Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

Galaxy S20 FEの実機レビュー|コストの抑え方が上手い!中華勢に負けないコスパ抜群Galaxy!

Galaxy S20 FE レビュー

Galaxy S20 FEはGalaxy S20ファミリーの1機種でFan Editonの略となっています。

中身はGalaxy S20の一部をスペックダウンさせてより購入しやすく値段を落としたモデルとなっています。

本日はGalaxy S20 FEの実機レビューをお届けしたいと思います。

今回購入したGalaxy S20 FEはグルーバル版で技適未取得端末のため、日本国内でのネットワークの利用は制限されています。

しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Galaxy S20 FEの注目ポイント

カラバリ

Galaxy S20 FEはGalaxy S20の廉価版モデルです。FEとはFan Editionの略で、Galaxyファン向けにもっと手軽にGalaxyを使ってもらうことを目的とした機種となっています。

こちらがGalaxy S20 FEの注目ポイントです。

Galaxy S20 FEの注目ポイント

  1. ハイエンドのSoC搭載
  2. 豊富なカラーバリエーション
  3. 6.5インチ有機ELディスプレイ
  4. 望遠レンズを一部スペックダウン
  5. フロントカメラは高画素化
  6. 4500mAhの大容量バッテリー

画面解像度やメモリ、望遠レンズなど一部がスペックダウンしている一方で、価格が約11万円から約7万円へと大幅に低減されてます。

Galaxy S20はかなりスペックが盛り盛りだったこともあり、価格が高騰化していました。

Galaxy S20 FEは使用感には影響がない範囲でうまくでうまくスペックダウンを図っており、かなりコストパフォーマンスが高く仕上がっている印象です。

Galaxy S20 FEのパステル調の可愛らしいデザイン

Galaxy S20 FEの本体デザイン

Galaxy S20 FE

こちらがGalaxy S20 FEの背面デザインです。

S20はシックで落ち着いたカラーが多かったのに対して、FEはパステルカラーやビビッドなカラーなどカラフルで可愛らしいカラーリングが目立ちます。

Galaxy S20 FEはGalaxy S20とカラーリングのコンセプトが全く異なり、豊富なカラーバリエーションとポップなカラーが特徴です。

ピンクカラー

私が購入したのはピンクです。パステル調で光の反射次第で色合いが変わるので結構気に入っています。

ポリカーボネート

背面の素材はポリカーボネートとなっており、マット調な加工が施されたなんとも不思議な質感です。

個人的には安っぽさはなくて指紋も目立たないので結構気に入っています。

フレーム部分にも薄らとピンクカラーが施されておりなかなかお洒落です.

背面のラウンド

側面はラウンドしているため、ホールドした時にうまく手に収まってくれます。

Galaxy S20 FEの端子・ボタン周り

側面のボタン配置や構成はGalaxy S20と変わりません。

イヤホンジャックは非搭載

Galaxy S20 FEのサイズ感

サイズ感

Galaxy S20 FEのサイズはS20よりもS20+に近いです。

Galaxy S20 +とS20 FEのサイズ感

  1. Galaxy S20+の横幅 73.7cm
  2. Galaxy S20 FEの横幅 74.5cm

横幅が70cmを超えているため、スマートフォンのサイズとしては大きめの部類に入ります。 

Galaxy S20 FEのカメラ

カメラ

カメラ周りのデザインはGalaxy S20シリーズよりもGalaxy Note20シリーズに近いです。

Galaxy S20 FEのレンズ構成

  1. 超広角 1200万画素
  2. 広角 1200万画素(デュアルピクセルAF)
  3. 望遠 800万画素

Galaxy S20に近いトリプルレンズ構成ですが、望遠レンズのみ6400万画素から800万画素にスペックダウンしています。

Galaxy S20 FEのディスプレイは安定のGalaxy品質

Galaxy S20 FEのディスプレイ性能

ディスプレイ

Galaxy S20 FEはS20に比べて解像度が2400x1080ドットのFHD+にスペックダウンされています。

しかし、有機ELの品質はさすがのサムスンと思わせる完成度で、相変わらず発色が素晴らしいです。

リフレッシュレートはS20シリーズと同じく120Hzに対応しているため滑らかな画面描写を楽しむことができます。

解像度のスペックダウンですが、S20シリーズでは120Hzのリフレッシュレートを設定すると強制的にFHD+解像度となるため、実はそこまでスペックダウンで困ることはありません。

また、S20シリーズと違ってS20 FEはフラットディスプレイを採用しています。

エッジディスプレイを採用しているスマートフォンが多いですが、フラットディスプレイは画面保護フィルムが貼りやすく、操作がしやすいといった利点があるので人気があります。

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートに120Hzもいらない?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リフレッシュレートが高いと、画面の遷移やスクロールが滑らかになり、使ってい...

Galaxy S20 FEのパンチホール

Galaxy S20 FEもS20と同じく画面中央上部にパンチホールが入っています。

サイズはかなりコンパクトなので普段使いで特に気になることはないでしょう。

Galaxy S20 FEのカメラはなかなか優秀

Galaxy S20 FEのカメラスペック

Galaxy S20 FEのカメラ機能はGalaxy S20と同じ機能が搭載されています。

  1. シングルテイク
  2. プロモード
  3. ナイトモード
  4. ライブフォーカス
  5. スーパースローモーション

この辺りの機能はS20 FEでも問題なく利用できます。

FEだからと言ってカメラ機能に違いはないと考えてもらって大丈夫です。

Galaxy S20 FEのカメラ作例

ここからはGalaxy S20 FEで撮影した写真をご紹介します。

標準カメラ
標準レンズ

こちらは標準カメラで撮影。

Galaxyは補正が強めなので青空がより青く表現されます。

超広角レンズ
超広角レンズで撮影

超広角レンズで撮影した写真がこちら。

超広角レンズだとほぼ人の視覚と同じ画角で撮影することができます。

標準レンズと色味が変わらない点がGoodです。

望遠レンズ
望遠レンズで撮影

こちらは望遠レンズで撮影(光学3倍ズーム)した写真です。

3倍ズームならかなりズームすることができるので実用性が高いです。

画素数が800万画素にダウンしていますが、十分実用性のある望遠レンズです。

こちらではPixel5とGalaxy S20 FEで撮影した花の写真を比較しています。

Pixel5で撮影した写真はかなり現実に近いです。

Galaxy S20 FEも写真自体はきれいに撮れるのですが補正が過度にかかりすぎており、色味が全く別物になっています。

Galaxyのほうが見栄えはいいのですが、現実と離れてしまっています。

ナイトモード 標準レンズで撮影
ナイトモード 標準レンズで撮影

Galaxy S20 FEはナイトモードも抜群です。

かなり暗いシーンですが、光源の白飛びも少なくうまく処理されています。

ナイトモード 超広角レンズで撮影
ナイトモード 超広角レンズで撮影

こちらは超広角レンズでの夜景撮影

Galaxy S20 FEは超広角レンズでも明るくきれいな写真を撮ることができます。

また、ナイトモードは望遠レンズでも使うことができます。

さすがに望遠レンズになるとノイズが目立ち始めていますが、すべてのレンズでナイトモードが利用できる機種は意外と少ないので、このあたりはさすがGalaxyです。

Galaxy S20 FEのパフォーマンスはハイエンド性能

Galaxy S20 FEのベンチマークスコア

ベンチマークスコア

Galaxy S20 FEの最大の強みはGalaxy S20と同じSoCであるSnapdragon865を搭載している点です。

価格はミドルハイレンジ相当ですがパフォーマンスはしっかりハイエンドモデルとなっています。

メモリは8GBにスペックダウンしていますが、日常使いで8GBはあまりあるメモリです。

Antutuベンチマークスコアも56万点台と価格を考えるとコストパフォーマンスの高さが伺えます。

SoCがSnapdragon865なので負荷の高い3Dゲームも難なく動作します。

Galaxy S20 FEの電池持ちはとても優秀

Galaxy S20 FEの電池もち

バッテリー持ち

Galaxy S20 FEが4500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

そのため電池持ちがあまり良くないと評判のGalaxyにしてはかなり電池が持ちます。

負荷の高い作業をしなければ満充電から2日程度は持ちます。

めちゃくちゃ良いとは言い難いですが、悪くはないといった印象です。

Galaxy S20 FEの充電速度

Galaxy S20 FEは最大25Wの超急速充電に対応しています。

PSS対応の充電器もしくは純正のTravel Adapterを使えば高速で充電ができます。

Travel Adpterは少々お高いですが純正品なので安心して充電することができます。

あわせて読みたい
Galaxy純正充電器 Travel Adapterのレビュー|45Wの爆速充電に純正という安心感が魅力 Galaxyの純正アクセサリーとして最大45Wの超急速充電に対応した『Tarvel Adpter』という充電器があります。 電池容量がどんどん大きくなってきているので、より早く充...

Galaxy S20 FEの使い勝手はS20と同等クラス

Galaxy S20 FEの指紋認証

Galaxy S20 FEは画面内指紋認証を搭載しています。

指紋認証の精度はS20と同じで、あまり精度が高いとは言い難いです。

ですが、こちらの記事で解説している方法(同じ指を複数回登録)を実施することで、失敗する頻度はかなり減りました。

あわせて読みたい
【Galaxy/Xperia/Pixel】Androidの指紋認証センサーの精度を改善する方法! GalaxyやXperia、Pixelなどスマートフォンには指紋認証センサーが搭載されおり、最近では画面内に埋め込まれた指紋認証センサーも登場しています。 ただ、認証精度の精...

Galaxy S20 FEのソフトウェア

GalaxyスマートフォンはOne UIと呼ばれるサムスン純正のUIが採用されており、Galaxy S20 FEも同じOne UIが搭載されています。

そのためS20 FEだからと言ってなにか不都合なことはなくとても使いやすいです。

One UIホームやGalaxy Pass、標準ギャラリーといったGalaxyの基本機能は全て備わっているため、Galaxy S20シリーズと同じ使い勝手を楽しむことができます。

あわせて読みたい
Galaxy S20 5G 実機レビュー|電池持ちはイマイチながらデザインとカメラは大幅改善! Galaxy S20はGalaxyの2020年のフラッグシップモデルです。 Galaxy S20/S21/S21 Ultraの3ラインナップ構成となっており、最も安価で入手しやすいモデルとなっています。 ...
あわせて読みたい
Galaxy Note20 Ultraの実機レビュー|値段は高いが一切の妥協を見せない最強のスマートフォン! Galaxyの最上位モデル『Galaxy Noteシリーズ』の最新作が『Galaxy Note20 Ultra』です。 日本では執筆時点ではKDDIから発売されており、ドコモでも発売が予定されていま...

Galaxy S20 FEのレビューまとめ 致命的な弱点はなくコスパ抜群!

Galaxy S20 FEのレビューをお届けしました。

一通り使ってみた感じたのが、致命的な弱点がなく、コストパフォーマンスが抜群に高いということです。

Galaxy S20も完成度は高かったですが、価格が10万円を超えており容易に手の出せる価格ではありませんでした。

一方でS20 FEは6〜7万円で購入できます。

その割にGalaxy 20と比べて不便な点があるかというと全くなく、至極快適に利用することができました。

さすが”Fan Editon”という名前が付けられただけあって素晴らしい完成度です。

興味がある方はぜひGalaxy S20 FEを検討してみてはいかがでしょうか。

Etorenで購入する

最後までご愛読ありがとうございました。

あわせて読みたい
Galaxy S20よりもGalaxy S20 FEが狙い目!スナドラ865が6万円台で入手可能! こんにちは!しみたくです!今日は狙い目なGalaxy S20 FEを紹介します。 Galaxy S20シリーズには日本未発売の端末にGalaxy S20 FE(Fan Editon)というモデルが存在してい...
LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

Galaxy S20 FE レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次