Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

探す機能追加は最高!ただ大きなデメリットもあるApple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットのレビュー

Apple純正レザーウォレットのレビュー

iPhone12以降に搭載されているAppleのマグネット式ワイヤレス充電規格のMagSafeです。

様々なアクセサリーを磁力でiPhone背面にくっつけることができるため、スマホリングやウォレット、スタンドなど場所に応じて自分に合った使い方ができてとても便利です。

MagSafeアクセサリーの中でも有名なのがウォレットケースです。

必要最低限のカードをMagSafe対応のウォレットケースに収納することで、iPhoneだけで外出も気軽にできるようになります。

本日はMagSafeウォレットケースの中でも最も人気のあるMagSafe対応iPhoneレザーウォレット(7,480円)を実際に使ってわかったメリット・デメリットをレビューしたいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,726 (2022/05/16 12:22:45時点 Amazon調べ-詳細)
しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Apple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの特徴

レザーウォレット

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの特徴をまとめました。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの特徴

  1. 特殊ななめし加工のヨーロピアンレザー使用
  2. MagSafe対応で着脱可能
  3. 最大3枚のカードを収納可能
  4. 磁気シールド搭載でクレカ収納可能
  5. タッチ決済には利用不可
  6. 探す機能に対応
  7. 豊富なカラーバリエーション
  8. 価格は7,498円(税込)

Apple純正のレザーウォレットは中央にAppleロゴが入った上質なヨーロピアンレザーが特徴です。

カラーバリエーション

iPhoneやケースに合わせて選べるカラーバリエーションの豊富さも純正レザーウォレットの魅力です

ただし、それだけだと7,480円という価格は不釣り合い感があり、サードパーティ製にも似たような製品はたくさんあるので、あまりおすすめできるものではありませんでした。

しかし、それが大きく変わるアップグレードがありました。それが”探す”機能の追加です。

iPhoneの”探す”アプリ上から最後にレザーウォレットが取り外された位置を確認できるようになりました。

これによって免許証やクレジットカードなどの大切なカードをうっかり落としてしまっても、落とした位置はすぐに特定できます。

また、レザーウォレットが外れたこともiPhone側に通知がくるため、落としたことにもすぐに気づくことができます。

この”探す”機能への対応はApple純正レザーウォレットにのみ搭載されている機能なので、確かに7,480円という価格は高いですが、万が一の保険と思えばこの価格を出して買うのも悪くない選択肢となりました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,726 (2022/05/16 12:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

Apple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットの外観・デザイン

箱と本体

MagSafe対応レザーウォレットはApple純正品らしくおしゃれな箱に入っています。

注意書き

箱の中にはこのような注意書きが入っており、磁気ストライプを搭載したカードは写真のように逆さ向きに挿入するような案内されています。

MagSafeは強力なマグネットを利用しているため、磁気ストライプとは相性が悪いです。もちろんシールド機能が搭載されており、クレジットカードを入れることはできますが、この点は注意が必要です。

レザーウォレット

こちらがApple純正レザーウォレットの本体です。

中央にはAppleロゴが入っており、素材には特殊ななめし加工と仕上げが施されたヨーロピアンレザーが使われています。

ここは革の素材の好みがあるところですが、ヨーロピアンレザーなのでシワの薄く、本体は軽く、とても高級感があります。

背面

背面中央上部にはカードを押し出すための穴が設けられています。

実はこのレザーウォレットはカードがすっぽりと収まってしまうため、iPhoneに装着しているとカードを抜き取ることができません。

このままだと抜き出せない

ケース背面からカードを押し出す必要があるのでため、いちいちiPhoneから外さなければいけないのは地味に面倒です。

本体から外す際には横から押し出すと簡単に外すことができます。

磁力はそこそこ強いので、横からの力が加わらない限りうっかり落ちるようなことはなさそうです。

Spigen Card Holderとの比較
SpigenのCard Holderは下部に押し出すための空間あり

サードパーティ製のウォレットケースにはiPhoneに取り付けたままでも押し出せるように、下部に穴を設けるなどの工夫も見られるので気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。

あわせて読みたい
純正よりもこっちでよくね?Spigen MagSafe対応ウォレットケースのレビュー【Card Holder】 iPhone12以降搭載されているマグネット式ワイヤレス充電規格の”MagSafe”です。 磁力によりアクセサリーを簡単に着脱できる点が魅力的で、スマホスタンドやスマホリング...
カードは3枚まで

免許証やクレジットカード程度の厚みなら3枚まで収納できます。

c
3枚収納すると隙間がない

3枚収納するとパンパンなので、4枚目を入れる隙間はありません。

3枚収納できますが、前述の通り背面からカードを押し出さないと抜き取ることができないため、3枚入れると抜き取る際にかなり使いづらいです。個人的には1〜2枚で使うがオススメです。

1枚だとうっかり落ちるのではと心配になりますが、その点は全く問題ありません。

ウォレットケースは奥側がすぼんだ構造となっており、1枚でもしっかりと固定されるため安心して使うことができます。

アニメーション

本体にはNFCが内蔵されており、iPhoneに取り付けるとバイブレーションもしくは効果音とともにMagSafeのアニメーションが表示されます。

私は純正レザーケースと一緒に使っていますが、手持ちのサードパーティ製のMagSafe対応ケースでもちゃんと認識をしました。

あわせて読みたい
【MagSafe対応】Spgien マグ・アーマーのレビュー! 高い耐衝撃性能にMagSafeの利便性で満足度の高いケ... iPhone12シリーズから搭載されたのがマグネットを利用したAppleのワイヤレス充電規格「MagSafe」です。 ちょうどiPhone13 Proのケースを探しており、耐衝撃性能の高いケ...

初めてiPhoneに取り付けるとiPhone側がレザーウォレットを自動で認識し、”探す”機能のチュートリアルが表示されます。

設定は非常に簡単で、数回タップすればウォレットを”探す”アプリで確認できるようになります。

Apple純正品らしい連携の強さを感じます。

Apple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットのメリット・デメリット

【メリット1】質感が抜群で純正ケースとの相性が良い

質感

Apple純正レザーウォレットの魅力はヨーロピアンレザーの質感です。

サードパーティ製で半額以下のものも沢山ありますが、本革の艶や光沢、手触りの良さがとても心地よく、この質感のためだけにでも高い値段を出して買う価値があると思えます。

Apple純正のレザーケースと質感やカラーが同一なのでペアで使うときの相性は抜群です。

あわせて読みたい
滑らかなレザーの質感が気持ち良い!Apple純正MagSafe対応レザーケースのレビュー【iPhone13 Pro】 iPhoneにはApple純正ケースが数種類用意されており、その中でも純正レザーケースは多くのiPhoneユーザーが愛用しているほどの人気です。 私はサブ機でiPhone13 Proを使...

【メリット2】持ちやすく邪魔にならない

持ちやすさ

個人的にレザーウォレットで心配していたのが、背面に装着することによる圧迫感です。

この点は全く問題なく、iPhone13 Proのサイズ感であれば左右に僅かな余白があるため手のひらの中にすっぽりと収まってくれます。

逆に手の形にフィットしてくれるため、ウォレットケースを着けたほうが持ちやすいので、常に着けていても特に気になりません。

ただ、iPhone13 miniなどはウォレットケースと本体がほぼ同じ横幅なのでズレやすいというデメリットもあるそうです。

【メリット3】”探す”機能の搭載で安心

探す
”探す”から位置を特定可能

こちらのレザーウォレットの最大の魅力がAppleの”探す”機能に対応している点です。

過去に販売されていたモデルは”探す”機能に対応していません。同じ製品名で販売されているため要注意

免許証やクレジットカードなどの重要なカードを入れると万が一落としたときのことを考えると躊躇してしまいますが、この”探す”機能を使えば落とした位置を特定することができます。

位置がわかる仕組み

本体に搭載されたNFCが着脱を検知し、iPhoneから離れた時点での位置情報を記録することで、落とした位置を特定することができます。

落とすことは滅多にありませんが、その万が一への備えとしてこの”探す”機能があると思うと安心して使うことができます。

iPhone側に通知が来るのは、レザーウォレットが外れてから1分が経過したタイミングなので、外すたびに通知が来るようなことはありません。また、この機能は”探す”アプリからオフにすることも可能です。

この”探す”機能はApple純正のレザーウォレットだけの機能なので、後述するデメリットを受け入れることができるなら、”探す”機能のためにレザーウォレットを選択するのも十分アリだと思います。

【デメリット】ICカード機能が利用できない

NFCを搭載することで”探す”機能に対応していますが、同じNFC技術を使うホテルのカードキーやICカード決済(交通系ICなど)はケースに入れたままでは利用できません。

コンビニや改札で試みましたが、一切反応してくれませんでした。

そのため、使うたびにいちいちカードを抜き出す必要があるのですが、そのためにはレザーウォレットをiPhone本体から外さなければいけません。

慣れればサッとできる作業ですが、本音を言えばそのままタッチで使いたいところです。

片手が塞がっていると途端に難易度が上がるので、交通系ICなどを入れて使おうと思っている人はこのデメリットをしっかりと考慮した上で購入しましょう。

Apple純正MagSafe対応iPhoneレザーウォレットのレビュー まとめ

Apple純正のMagSafe対応レザーウォレットのレビューをお届けしました。

ウォレットの質感は素晴らしく、”探す”機能に対応したことで、安心して使えるようになりました。

そのままではICカードが利用できず、カードを抜き出すために本体から外す必要があるのは大きなデメリットですが、タッチ決済に利用しない(免許証やマイナンバーカード、名刺、お札)用途で利用するのであればこの点は問題ないでしょう。

この点から、用途をしっかりと考えて購入すべきレザーウォレットだと感じました。

興味がある方はAppleストアやAmazonでも購入できるので検討してみて下さい。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,726 (2022/05/16 12:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

最後にご愛読ありがとうございました。

本レザーウォレットを含むMagSafeのおすすめアクセサリーはこちらの記事でまとめています。

あわせて読みたい
MagSafe対応のおすすめケース&アクセサリーまとめ!ウォレットケースかスタンド、スマホリングまで厳選 MagSafeはiPhone12以降に搭載されているAppleのマグネット式のワイヤレス充電規格です。 ワイヤレス充電器の位置をマグネットでしっかり固定できるだけでなく、マグネッ...
あわせて読みたい
欲しい機能全部ある!MagSafe対応 MOFTのレビュー【iPhone】 MOFTはスマートフォンの背面にくっつけることで、スマホスタンド、スマホリング、カードケースの1台3役をこなしてくれる人気にスマートフォンアクセサリーです。 ずっと...
LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

Apple純正レザーウォレットのレビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次
閉じる