Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

欲しい機能全部ある!MagSafe対応 MOFTのレビュー【iPhone】

Magsafe MOFT レビュー

MOFTはスマートフォンの背面にくっつけることで、スマホスタンド、スマホリング、カードケースの1台3役をこなしてくれる人気にスマートフォンアクセサリーです。

ずっと気になっていたMOFTですが、MagSafe対応して更に使いやすくなったということで遂に購入してしまいました。

本日はMagSafe対応のアップグレード版MOFTを実際に使ってみてわかったメリット・デメリットのレビューをお届けしたいと思います。

しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

MagSafe対応版 MOFTの注目ポイント

MagSafe対応版 MOFT
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • MagSafe対応で簡単に着脱可能
  • スマホスタンド機能搭載
  • 最大3枚までのカードケース兼用
  • 薄型・軽量
  • スマホリング的なグリップ機能搭載
  • ヴィーガンレザー使用
  • 豊富なカラーリング
デメリット
  • 交通系ICは利用不可
  • 磁気ストライプ式のクレジットカードは非推奨

MagSafe対応版のMOFTのメリット・デメリットをまとめてみました。

従来のMOFT Xはスマートフォンの背面に粘着シートで貼り付けるタイプでした。

今回購入したMagSafe対応のMoftはiPhone12以降に搭載されているマグネット式ワイヤレス充電規格である”MagSafe”に対応しているため、簡単かつ自由に着脱ができるようになりました。

折りたたんでフラットなウォレットケースなのですが、独特の折りたたみ機構によってスマホスタンドとしても利用ができ、さらに内側にはカードを収納できます。

Moft公式

Moft公式ストアでは執筆時点で全9色のラインナップが用意されています。ケースの色や好みに合わせて選ぶことができます。

Moftマグパッド
Moftマグパッド

MOFTは関連アクセサリーが充実しています。

MOFTマグパッドを使えば、小さなマグパッドを貼り付けた場所にMOFTを着けたスマートフォンを一瞬で貼り付けることができます。

MagSafe対応版 MOFTのレビュー

MOFTの本体の外観・デザイン

Moft

こちらがMagsafe対応 MOFT本体です。

ヴィーガンレザーを使用しており、高級とは言い難いですが、安っぽくはありません。

高級感を求める人はApple純正のウェレットケースがオススメです。

あわせて読みたい
探す機能追加は最高!ただ大きなデメリットもあるApple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットのレビュー iPhone12以降に搭載されているAppleのマグネット式ワイヤレス充電規格のMagSafeです。 様々なアクセサリーを磁力でiPhone背面にくっつけることができるため、スマホリン...
薄さ

暑さはたったの5mmで重量は40gの薄型軽量です。

MagSafeで背面にピタッとくっつけても邪魔になることはありません。

背面

背面の素材もおなじヴィーガンレザーとなっています。

この中に18個のマグネットが搭載されているため、磁力は強くうっかり落ちる心配はありません。

iPhone13 Proに装着してみた

装着

iPhone13 Proに着けるとこんな感じです。

多機能な分、他のウォレットケースに比べると一回り大きい印象です。

シリーズ比較
Moft公式より

MOFT公式によるとminiシリーズを含む全てのiPhone12/13で利用可能とのことです。

干渉

MOFT公式からも案内されていますがiPhone13 Proと使うときはカメラとの干渉に注意が必要です。

こちらはApple純正のレザーケースにMoftをくっつけているのですが、わずかに干渉しています。

ただ、MOFTは他のウォレットケースと違ってMOFTの端っこはケースとの間にわずかな隙間が生まれます。干渉部分はこの隙間に位置するため、そこまで気にしなくていいというのが私の感覚です。

カード収納

爪を引っ掛けてペコっと折り曲げると、こんな形でカードの収納部分が現れます。

折りたたんだ状態だとカードを完全に隠せます。他のウォレットケースはどうしてもカードの一部分が見えてしまってダサかったのでこれはMOFTのメリットです。

かーど

カードはこんな感じですっぽり収まります。

MOFTによると最大3枚入るとのことですが、ギチギチなのでオススメしません。

むしろスムーズな出し入れをしたいなら1枚が最適かと思います。

磁気カードを近づけると、磁力によりカードが破損する可能性があります。ICカードなら問題ありません。

折りたたんだときにスタンドとして機能するように作られており、縦置きもできますし、向きを付け替えることで横向きでも利用可能です。

スタンド

横向きだとiPhoneがちょっとだけ浮くので見やすくてオシャレです。

角度は人間工学的に見やすい60度となっており、使ってみると確かに見やすいです。

MagSafe対応版 MOFTを使ってわかったメリット

ここからは実際にMagSafe対応のMOFTを使ってみてここが良いと感じたポイントをご紹介します。

iPhoneに着けたままでもカードが取り出せる

私はMOFT以外にSpigenやApple純正のウォレットケースを持っていますが、この2つのデメリットがケースからカード出しづらい(Apple純正については不可能)ことです。

Spigen
SpigenのCard Holder

SpigenのCard Holderはこんな感じでちょっとだけ押し出せるんですが、面積が少ないので割と手こずります。

一方、MOFTはわずかに面積が広いです。

あまり違いがないように見えますが、このちょっと違いが大きくて、MOFTなら指との摩擦でカードを滑らせれば割と簡単に出すことができます。

私は交通系ICを入れてるのですが、レジでの支払い時にもたつくことが多くて割とストレスだったのですが、MOFTにしてからはすごくスムーズにカードを取り出せるようになりました。

実際に使うときは、全部出しきらずに半分程度出してICカードリーダーに当てるだけで反応するのでこの点でも使いやすいです。

スマホリングみたいなグリップ機能もあるからまさに万能

MagSafeアクセサリーはウォレットケーススマホリングの両方があるのですが、外出るときはどっちも捨てがたいです。

そんなときにMOFTに出会って、どっちの機能も持っていてまさに万能アクセサリーだなと感動しました。

グリップ

スタンドとして使う状態なら、折りたたんだ部分にちょうど2本指が入って、その上から人差し指で抑える形でホールドすれば、スマホリングを使っているような安定感のあるグリップができます。

しかも、ポケットの中でスマホリングにあるような独特の出っ張りも気にならないので、私の欲しい全ての機能がココに詰まっています。

AndroidなどのMagSafe非対応機種でも使える

Pixel 6 Proで使用
Pixel 6 Proで使用

これまでのMOFT X(=MagSafe非対応版)はケースや本体に粘着シートで貼り付けるため、ワイヤレス充電ができなくなるという弱点がありました。

MagSafe対応となったおかげで好きなときに取り外すことができるため、ワイヤレス充電が可能になったのは大きなメリットです。

では、MagSafe対応のiPhone12/13しか使えないかと言うとそんな事はありません。

巷にはMagSafe非対応の機種やケースをMagSafeに対応させるアクセサリーがあって、それを使えば写真のようにPixel 6 ProでもMagSafe対応のMoftを利用できます。

MagSafe非対応の機種をMagSafe対応させる方法はこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
AndroidをMagSafe化しよう!!ESR HaloLockユニバーサルリングのレビュー MagSafeはiPhone12以降に搭載されたAppleのマグネット式ワイヤレス充電規格です。MagSafe規格が登場してから、はや1年が経過し、様々なMagSafeアクセサリーが登場してい...

正直なところ、旧型のMOFTを買うぐらいなら、MagSafeに対応させるアクセサリーと一緒に購入して、MagSafe対応のMOFTを使う方が賢い選択だと私は思います。

MagSafe対応版 MOFTを使ってわかったデメリット・注意点

次に実際にMOFTのデメリット・注意点をご紹介します。

交通系ICカードはそのままでは反応しない

交通系ICカード

MOFTに交通系ICを入れることはできますが、そのままタッチで改札を通ることはできません。

もしそのままタッチで使いたければ、スマホとの間に『電磁波干渉防止シート』を入れと使えるようですが、私の環境では安定しませんでした。

磁気ストライプ式のクレジットカードは使わないこと

クレカ

MOFT公式がアナウンスしている通り、MOFTは磁気カードを近づけるとカードが破損する可能性があります。

磁気ストライプ式のクレジットカードはスキミング被害の観点から廃止される方向ではありますが、まだまだ磁気ストライプ式のクレジットカードを使う人は多いです。

横に黒い線の入ったカードが磁気ストライプ式のクレジットカードなので、このクレカは入れないようにしましょう。

SpigenやApple純正は磁気ストライプ式のクレジットカードを入れることができるので、クレカを入れる人はこちらを選びましょう。

あわせて読みたい
探す機能追加は最高!ただ大きなデメリットもあるApple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットのレビュー iPhone12以降に搭載されているAppleのマグネット式ワイヤレス充電規格のMagSafeです。 様々なアクセサリーを磁力でiPhone背面にくっつけることができるため、スマホリン...
あわせて読みたい
純正よりもこっちでよくね?Spigen MagSafe対応ウォレットケースのレビュー【Card Holder】 iPhone12以降搭載されているマグネット式ワイヤレス充電規格の”MagSafe”です。 磁力によりアクセサリーを簡単に着脱できる点が魅力的で、スマホスタンドやスマホリング...

MagSafe対応版 MOFTのレビュー まとめ

MagSafeに対応したMOFT(アップグレード版)のレビューをお届けしました。

この1つのアクセサリーにスマホスタンド、カードケース、スマホリングの3つの機能が凝縮され、3,180円という価格はとてもお買い得です。

クレカが入れられないことだけが残念ですが、交通系ICカードは取り出しやすさのおかげで実用的なので、全体的にとても使い勝手の良い万能MagSafeアクセサリーです。

私はiPhone13 Proだけでなく、Pixel 6 ProでもMoftを使っているのでAndroidユーザーの方もぜひ検討してみて下さい。

最後にご愛読ありがとうございました。

私が厳選したMagSafeのおすすめアクセサリーはこちらの記事でまとめております。

あわせて読みたい
MagSafe対応のおすすめケース&アクセサリーまとめ!ウォレットケースかスタンド、スマホリングまで厳選 MagSafeはiPhone12以降に搭載されているAppleのマグネット式のワイヤレス充電規格です。 ワイヤレス充電器の位置をマグネットでしっかり固定できるだけでなく、マグネッ...
LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

Magsafe MOFT レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次