Netflixを半額以下で契約!? 気になる方法はこちら

Xperia 5 ⅲの実機レビュー!ロマンは削りつつ魅力は残した万人にオススメしやすいコンパクトXperia

Xperia 5 ⅲ レビュー

Xperia1シリーズの良いところをコンパクトに凝縮したのがXperia 5シリーズです。

Xperia 1 ⅲのカメラ性能やCPU、ソフトウェア周りはそのままにオーバースペックな部分を削ぎ落としつつ、価格も抑えたのがXperia 5 ⅲです。

先日ソフトバンクへの乗り換えで2年間1円で利用できる権利を取得して、1ヶ月近く愛用しておりました。

そこで本日はXperia 5 ⅲを実際に使ってわかったメリット・デメリットの実機レビューをお届けします。

あわせて読みたい
ahamo契約中だけどソフトバンクのXperia 5 ⅲの実質24円案件を契約したスマホオタクの頭の中 携帯電話業界は総務省の度重なる規制により、乗り換え障壁は下がっている一方で乗り換えメリット(割引やキャッシュバック)が薄くなりイマイチ盛り上がっていませんで...
しみたく

ガジェットブロガーのしみたくです!Twitterやってます!


ジャンプできる目次

Xperia 5 Ⅲの注目ポイント・スペック詳細

Xperia 5 ⅲのメリット・デメリット

Xperia 5 ⅲ
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Xperia 1 ⅲと同等のカメラ性能
  • 取り回しの良いコンパクトな筐体
  • ハイエンドながら手の届きやすい価格
デメリット
  • ワイヤレス充電非対応
  • 物足りないカメラソフトウェア
  • 邪魔なGoogleアシスタントボタン

Xperia 5 ⅲの魅力は上位モデルであるXperia 1 ⅲのオーバスペックであった部分をうまく削り、本体重量168gのコンパクトな筐体にその魅力を詰め込んでいる点です。

最上位のSoC Snapdragon888高性能なトリプルレンズカメラを搭載しつつSIMフリーモデルなら114,400円で購入できるお手軽さも注目ポイントです。

一方で、Xperia 1 ⅲとの違いはワイヤレス充電の有無やディスプレイ解像度が4KからFHD+にダウンしている点やToFセンサーの有無よるオートフォーカス性能に若干の違いがある点は注意が必要です。

Xperia 5 ⅲのスペック詳細

スペック詳細

Xperia 5 ⅲはキャリアごとにカラーリングが異なりますが、対応周波数を除けば基本的な仕様は同一です。

サイズ約68mm×約157mm×約8.2mm
重量約168g
SoC(CPU)Qualcomm® Snapdragon™888
OSAndroid11
メモリ8GB
ストレージ128GB
外部ストレージMicroSD対応(1TB)
バッテリー容量4500mAh
ディスプレイ約6.1インチ/有機EL シネマワイドディスプレイ
ディスプレイ解像度FHD+
リフレッシュレート120Hz
メインカメラ16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
24mm(広角):有効画素数約1220万画素/F値1.7
70mm・105mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.3・2.8
フロントカメラ有効画素数約800万画素/F値2.0
生体認証指紋認証
防水/防塵防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
おサイフケータイ®
充電速度30W(PD)
ワイヤレス充電
イヤホンジャック○(4極ヘッドセット(CTIA規格準拠)対応)
WiFiIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
SIMカードタイプnanoSIMスロット
SIMフリー版はDual
eSIM非対応
5Gsub6対応,ミリ波非対応
価格SIMフリー版:114,400円
ドコモ:121,405円
au:178,000円
Softbank:137,520円
カラーバリエーショングリーン
ピンク
フロストブラック
フロストシルバー
ブラック(SIMフリー特別カラー)

フロストブラックとフロストシルバーは日本限定カラーで、艶ありのブラックはSIMフリー限定のカラーです。

Xperia 5 ⅲは抜群に持ちやすい縦長筐体

Xperia 5 ⅲはマジで何も付属してこない・・

付属品

Xperia 5 ⅲは本体とクイックスタートガイド以外何も付属していません。

他社のスマホにあるようなクリアケースはもちろん、充電器やケーブル、SIMピンすらもありません。

XperiaはSIMピンが不要なSIMトレーであるため、SIMピンがなくても問題ありません。

昨今の流れ通りかなり薄い化粧箱となっていますが、もはや本体しか入っていないのでまだまだ薄くする余地はあるでしょう。

フロストブラックが超かっこいい

こちらがXperia 5 ⅲ本体です。

今回レビューするカラーはフロストブラックで、Xperia独特の縦長ボディにシンプルかつスタイリッシュなデザインが非常にかっこいいです。

フロストブラック

背面はフロストカラーなので、質感はサラサラしたマット仕上げとなっており、手触りがよく指紋が目立ちづらいです。

撮影者泣かせのテカテカボディと違ってフロストカラーは落ち着いた雰囲気があり、できるなら裸で使いたくなるかっこよさです。

ただ、質感がサラサラしているため、裸運用だと高確率で落とす予感がしています。

フロストカラー以外は艶有りの光沢仕上げです。

光の吸収

横幅68mmなので片手でホールドしたときのフィット感が素晴らしいです。

Xperia 1 ⅲは自分の手には少し大きすぎる点が悩ましいところだったのでXperia 5 ⅲのサイズ感ぐらいがちょうどよいです。

あわせて読みたい
価格やスペックは関係なし!デザインだけで選ぶ最強スマートフォン!一番かっこいいスマートフォンはなに? 常に持ち歩くスマートフォンにとってデザインはとても重要な要素です。 AppleのiPhoneに始まり、今ではほとんどのスマートフォンがデザインにも拘って開発をしています...
側面

側面のラウンドフォルムも握りやすさに一役買っています。

また、重量が168gというのも、ハイエンドにしてはかなり軽量な部類で長時間の仕様でも手首への負担が少なくとても扱いやすいポイントです。

Xperia 5 ⅲのボタン・端子類

右側面

本体右側面に物理ボタンがすべて配置されています。

  1. 音量キー
  2. 電源ボタン兼用指紋認証センサー
  3. Googleアシスタントキー
  4. シャッターキー

どう考えても邪魔なのがこのGoogleアシスタントキーです。上の写真を見てもらえるとわかるように、ボタンがわずかに陥没しており裸運用だとかなり押しづらいです。

いろんな事情で搭載しているけど、なるべく存在感を消そうとしているようにすら思えます。

電源ボタン兼用の指紋認証センサーは押しやすい位置に配置されており、精度もXperia 1 ⅲ比較でかなり良くなっている印象です。

ただし顔認証は非対応です。

上部には3.5mmのイヤホンジャックを搭載しています。ハイエンドモデルでイヤホンジャックを搭載している機種はXperiaぐらいじゃないでしょうか。

底面には30W充電(USBーPD)に対応したType-Cポートを搭載しています。

Xperia 1 ⅲと同等レベルのカメラを搭載

Xperia 5 ⅲカメラデザイン

カメラスペックは3D-ToFセンサーが省略されている点を除けばXperia 1 ⅲと性能は全く同じで、カメラデザインも共通しています。

一番左のレンズは可変ペリスコープレンズとなっており、1つのレンズで焦点距離70mm、105mmの2つの焦点距離を実現する実質2つの望遠レンズを搭載しています。

詳しくはカメラパートで解説します。

Xperia 5 ⅲはFHD+解像度にスペックダウン

Xperia 5 ⅲのディスプレイ品質

Xperia 5 ⅲは120Hzリフレッシュレート対応のFHD+の有機ELディスプレイを搭載しています。

Xperia伝統のノッチやパンチホールのない21:9比率のシネマワイドディスプレイは動画視聴と相性抜群です。

Xperia 1 ⅲの4Kと比べるとスペックダウンしておりますが、4KからFHD+になることでの粗さは全く感じず、Galaxyのような派手さこそありませんが高繊細で美しいディスプレイです。

現状のコンテンツを考えるとむしろFHD+解像度の方が電池持ちを考えると賢い選択だとすら思います。

GalaxyやXiaomiなど他社のAndroidスマートフォンは画面解像度を変更し、電池持ちを優先し意図的に下げることができますがXperiaは変更不可能

あわせて読みたい
スマホのリフレッシュレートに120Hzもいらない?120Hz/90Hz/60Hzのメリット・デメリット ここ1〜2年でスマートフォンのリフレッシュレートがかなり盛り上がりを見せています。 リフレッシュレートが高いと、画面の遷移やスクロールが滑らかになり、使ってい...

このサイズ感がXperia 5 ⅲの醍醐味

横幅

Xperia 5 ⅲは縦長ディスプレイを搭載しているため、6.1インチの大画面ながら私の小さい手でもキーボードは縮小せずにそのまま入力することができます。

横幅が短いと片手持ちで文字入力するときでも安定感は抜群なので、Xperia 5 ⅲの持ちやすさこそがまさにXperiaゾーンです。

Xperia 5 ⅲは可変ペリスコープ搭載のトリプルレンズカメラを搭載

Xperia 5 ⅲのカメラスペック詳細

Xperia 5 ⅲはXperia 1 ⅲと同じ可変ペリスコープ搭載のトリプルレンズを搭載しています。

カメラ構成

  1. 超広角(16mm):有効画素数約1220万画素/F値2.2
  2. 広角(24mm):有効画素数約1220万画素/F値1.7
  3. 望遠(70mm・105mm):有効画素数約1220万画素/F値2.3・2.8

ZEISS(ツァイス)レンズを採用しており、ZEISSが刻印されたトリプルレンズカメラです。

ペリスコープは可変式となっており2つの焦点距離をカバーできるため、倍率こそ狭いですが2つの望遠レンズを搭載している構成と同義です。

瞳AF

デジタル一眼レフカメラで培われた瞳AFやトラッキング性能も惜しみなく注がれています。

Xperia 5 ⅲの作例

ここからは実際にXperia 5 ⅲで撮影した作例をご紹介します。

作例2

屋外での花撮りの作例です。

独立したカメラキーの半押しでピント調整が可能なため、近距離での被写体撮影はとても快適です。

スマホカメラにありがちな過度なAI補正もなく、色味の再現性が非常に高いです。

作例3
作例4

こちらは料理の作例です。花撮りの際には過度なAI補正が現れてきませんでしたが、料理は暖色系の補正が割と強めに入ります。

過去にXperiaは寒色寄りでメシマズカメラの不名誉をもらっているためか、料理撮影にはソフトウェア補正を強く効かせている印象です。

風景写真になると補正は弱めで、SONYらしい柔らかい仕上がりの質感となっています。

望遠レンズでぐっと劣化なく被写体によることができ、10倍デジタルズーム程度までがギリギリ許容範囲です。

作例5

望遠レンズは最短撮影距離が短めなので、被写体から少し離れて圧縮効果やボケ感を強調することができます。

望遠レンズに切り替えると圧縮効果によりまた違う楽しさを味わえます。

作例6
広角レンズで撮影
作例7
超広角レンズで撮影

Xperia 5 ⅲは独立したナイトモードを搭載しておらず、光量を検出してXperia側が自動的にナイトモードとして機能しマルチフレーム合成を行います。

都市夜景などのある程度の光量がある状況であればマルチフレーム合成により手持ちでもブレの少ない綺麗な夜景を撮ることができます。

低照度作例
広角

より低照度な環境での作例がこちらです。

ここまで照度が下がると夜景に強い他社のハイエンドスマホとの差が顕著に現れてきます。

Xperia5 Ⅲ Pixel 6 Pro

Pixelと比較すると明るさや白飛びの抑制、ディティールの表現力の違いは歴然です。

低照度作例2
4.4倍望遠

望遠レンズは手ブレが目立つため手持ち撮影はほぼ不可能かと思いました。

ただ、望遠レンズでより低照度を攻めたい方は三脚を用意してPhotoProを駆使するような撮影する楽しさを求められるのはXperiaの魅力です。

Xperia 5 ⅲ カメラ総評

基本スペックがXperia 1 ⅲ と同等ということもありカメラ品質はかなり高いです。

独立したシャッタキーのおかげで画面に一度も触れずに瞬時に起動⇛フォーカス⇛撮影までを実行できるのはXperiaのカメラの大きなメリットです。

Basicモードは明示的にカメラの切り替えが必要な点であるがライトなユーザーには少し面倒な気がしますが、ハイエンドのXperiaを求める層は拘りを持っている人が大層だとするのであればレンズを明示的に切り替える体験も悪くないでしょう。

ただ、ナイトモードやHDR性能などのソフトウェア周りはもう一声欲しいのが正直な感想です。

Xperia 1 ⅲの作例はこちらのレビューで多数掲載しておりますので参考になるかと思います。

あわせて読みたい
Xperia 1 IIIの実機レビュー|可変望遠とPhoto Pro統合でカメラが楽しい!電池持ちと発熱が酷くアプデに期待 Xperia 1 IIIはSONYの2021年フラッグシップモデルで可変望遠レンズに4K120Hzリフレッシュレート対応のディスプレイなどかなりのハイスペックとなっています。 3キャリ...

Xperia 5 ⅲは最上位SoC搭載でサクサク快適

Xperia 5 ⅲのベンチマークスコア

ベンチマークスコア

Xperia 5 ⅲは最上位SoCであるSnapdragon888を搭載しています。

Antutuベンチマークスコアでは約78万点となっており、全体的な動作はキビキビかつサクサク快適です。

気になる発熱ですが、長時間SNSやWEBブラウジングをしている程度ではそこまで熱くならず、Xperia 1 ⅲに比べるとかなり改善しているように感じます。

ただ、Xperia 1 ⅲのときは個体差なのか私の端末は非常に発熱が激しい傾向にありました。Xperia 5 ⅲもTwitter上の声を見る限りでは、発熱が酷い意見と気にならないという意見に分かれており個体差によるばらつきが大きい可能性が高いです。

Xperia 5 ⅲ独自の便利機能も搭載

Xperia 5 ⅲはカスタマイズは少なく素のAndroidにかなり近いです。

とはいえ、Xperia独自の機能もしっかりと搭載されています。

ゲームモード

特に便利なのが”ゲーム関連”です。

長時間プレイで発熱対策として、バッテリーを介さずに直接給電できる”HSパワーコントロール”や画面録画や通知のオフなどをまとめて設定できる”ゲームエンハンサー”などゲーム目的で使うにはとても便利な機能です。

あわせて読みたい
Xperiaのゲームエンハンサーとは?使い方や設定方法、裏技的な使い方について解説 Xperia 1 ⅱ/5ⅱにはゲームプレイを快適にするための『ゲームエンハンサー』という機能が搭載されています。 パワフルなCPUと大きな画面を持つXperiaはゲームプレイにぴっ...

他にも”サイドセンス”や”いたわり充電”など決して多くないですが、実用的な機能がいくつか盛り込まれています。

残念仕様のAndroid12へアップデート可能

Andrid12

プリインストールはAndroid11ですが私のXperia 5 ⅲにはAndroid12アップデートが降ってきており、Android12にアップデートしています。

Android12は細かい改善点はありつつも、ユーザビリティを考えるとかなり残念なアップデートとなっています。

インターネット
Android12ではWiFiとモバイルネットワークがインターネットに統合

特に残念なのがAndroid12で非難轟々なクイック設定の改悪をそのまま踏襲しWiFiの項目がモバイルネットワークと統合されてしまった点です。

いままではクイック設定から一発でWiFiをオフにできましたが、上の画像のように一度インターネットをタップしてWiFiの項目にチェックを入れる一手間が増えました。

この仕様はPixel6のときから文句の声で溢れかえっており、GalaxyはAndroid12でも従来のWiFiボタンをそのまま残すといった対応をしています。

他にも片手モードが従来は画面全体が縮小していたのに、画面全体が下にさがってくるAndroid12標準仕様へと変更され、開発に全くお金をかけてないことが丸わかりです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

あわせて読みたい
まさかの改悪!?Xperia 5 Ⅲを早速Android12にアップデートしてみた SoftbankのXperia 5 Ⅲにて国内版最初のAndroid12アップデートの配信が開始されました。 Xperia 5 ⅢはAndroid11がインストールされているため、今回が初めてのメジャーア...

Xperia 5 ⅲは電池持ちがとても良い

Xperia 5 ⅲの電池持ち

Xperia 5 ⅲの電池持ち

Xperia 5 ⅲを実際に使ってみて感覚では、Xperia1 Ⅲと比較にならないぐらい電池持ちが良いです。

ガッツリ使っても1日は余裕で、もう少しライトな使い方なら2日は使えるため、同じSoCを搭載する機種と比較すると非常に電池持ちは良いと思います。

Xperia 1 ⅲと比べると発熱関連がソフト改善されている点やディスプレイ解像度が4KからFHD+となっている点が寄与しているのではと思います。

Snapdragon888の中でも珍しく電池持ちが良い機種だと思いました。

充電速度は30wに向上

Xperia 5 ⅲはUSB-PD対応の30W急速充電に対応しています。

PD対応の最大出力が45WのAnker NanoⅡ 45Wで充電した結果がこちらです。

充電速度

充電速度

  1. 充電開始:2%
  2. 15分後:29%(+17%)
  3. 30分後:49%(+37%)
  4. 45分後:68%(+66%)
  5. 60分後:79%(+77%)
  6. 75分後:81%(+79%)
  7. 90分後:94%(+92%)
  8. 105分後:100%

ほぼフル充電にかかった時間は約1時間45分なので、充電速度は特に早いとは言えないレベルです。

iPhoneやGalaxyも同程度の充電速度なので大きく劣るわけではないですが、充電速度ではOPPOやXiaomiには30分程度でフル充電ができる機種も存在しており、中国勢と比べると見劣りします。

また、Xperia 5 ⅲはハイエンドモデルながらワイヤレス充電に対応していない点は注意が必要です。

あわせて読みたい
Anker Nano II 45Wのレビュー|コンパクトなくせに高出力!これは充電器の完成形かもしれない! スマートフォンの進化に足並みを揃えるように、充電器も目覚ましい勢いで進化をしています。 より小型でよりパワフルなモデルが続々と登場している中、充電器メーカーで...

Xperia 5 ⅲの実機レビューまとめ ロマンを削りつつ魅力はしっかり残した名機

Xperia 5 ⅲの実機レビューをお届けしました。

Xperia 1 ⅲに搭載されていた(無駄な)ロマンを削りつつも、トリプルレンズカメラやSoC性能など必要な部分をしっかりと残すことで万人におすすめしやすいスマートフォンに仕上がっています。

電池持ちや発熱対策、携帯性はXperia 1 ⅲよりも優れており、Xperia 1 ⅲの価格の高さに躊躇していた方はぜひXperia 5 ⅲを検討してみては如何でしょうか。

Xperia 5 ⅲはドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアおよびAmazon等でのSIMフリーモデルも用意されています。

最後までご愛読ありがとうございました。

LINEMOなら3GBが990円〜使える!

\今ならPayPayポイント1万円分付与/

Xperia 5 ⅲ レビュー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

気に入ったらシェアしてくれると嬉しいです!!

この記事を書いた人

ガジェット好きサラリーマンブロガーしみたくです。愛用:Pixel6 Pro サブ:iPhone13 Pro どこにでもいる普通のサラリーマンブロガーです。ちょっぴりガジェットが好きなだけ(笑)Galaxy筆頭に特にスマートフォンが大好き!Twitter@Gadget_Simitaku、Instagram@shimitaku.gdやってま~す。

レビューの依頼は問い合わせページからお願いします。
特にスマートフォン・関連アクセサリーなら大歓迎です!

コメント

コメントする

CAPTCHA


ジャンプできる目次