純正のギャラリーアプリを操作をしてください。

消しゴム機能ですが、実は最初から使えるわけではありません。

ギャラリーの「ラボ」から本機能を有効化する必要があります。

消しゴム機能を有効化する方法

  • 「ギャラリー」アプリを起動
  • 任意の画像を開く
  • 編集画面を開く
  • 右上のメニューを開く
  • 「ラボ」をタップ
  • 「オブジェクトを消去」にチェックを入れる

これでギャラリーの編集画面で消しゴム機能が利用できるようになりました。

消しゴム機能で邪魔なものを消去する

消しゴム機能が有効化されたら実際に編集画面から消したいものを消していきましょう。

本機能はGalaxyで撮影した写真以外でも利用できます

消しゴム機能1

編集画面下部の中に、消しゴムのアイコンが表示されているのでそれをタップします。

消しゴムアイコンが表示されない場合は”メニューボタン”をタップすると”オブジェクト消去”という項目が表示されるので、そちらから起動します。

消しゴム機能2

すると、「消去する対象をタップしてください。」とアナウンスが表示されるので、消したい対象物をタップします。

影や反射の消去が利用できる機種には上の画面でボタンが表示されるので、こちらをタップするだけでOKです。

消しゴム機能3

消したい対象物をタップすると、対象物の輪郭をAIが自動的に認識し、消去される範囲が紫色に塗りつぶされます。

いちいち対象を選択する必要がなく、自動的に判断してくれるのがとても楽です。

消しゴム機能4

「消去」をタップすると塗りつぶされた被写体がキレイになくなりました。

あとは編集を有効にすれば完成です。

消しゴム機能5

ここで一つアドバイスですが、保存ボタンをタップすると消した対象は二度と戻せなくなってしまうので、メニューを開き、「コピーを保存」から保存をすることをおすすめします。

元の写真は残しつつ、消しゴム機能を使った写真を新たに保存することができます。

ただし、こちらの消しゴム機能でなんでも消せるわけではありません。

私が使ってみた印象としては、うまく対象物を消すには次の2つの条件であれば有効に使えると思いました。

  1. 背景が単色
  2. 背景が不均一

消しゴム機能は消したい対象物の周囲の画像を合成して対象物を消し込んでいきます。

そのため、単色であったり、もともとが不均一な背景であれば違和感なく消すことができるのですが、規則的な模様があるような背景の場合にはどうしても不自然さが目立ってしまいます。

こちらの画像のように背景が規則的な模様になっていると、消し込んだ際にどうしても不自然な仕上がりとなっています。

何でもかんでもけせるわけではありませんが、シーンによってはかなりうまく消すことができるので、うっかり写り込んでしまったときには試してみると良いでしょう。

Galaxyの消しゴム機能のまとめ

Galaxy S21シリーズから搭載された消しゴム機能をご紹介しました。

被写体の消去は他のスマートフォンにも搭載されていますが、影や反射はGalaxyだけの機能です。

この機能が標準のギャラリーアプリに組み込まれており、ワンタップで簡単に利用可能である点はGalaxyスマートフォンの大きなメリットであること間違いなしですね。

消しゴム機能を使ったらこんな魔法みたいなこともできちゃいます。

いえ、嘘です。

消しゴム機能

こういうことをやろうとしても実際にはこんなことになるので、うまく使えるシーンを見極めながら楽しく使うと良いでしょう。

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
Galaxy S22 Ultraの実機レビュー!これはもはや、生まれ変わったGalaxy Noteだ! Galaxyの2022年フラッグシップモデルであるGalaxy S22 Ultraが発売されました。 Sペン対応でNoteシリーズとしての位置づけの色が濃くなったGalaxy S22 Ultraですが、実...
あわせて読みたい
【裏技】こんなことできるの!?Galaxyシリーズの隠し機能7個 Galaxy S20をはじめとしたGalaxyスマートフォン(Galaxy S/Note/A)は他社のスマートフォンに比べ便利に使える機能が沢山搭載されています。 本日はそんな便利機能をた...
LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

Galaxy S21 消しゴム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次